起業への最初の1歩=資金調達

資金不足

起業をするアイデアはあるのに起業できない。
きっと世の中にはそんな人がたくさんいるのではないでしょうか。
そして、その大多数の人が悩んでいるのが、起業する際に必要に着なる企業資金、つまりお金です、
あなたの中にある起業アイデアを形にするには、必須となるこのお金。
いったいどのような方法で集めることができるのでしょうか。

起業家支援プロジェクトに参加する

起業家支援プロジェクト⇒http://www.tokyo-sogyo-net.jp/shien_prg/

まずは、資金調達の前に、起業に必要なことを一から学ぶ必要があります。
つまり、資金も含めた企業をするときに必要なことや、起業してからの経営の方法などを知らなければいけないということです。
起業において一番のハードルは、やはりそういった起業する際に必要になる知識を学び、その手続きを知ることです。
私の場合は、自分の住む町の商工会を利用しました。
実を言うとあまり期待してはいなかったのですが、無料で受けられるサービスでありながらとても有効なサービスでした。
政策金融公庫などの融資も手軽に、実に簡単に受けることができました。
ただし、商工会議所や商工会は、担当者さんの合う合わない、当たり外れもあるようです。
いずれにしても、人体人の付き合いです。
あなたの起業に賭ける思いが強く、そしてあなたが信頼できる人であるなら向こうもそれに報いてくれます。
まず、近所の手軽な組織を利用したし、あるいは上記の様なプロジェクトに参加してみるのが良いと思います。
自分が起業するときに何が必要なのか、そして、どれくらいお金が必要になるのかを知っておかなければいけません。

銀行からの融資や、国の助成金を利用する。

銀行融資

では実際に資金の調達法を考えてみましょう。
その代表的なものは、銀行からの融資と、国の助成金・補助金です。

1)銀行からの融資

銀行からの融資は、当然借金になりますので返さなければいけません。
ですので、銀行としてはきちんと帰ってくることを予測できる場合でないとお金を貸してくれるということはなないのです。
ポイントは「自己資金=預金残高」「経験・スキル=職歴・資格」「返済可能性=事業計画」「資金使途=見積もり」の4つになります。
当然ですが、これがしっかりとしていて銀行を納得させられないと、資金は融資してもらえません。
この中で特に重要なのが「返済可能性=事業計画」「資金使途=見積もり」の2つです。

2)国からの助成金や補助金

こちらは、国の起業家支援として予算が組まれていますので、返済不要の資金です。
助成金は要件さえ満たしていれば、そんなに難しい基準無く調達することのできる資金ですが、補助金はそうではありません。
補助金は上限が決められていたり、期間が短かったりするので、資金調達できないこともあります。
詳しくは、経済産業省・講師労働省・各自治体などに問い合わせるかHPを確認しましょう。
また補助金は大手企業や政府系金融機関、各種財団などでも行っています。
私の場合、昨年は補助金で動画講座を制作しました。
ただし、補助金も助成金も先に自分でお金を払う必要があります。
本当に運転資金が足りない時は無理です。

クラウドファンディングを使う

クラウドファンディング

現在クラウドファンディングといって、一般の人に融資をしてもらうサービスが存在します。
ここではそんなクラウドファンディングサイトのひとつCAMPFIREを紹介しましょう。

1)CAMPFIREとは?

CAMPFIREは2011年に創業した、日本のクラウドファンディングの草分け的存在。
寄付型(バックを期待しない募金)や投資型(資金をバックする)、そして中心的存在になる購入型(物品などをバックする)のクラウドファンディングが行われています。
これまでの出資者は28万人以上、また支援額も29億円を超え多数のプロジェクトが成功しています。
また各業種特化型の様々なサービスが存在していますので、自分の立ち上げたい事業に合わせて最適なサービスを受けることができます

2)CAMPFIREをどうつかえばいいの?

まずは会員登録、そしてプロジェクトを作成します。
ただ、融資を受けるには、そのプロジェクトがまずクラウドファンディングとして掲載できるかの審査が必要です。
ここで行う審査とは、目的がしっかりとしているか、目標金額が妥当か、計画が破綻していないかなどの審査で、あまりに無謀であったり系家区がでたらめな場合は審査を通りません。
審査を通れば、あとはサイトに掲載されて、あなたの事業に賛同する人たちからの融資を募るだけです

3)細かい内容はオフィシャルサイトで

そのほかいろいろな細かい話はオフィシャルサイトで確認してください
https://camp-fire.jp/

資金調達の道は一つではない。

かつては資金調達というと銀行の融資が主でしたが、今はそうではありません。
ネットの発達もあって、様々な形の融資や資金調達の方法が存在しますので、しっかりと認識して、最初の一歩をきちんと踏み出すべきなのです。