客を選び、客に選ばれる。独立後の経営方針。

客を選び選ばれる

客を選ぶようなことはしてはいけない。
これは、ビジネスの一つの鉄則のように、会社員時代にその身に教え込まれた人も多いのではないでしょうか。
しかし、あくまでそれは、され家の下で働いていた会社員時代の話。
独立し、自分で自分の生き方を選択できるように位なったとき、そのルールはもう不要です。
今度は、客を選んでビジネスを進めます。
そう、独立後は、客を選び、そして客に選ばれるようにならなければいけないのです
身近ですが、私のもう一つの仕事、技術士試験対策講座でも受講者さんを選んでいます。
基本的に熱意をもって試験に挑む人以外受講させません。
自分の夢を実現させるためには、熱意が必要です
お互いの無駄になるからです。それは、生意気でも何でも無く、そして最終的に受講者さんのためにもなることです。

なぜ客を選んでいいのか

自分を安売りしないこと

納得のいかない仕事をする必要はない

あなたはなぜ起業をしたのか。
もしそこに明確な答えがあるのならば、あなたはその目的から外れた人間をお客にしてはいけません。
なぜならそれは、モチベーションの低下につながるものだからです。
起業して会社を経営していく中で、重要なものは、資金でありスキルであり利益であるわけですが、そういったものを生み出す源泉こそが「モチベーション」です。
つまり、それを失っては、そのほかのすべては生まれてこないのです。

自分を安売りしてはいけない

あなたの持つスキル、あなたの持つ能力、あなたが作り上げる仕事の価値。
そのすべては、あなたが起業した会社の資産であり、その資産はあなたが会社経営をしていくうえで、絶対に減らしてはいけないものです。
そんな時、顧客欲しさにそんな資産を安売りしてしまっては、あなたの会社の価値は目減りしていくだけです。
その後、あなたの価値を安く見積もった大勢の質の悪い客に囲まれる結果になることは言うまでもありません。

嫌な客は断ること。これも必要な覚悟です。

客に選ばれるには

客に選ばれる

顧客が選択するバリューを保つ

あなたが客に選ばれる人間になるには、客にとってのバリューをあなたが持っていなければいけません。
他の誰でもなく、ぜひともあなたに仕事を頼みたい。
そう思わせるだけの価値を、あなたは保ち続け、そう思ってもらえるだけの、特徴やオリジナリティーを保持していかなくてはいけないのです。
そんな時に、無茶な要求をする、自分勝手な顧客のために個性を殺し、価値を目減りさせていいわけがありませんよね。

価値ある人間が価値を生む

顧客にとって、起業したらあなた自身が、看板であり商品見本であり指針です。
顧客はあなたという人間、そしてあなたが起こした会社を見て、あなたが提供出来得る商品の価値というものを値踏みしているということを忘れてはいけません。
そんな時、あなたが、安い仕事を大量に受けるようなスタイルで働いていれば、どうでしょう。
あなたの仕事に対して、顧客が質の高い仕事がそこにあるとみてくれるでしょうか?
あなたは、顧客に選ばれる人間としての価値を、備えていると判断してもらえるでしょうか?
答えは、NOといわざるを得ない、ということはわかっていただけると思います。

あなたは何のために独立したのですか?

決意して走る

独立するためには、数多くの困難と、数多くの不安がそこには存在します。
それは並大抵のことではなく、先に待ち構えているのは、簡単な道のりではありません。
それでもあなたは独立しました、起業して、経営者となる道を選びました。
それはなぜですか?意に沿わない仕事を受けるためですか?自分を安売りして切り売りしていくためですか?
違いますよね。
もし、そこに違うと言い切ることができるのであれば、あなたは胸を張って客を選んでいいのです。
あなたは誰よりもあなたを裏切ってはいけないのですから。

あなたの決心を大事にして下さい!