起業する限り誰だって成功したい

成功への道を歩む

 

 

 

 

士業をしているうえで、必ずぶつかるのが独立起業の問題。
それがすでに起業を果たして個人事業主となっている場合でも、今後起業を考えているような人であっても、抱える悩みというのは少なくありません。
なかでも、WEB対策に関して言えば、くわしくない人にとっては全く未知の領域です。
しかし、だからといってWEB対策を放棄したりないがしろにしているようでは、これからの士業の未来を考えたとき、その未来が明るいとは言えません。
いまや、WEB対策は必須の時代になっています

WEB対策は「した方がいい」から「必須」の時代へ

 

つい数年前までは、起業を考えるとき、もしくは個人事業を営む際、WEB対策はした方がいいといわれていました。
もちろんそれは間違いではなく、そのころはまだ、WEB経由で販売促進や集客が期待出来得るという程度の物であったことは確かです。
しかし、今やそれはもう間違っているといってもいい時代になりました。
いま、士業家が起業を考えるもしくは個人事業主として商売を営んでいくという時に、WEB対策を全くせずにその道に突き進んでいくのは、もはや無謀といっても過言ではありません。
そう、すでに時代は変わってしまっているのです。ITツールの活用を避けて通ることはできません。

ポケットにネット世界を持ち歩く時代

スマートフォンの時代

 

かつてWEB対策はした方がいいといわれていた時代は、まだネットにつながる端末が家庭に一つの時代でした。
しかしそれから時代は流れ、ネットにつながる端末は家庭に一つから一人に一つに代わり、いまやスマホの登場で家のなかどころか、どこに行くにもポケットの中にネット世界の入り口を持ち歩く時代になったのです。
その結果、人々の生活にネット上の世界は欠かせないものとなりました。
ファッション・医療・エンタメ・ショッピング・オークション・フリーマーケット・語学・学習……その生活にかかわるありとあらゆるものが、ネットの世界で完結する時代になったのです。
それは言うならば、世界中の人が集う一つの街。
WEB対策をしないということは、そんな世界で最も人が集い、世界中の人間が最も利用する、そんな世界一栄えた街に、窓口どころか看板も出さないということに等しいのです。
それはもはや、集客の放棄とすら言えます

コスパの概念すら超えた世界

これまで起業をするとなれば、かなりのコストがかかりました。
もちろんそれは起業の時だけではなく、個人事業主として商売を営んでいくうえでも、折に触れてコストはどんどんとかさんでいくものです。
しかし、ネットという世界の誕生でその概念も変わりました。
これまでの社会なら、もし、全国の人を対象とした集客をしようと思えば莫大な費用がかかり、一部の大企業だけにしか許されない手段でした。
しかし、WEB対策をきちんとすれば、驚くほど低コストで世界に向けて集客ができます。
またほかにも、これまでの企業や個人営業に事務所というのは欠かせないもので、その場所の確保にかかるコストも、経営の圧迫となったはずです。
しかし、WEB対策をきちんとやっていれば、そもそも事務所自体が必要ない場合だって存在しえます。
WEBサイトだけを持っていて、事務所を持たない個人事業主や独立した士業関係者など、いまではそれほど珍しくはないのです

ホームページは誰にでも作れる、だからこそ上を目指さなければいけない

ホームページ制作

 

 

 

そんなWEB対策の基本であるホームページ作り。
ネットでの集客を意識するならば、ぜひとも一つ作っておきたいものですが、じつは、これは基本的には誰にでもできる、簡単で、専門的な知識がなくてもできる作業です。
まったくWEBの知識がなくても、それこそインターネット自体に全く親しんだことのないような人でも、自力で何とかできるくらいのものです。
しかし、だからこそ、そこには差がつく知識が必要だともいえるのです

主婦でもホームページを作る時代

いまや、ホームページを持っていることは、それほど特殊なことではありません
それこそ主婦の方が、自分の趣味や日常を表現するブログを持っていても何もおかしくない時代ですから、ハッキリ言って誰にでもできることです。
なかには、趣味の手芸作品を販売するサイトを持って運営する人もいるくらいです。
そう、基本的にはホームページを持って運営するということは、いまの社会においては、簡単でハードルの低いことなのです。
試しに、Google検索などで「主婦の簡単な副業」と検索してみてください、
そこには、アフィリエイトサイトを作って宣伝費を稼ぐなどという物が、普通に簡単な仕事として紹介されているくらいです。

だからこそ、ホームページで集客に差をつけなければいけない

SEO対策

そう、つまりいまやWEB対策は必須のことで、ホームページも持っていることは普通の時代なのです。
ということはどういう事か、つまりそれは、本当に価値あるWEB対策をしたいのであれば、普通にホームページを作るだけでは話にならないということなのです。
何千万何億と存在するホームページ、その中で同業他社のホームページが何百万と存在するのです。
そんなネット上の世界で、ありきたりな、素人でもすぐに作れるようなサイトを作って運営したところで、夜空に輝く星がひっそりとひとつ増えたくらいのことでしかありません。
しかもそれは、誰にも気づいてもらえない星くず程度の輝きしかないものが、です。
もしそこで、自分のサイトをだれにでもわかるような、皆に興味を持ってもらえるようなものにしようと思ったら、それははっきりいて自力やっていても無理なのです
それでは、大した集客力のない、ただの看板です。

ホームページでの集客はコンサルタントに依頼する

士業を行う人の企業に於て、WEB対策は必須、しかし普通にやっていても効果は薄い。
そうなると、そこからはプロに頼っていくという道しかありません

プロに作ってもらえば、確かにいいものはできる

ホームページをプロに作ってもらえば、確かに良いものはできます。
素人では気づかない場所の細かいところまで、ユーザビリティーと魅力にあふれたサイトを作ってくれることはほぼ間違いないでしょう。
しかし、もちろんそこにはコストがかかります。
というと、作ってもらう時のコストが頭に浮かぶと思いますが、実はそうではありません。
ホームページは時代や状況に合わせて刻一刻とそこに求められているニーズや仕様、そして効果的な方法というのが変わっていくものです。
つまり、維持管理にもプロの手が入り、そこにコストが生まれるということ。
それなりに潤沢な資金や顧客を抱えているならまだしも、起業したばかりの士業家にとって、そのコストはバカになりません

プロにコンサルティングしてもらう

握手

 

 

 

 

しかし、ホームページの作り方をコンサルティングしてもらうという方法なら別です。
つまり、ホームページを実際に作ってもらって管理してもらうのではなく、ホームページの作り方や管理の仕方を指導・助言・提案してもらうということです。難しいところだけ任せられれば良いのです。しかし、これまでそんな都合のよいサービスはありませんでした
これならば、実際の管理運営は自分ですから、コストは多くはかかりません。
しかも、あくまでコンサルティングであれば、主導権は常に起業するクライアント本人にあり、コンサルタントの仕事は助言や提案になります。
これならば、自分の力で、プロに迫るホームページを作ることもできるのです。

士業の未来はホームページでの集客にあり

いかがでしたか。
もしあなたが、これから起業を考えていたり、もしくはすでに起業をしていたとして、IT関係の様々なことが苦手であったとしても、このまま何もしないというわけにはいかないことがわかっていただけましたか。
もはや、あなたが望むと望まざるとにかかわらず、士業を営む者の未来はそのディスプレイに中にあるのです。
そして同時に、その夢と希望もまた、その小さなディスプレイに中にある
つかむなら、その先に手を伸ばさなければいけないのです。