50代からの起業 悔いのない人生のために

悩む中年

50代といえば、会社員としての人生に終わりが見え始めた時期。
同僚の早期退社のうわさなども聞くようになり、会社組織においても名誉職や閑職に追いやられていき始める時期でもあります。
体力の衰えも如実に感じ始め、自分の人生を振り返ることも多くなってくるでしょう。
そんな50代にとって、ある意味起業というのは荷の重いことかもしれません。
しかし、もうすぐそこに人生100年時代があるといわれている今。
残り何と50年、定年を迎えた後でも40年近い人生が残っているこの時代に、悔いのない人生を送るビジョンはそこにありますか。
少し考えて下さい。
プールや海で泳ぐとき、自分から助走をつけて飛び込んだ方が上手く泳げると思います。
背中を押されて突き落とされたあなたより、自分で飛び込んだ知人の方が上手く泳げるのです。
私は、40代後半に独立・開業の計画を立て始め、実際には50代前半で独立しました。
準備期間5年、独立後2年といったところです。副業期間は2年です

50代からの企業① メリット

人脈

50代の起業において、一番のメリットは、その身軽さです。
50代ともなれば、遅くに子供ができたというのでなければ、子供はすでに独立を果たし、家庭に対する責任の重さもずいぶん軽くなっているはずです、
しかも会社においても、今やすでに自分の立ち位置は最前線にはなく、退職金もそれなりにもらえる年齢です。
会社によっては、それこそ、これくらいから早期退社を暗に進めてくる会社もあるかもしれませんし、そうでなくとも定年退職は目の前で、ここで数年早くなっても大きなマイナスはないでしょう。
つまり、50代は家庭からも会社からも身軽になっている時期。
体力的なフットワークのお衰えをカバーして余りある、身軽さといっても過言ではありません。

50代からの起業② デメリット

やはり一番のデメリットは、その時間的なリミットの近さです。
いくら会社の中において最前線にはいないといっても、起業をするのであれば、出来る限り現場を離れていない退職前にしておきたいものです。
しかも、起業した後に関しても、30代や40代のように、じっくり時間をかけてというわけにもいきません。
となれば、ある程度すぐに軌道に乗せるだけのスキルや経験、コネクションは必要になってきます。
さらに、その短いリミットに向けて、出来るだけ精力的に動かなければいけないにもかかわらず、体力の衰えは顕著で、バリバリと働くというのも難しくなるでしょう。
起業というのは、それなりに体力と精神力を消耗するものです。
自分にその気力と体力が残っているのか、起業したい理由がそれに鞭打ってまですることであるのか、慎重な検討が必要なのです。

50代からの起業④ 老後に向けた最終準備

老後

50代にとって、起業というものは、いわば老後に向けた最終準備といえます
人生100年時代に、長くても65歳までしか働かせてくれない会社に対して、最後まで勤め上げ、頂いた退職金で細々と30年以上の余生を過ごすのか。
それとも、退職という概念のない個人事業主となって、働けるうちはしっかりと働きたいのか。
しかも、この不安定な時代に、退職金はしっかりともらえるのか、それ以前にホントに退職までいさせてもらえるのか、再就職や再雇用はできるのか。
そこまでしっかりと考え、老後の人生の送り方に対して積極的に行動しなければいけないのです。
いまや老後とは、命の終わりに向かう人生の終末期ではなく、第二の人生といっていいほど長い時間が存在するのですから。

50代からの起業④ 悔いのない人生のために

人生設計

50年以上の人生を生き、30-年近く会社人として働き、子供は巣立ち、身体に衰えが見え始めたこの時。
過ごしてきた人生を振り返って、どこかに置き忘れてきた夢、なくした目標、本当はやりたかったことなどは残ってはいませんか?
そして、これから訪れる老後という時代を、幸せに生きていく術はありますか?
ここまでのあなたの人生に、後悔はありませんか?
たった一度の人生、たった一人の自分。
後悔をもってそんな大切なものを終わらせてしまう前に、起業という、第二の人生を輝かせるその可能性にもう一度目を向けるべき時なのです。
胸を張って、よい人生だったといえる、その瞬間のために。