キーワードの決め方

キーワード

ある程度見込みのあるキーワードを見つけたら今度はそのキーワードの「決め方」が重要です。
サイトに使いたいキーワード候補はたくさんあるけど、最初から全部を取り入れるなんてとてもじゃないけどできません。
そのため、キーワードを絞りこみ、まとめる作業が必要となります。
理想を言えば、100個のキーワードを見つけて、その中から3~6個を重要キーワードに決めます。
今回は、その重要キーワードの決め方です。

重要キーワードを決める方法は?

キーワードの決め方

キーワードを決める為にはツールを活用するのをおすすめします。
有料無料で様々なツールがありますので、そのいくつかを紹介します。
ただ、その前に少し考えて下さい。
そもそもどうしてキーワードを決める必要があるでしょうか?
これを疑問に疑問に思っている人もいるかもしれません。
集客できるサイトというのは自社の強みを理解して、市場のニーズに合ったキーワードを探せているサイトです。。
自分のビジネスを上手く一言で言い表すことができて、それがユニークであれば立派なキーワードです。

キーワードはビジネスの柱

ビジネススタート

キーワードが決められていないと対策の軸がぼやけてしまいます。アピールポイントを定めて訴求力の強いサイトにしましょう。
自信を持って下さい。
あなたが売るつもりの商品やサービスは優れているはずです。
それはお客様のためになるものです。
知恵を絞って、あなたの商品やサービスを短い言葉で言い表して下さい。

キーワードチェックツール

検索ツール

(1) キーワード難易度チェックツール

無料のツールです。とても簡単に使えるのが特徴です。
サイトの真ん中らへんにある「虫眼鏡」にサイトのキーワードを入れるとそのキーワードの「SEO難易度」をかんたんに検索することができます。
難易度が70以下(検索数5000以下)のキーワードが狙い目です。
関連キーワードまで検索してくれるので初心者でも使いやすく便利なツールの一つです。

(2) allintitle

Googleの検索窓にキーワードを入れる時に頭に「allintitle」と入れて検索してみてください。
Googleの検索機能の一つになり、その特定のキーワードがホームページのタイトルにあるのかどうかを調べることができます。
タイトルに入っている割合が多いほど、そのキーワードで上位にいくのが難しいとされています。
こちらも使い方は簡単ですが、解釈が少し難しいと思います。

検索結果からキーワードを絞り込む

アクティブな士業

こういったツールを駆使していくとあなたが検索したキーワードでサイトを作ると集客できるかどうかが見えてくるはずです。
どんなに検索数が多いキーワードでも、競合サイトが多すぎてしまえば上位にあげるのもなかなか難しいものになってしまいます。
上位のサイトは大手が運営していたり、そこに同じキーワードで上位を狙っても勝てるはずがないのです。
サイトは上位にあるものから下にいくに連れて閲覧数も減っていきますので、できるだけ上位を狙う必要があります。
例えば似たようなキーワードで検索ボリュームが多いものに変えるだけでも上位を狙うことができるのです。

キーワードを決める時は、まずは分析しそのキーワードだとどこまで集客できるのかどうか、また競合はいるのかを調べ、その結果をもとに上位を狙えるキーワードを探し出すようにしましょう。
今回ご紹介したツールはどちらも無料ですがきっとあなたのインターネット戦略を助けてくれます。

それがITツール活用です。
起業はスマートに、士業はもっとアクティブに。