文章は計画的に作成しよう

WEBライティングのやるべきことの一つに「計画性を持って行動する」ことをあげます。
自分のコンテンツなどのサイトを制作しようとすると、どうしても他のことが優先になってしまい後回しになってしまうことはありませんか?
WEBライティングはやるとわかりますが、とにかく奥が深い仕事です。突き詰めようと思えばとことん学ぶことができますし、逆にいえばさまざまな可能性を秘めているものでもあるのです。

WEBライティングでやるべきことをまとめてみよう

WEBライティングをする時に大抵は独学や参考資料などをもとに作る人が多いでしょう。実際にやるべきことをまとめてみましたので、まずは一つずつからでも実践して自分のものにしていきましょう。

(1) 計画を立てる

スケジュールやタスク管理などまずは計画を立てます。
サイトに掲載するキーワードの添削や記事作成は○日までに終わらせ、校正はどうするのか?などまずは一通りのスケジュールを計画し見直してみることが大切です。
良質な記事を作るのであれば、急ぎで作業を行うよりもある程度時間に余裕を持って行動した方がいいでしょう。
計画を立てないと後から「あ、これ忘れてた!」なんてことになり慌てて記事作成をする羽目になってしまいます。

(2) 情報のアンテナを張る

新しい情報は常に更新されています。
TVやインターネットのニュースなど新しい情報は記事の種になります。
こういった情報を自分から収集する癖をつけないと時代遅れの記事になってしまいます。
自分が興味のない分野でも「なんだろう?」と常に興味を持って行動できるようにしましょう。
私は、スケジュール帳の他にアイディアノートを何時も持ち歩いています。
これには、何でも思いついたことを書き込んでいます。
そして、ときどき電車の中などで読み返すようにしています。
その中から、これは調べて書いてブログに載せようとか、何回かに分けて連載しようとか考えるのです。

(3) 記事作成を楽しむ

WEBライティングが作業や義務になってしまうのではなく、記事作成を楽しむことが大切です。
楽しんで興味を持って書いた記事と、全く興味のない記事では実際にユーザーが読んだ時に感じ方が変わります。
ただ情報を集めた寄せ集めのような記事では読んでいても魅力的に感じるはずがありませんよね。
記事作成を好きだと思えるように、基本をしっかりとマスターしてその上で結果を残せるような記事作成を心掛けましょう。
結果が出るようになるとより記事作成を楽しめるようになりますよ。

最初に計画を立てるのはPDCAの第一歩

WEBライティングはやるべきことを明確にして、自分なりに工夫していくことも大切です。
実際に読んでみて良質な記事かどうかを判断してみると、気付けていなかったことを見直すいい機会になるかもしれません。
まずは計画的に記事作成を楽しみましょう。