このサイトはエマノンビジネスを使用しています

ニュースタンダードとは似ていますが精錬されたデザインです。ポストモダンとでも言いましょうか。
何とも言えず上品だと思います。
私は最初に見た目が気に入りました。

ワードプレスのテーマが行う、SEO内部対策とは、検索エンジンがWebサイトのページをインデックスしやすい構造にすることが第一です。その他にページの品質を適切に評価してもらうためことの2点の施策を意味します。
WordPressにはSEO内部対策済みのテーマが多数世の中に出回っており、SEO内部対策のノウハウは実践しやすい環境にあります。
エマノンは、データを構造化してSEO内部対策に対応したワードプレスのテーマです。
HTML内部構造が論理構造になるよう工夫し、検索エンジンがインデックスしやすい構成を目指しています。
たとえば、フロントページのh1タグはサイトの「キャッチコピー」を指定し、各記事ページにおいては、「記事タイトル名」が自動的にh1になるように設定されています。

ここは少し前なら人間が手作業でやるべきことでした。
それだけ、人間は商品やサービスの説明に集中できるのです。

「HTML内部構造が論理構造」の画像検索結果

ロボット対策はエマノンが行い、あなたはクライアントや顧客のことを考える

もともと、ワードプレスは情報発信に専念できるように作られてきました。

ワードプレスの仕組み

エマノンはテーマの中でワードプレスの弱点を補い、さらに使いやすく情報発信ができるようになっているのです。
意識しなくてもエマノンがHTMLをSEO的に最適化してあなたのサイトを表示するのです。

エマノンには3つのバージョンがあります。

無料で使えるエマノンフリー

ただし、これは長く使うテーマではなくお試しで使ってエマノンプロの購入を考えている人向けのものです。Emanon Proの機能を大幅に制限していますが、コンテンツマーケティング用のブログサイトを簡単に作成することができます。エマノンプロの導入を考えているけど、少し使ってから決めたいというときにこのフリーバージョンを使ってみると良いでしょう。

そして有料のエマノンプロ

Emanon Proは、コンテンツマーケティングによりWeb集客ができるWordPress有料テーマです。検索エンジンがインデックスしやすいHTML構造し、プラグインなしでサイト訪問者のコンタクト情報を収集する仕組みを実装しています。

さらに、個人事業主や小規模ビジネス向けのエマノンビジネス

「Emanon Business」は、「Emanon Pro」の機能を全て継承し、ビジネスサイトに適したデザインと機能を追加した個人事業主や中小企業向けのビジネステーマです。何が異なるかと言うと、固定ページの多さです。ビジネスで使用する場合どうしても固定ページは増えます。
エマノンビジネスはプロの機能をそのまま全て持ちつつ、固定ページを増やしています。
ビジネスでの利用を考えているならぜひこちらをお勧めします。

また、利用する場合にはありがたいのですが、Googleアナリティクスが簡単に使え、管理画面ログイン時はアクセス数をカウントしない設定になっています。