起業という自己実現をマズローに学ぶ

人間はいったいどのように欲求を抱え、そのために何をしてどう進歩していくのか。
その過程とステータスの段階を明確に、そして簡略化して表したものに「マズローの要求5段階説」というものがあります。
この5段階のステータスについてしっかりと理解し、そして利用することで人間の自己実現はより分かりやすくなります。
というわけでここでは、そんなマズローの要求5段階説について考えていきたいと思います。
起業は自己実現そのものです。
まずは、その概略と言うか入門編です。

マズローってどんな人?

マズロー
まずは、この要求5段階説を作り上げたマズローについてです。
アブラハム・ハロルド・マズロー(1908年~1970年)
彼はいわゆる心理学者というカテゴリーに属する人です。
かれは、それまで「精神分析(人間にのみ存在する行動様式)」と「行動主義心理学(本能に基づく動物と共通する行動学)」の二極に分かれていた心理学の世界に第3極を作り出した人です。
それが人間の自己実現について学問するという、彼の編み出した「人間性心理学」
もともとは、人間の自己実現を体系化して研究することで人間の心の健康を目指す目的だったものの、今ではビジネスやスポーツの分野で、重要な自己判断の指針として利用されている学問となっています。

マズローの要求の5段階説の概要

5段階欲求説
ではここで、実際にその5段階についてみていきましょう。
ただし、原文は英語ですので、訳した人によってそれぞれの段階の名前は若干変わります、が、意味は同じです。

① 生理的欲求

これは人間の一番重要勝つ根本的な欲求「生きたい」という欲求です。
そうつまり「ご飯を食べたい」「寝たい」「種の保存欲求」といった生物の根本読灸のことです。
ちなみに、排泄などの生理現象は欲求ではないと言う学者もいます。その場合、睡眠もそうなります。

② 安全の欲求

次に、これはただ生きたいのではなく「安全に生きていきたい」という欲求です。
これは「安全に暮らす」「不安なく寝る」などという物理的な欲求だけではなく、誰かに守られたいという「非保護欲」や「不安からの脱却」などといった精神的な安全も含みます。

③ 社会的欲求

これは、社会性の動物である人間の根源欲求でいわゆる社会の一員でありたいという欲求です。
そこには当然就職や集団柄の帰属もありますが、結婚することや家族を築くという「愛」のかかわる欲求も入ります。
孤独や社会的不安を感じない、社会的に安定した状況への欲求です。

④ 承認欲求

いわゆる名誉欲や出世欲も含まれる、誰かに認められたいという欲求のことです。
これは第3の欲求の上位の欲求に当たり、社員ではなく「優秀な社員」夫ではなく「頼れる夫」父ではなく「愛される父」になりたいという、個人的な精神の充足です。

⑤ 自己実現欲求

自己実現

最後は、自分の能力を最大限に生かして、自分を確定指定という欲求です。
自分はいかなる人間なのか、どれだけの能力があり、その能力を完全に発揮することができるのか。
まさに自己実現の欲求です。
そう、ここからは、欲求の内容が外面的な欲求ではなく、内面的な充足を求めるものへと変わっていくのです。

それぞれの段階を抑えておく

この上には自己超越という段階がありますが、これは全人類の2%だけが達することができるステージなので説明は良いでしょう。
まずはこの5段階を頭に入れて第2回「応用編」へと続きます。