Wixも忘れないで!

ホームページ制作サービスには他にも「Wix」もありますよね。
テンプレートの美しさもあってデザイン性を追求したい人からの人気も高いサービスです。
ではJimdoとWixで比較した時にどちらの方がいいのでしょうか。
それぞれの機能性から比較してみましょう。
どちらも優れたITツールであることに違いはありません。

Wixとは?

2006年にイスラエル初のクラウド型CMSとして登場し、約9000万人の利用者もいる大手ホームページ制作サービスです。
Jimdoは、ドイツ発ですから、ドイツとイスラエルと言うことになります。
2012年に日本語版がリリースすると、一気にその知名度を上げました。
テンプレート数が約500種類にもなりスマホ表示に対応していること、操作性やおしゃれさも追求できる、操作が簡単など世界中で利用者がTOPクラスであるのも納得です。
日本のJimdoと比較するとカスタマー的なサポートが弱く感じてしまいますが、拡張機能も揃っているのでメールマガジンやネットショップなどの機能も充実しています。
どちらかというと中小企業向けの小規模サイトに向いています。
逆に数十ページなどの情報量の多いサイトには対応できないので注意が必要です。

WixとJimdoはどちらがいいの?

どちらもCMSを用いたサイトなのでHTMLやCSSなどの難しい言語を覚えずとも、簡単にHPを制作することができます。
どちらも最初は無料のプランからスタートでき、内容に納得した上で有料のプランに切り替えることができます。
有料の方が独自ドメインの使用ができること、急にサイトが消えてしまう心配もなく安定的に集客できるのもポイントです。
テンプレートのデザイン性で比較すると、Wixは世界的にも人気があることからもハイセンスでおしゃれなものが多くインパクトもあります。
他のサイトとの差別化図るにももってこいといえますね。
また操作的な面から見ても、Wixはパワーポイント的な操作だけですし、Jimdoはドラッグ&ドロップだけなので、どちらも簡単です。

強いて言えば、サイト内にコンテンツや機能を随時追加して行く場合はJimdoの方が機能的にも向いています。
またスマホで操作できる点や、編集のスピード感などを含めて考えるとJimdoの方が使いやすいと感じている人は多いようです。
Wixはパワーポイントのように使えるとはいっても、PCにほとんど触れたことがない人の場合、それすらも難しい場合もありますね。
ただし、テンプレートのデザインで言うと、Wixの方が勝っていると思います。

WixとJimdoについてはどちらも使いやすく今注目されているホームページ制作サービスでもあります。
ただし、どのぐらい編集をするのかビジネスの規模やネットショップの有無などを幅広く考えていくとJimdoの方が使いやすく初心者向けと言えるのです。