女性にとっての重要な選択(K・M)

女性というものは、どうしても人生の中で一時は仕事から離れるという選択を取らざるを得ない場面に直面する可能性があるものだ。

人生の分かれ道

私もそうだった。
結婚しても辞めずに一線で働いてきた会社を、出産するタイミングで辞めた。
回りには、色々言って下さる方もいたけど、やはり自分で決めた。唯一の相談相手は主人だけだった。
産休を取得して、一定期間を置いたら復帰しようかとも考えた。しかし、上司からは、産休に入っても、戻ってきた時に今までと同じポジションで同じ条件で働くのは難しいだろうと言われてしまった。産休は一時的なものかもしれないけれど、子育ては長い。いくら保育園に預けるといっても、親が子育てを完全にしないというわけにはいかない。
だから、それまで私が所属していた、どちらかというとバリバリ働く事を求められるような部署では子持ちの女性は働きづらかった。

妊婦さん

そのことは理解していたし、私はその部署で働く事に拘りをもっていたので、それが叶わないなら退職しようと思っていた。案の定だったので、私は何の躊躇もなく、仕事を辞めた。

こうなる事は想定の範囲内だったので、私は食いっぱぐれないよう、資格を取っていた。
いつでも現場復帰というか、別の職場で働いたり、必要があれば独立したりできるよう、自由な身のうちに手を打っておいたのだ。

やはり子どもが欲しかった

かくして私は出産し、娘を授かった。
目に入れても痛くないとはまさにこの事で、私も主人も娘を溺愛した。

次第に私は、この天使を保育園に預けて、一番可愛い時期を他人に育てさせるなんて、と思うようになってきた。
しかし我が家とて、潤沢に資金があるわけではない。

私も家計を支えたいという思いはずっと持っていた。
主人は「無理しなくても良い」とは言ってくれているものの、ただ家計を支えるというだけでなく、社会貢献したい、そもそも仕事がしたい、という願望もあり、私はどうにか子育てと仕事を両立していける道を探せないかと模索し始めた。

なぜか起業を思い立った

そして、折角資格を持っているのだから、自分で起業すれば良い、と急に思い立った。
思い立ったは良いが、どうすれば起業できるのか、どのように進めていけば良いのか、どうしたらお客さんがやってくるのか、右も左も何も分からなかった。

分らない

ひとまず起業のノウハウを書籍や知人から仕入れ、半ば見よう見真似で自分の事務所を自宅に構えるところまではこじつけた。
主人も応援してくれていたので、協力をあおぎながら、なんとか体裁だけは整えた。

しかしどうやって宣伝、集客したら良いか分からなかった。
「始めました!」という宣言は、私の個人的な知り合いという範囲を超えることはなく、必要としていない知人にいくら知れ渡ったところで、直接の集客には繋がらなかった。
大手企業などとは違い、お金をかけて大々的に宣伝を打つこともできない。

今のご時世、なんでもかんでもインターネットを使うというのは周知の事実で、どんな企業でも自社ホームページを所有しており、それは個人事業主も同じだった。
私も、時代の流れに乗り、自分の事業紹介を掲載した個人のホームページを、無料のツールを使って作成してみた。
しかし一向にアクセス数が増えないし、検索にかけても、なかなか引っかからなかった。インターネット界でも、幅をきかせているサイトもあれば、埋もれてしまって見つけてもらえないサイトもあるらしい。
私のホームページは完全に後者だった。

IT活用コンサルティングというサービスとの出会い

どうしたら良いのか分からず、路頭に迷ってしまった私は、色々調べていくうちに、IT活用コンサルティングというサービスに辿りついた。匠さんのサービスは、ホームページ制作ではない。(それも一部含んでいる)

ホームページの制作や、検索した時に上位表示されるような施策をとってくれるようなサービスを業者に依頼すると莫大な資金が必要となってしまう。しかし、匠さんのIT活用コンサルティングでは、サイト制作のノウハウを始めとする、Web集客全般のアドバイスをしてくれる。ホームページ制作の難しい部分以外は本人の作業がメインとなる、ぐっと費用を抑えることができるというものだった。もちろん、初心者でも手取り足取り教えて貰える。

私は早速このサービスを活用する事にした。
ITツール活用コンサルティングである、匠さんのお力添えにより、私はWeb集客に力を入れて取り組んだ。4ヶ月後、特定のキーワードでは検索で1ページ目に表示されるようになった。「これで、後はPDCAを続けて下さい」最後、匠さんにそう言われたとき卒業証書を貰った気持ちだった

その結果、じわじわと問い合わせや依頼が増えてきて、少しずつだが事業が軌道に乗ってきた。困った時に気軽に相談できる相手がいるという事がなんと心強いことか。
お蔭様で、子育てと仕事の両立も上手くいき、人生が輝き始めた。

希望