起業を考える人が最も多い年齢

起業を考える人で一番多いのが「30代」ではないでしょうか。
日本人では会社員経験を積んでから起業する人が圧倒的に多く、社会経験を10年ほど経験した30代になって企業に属しながら働くのではなく個人で会社を立ち上げたいと思うようになります。
30代で起業する最大のメリットはなんといっても“若い”ので、どんなことに挑戦できる可能性が無限大に広がっていることでもあります。
30代で起業するメリット&デメリットについて紹介します。
ちなみに、私は50代で起業しています。
今の私は、もっと若いときに起業すれば良かったと思っています。
とは言え、後悔と言うほどのものではありません。

30代で起業するメリットとは

独立する
30代で起業するメリットには、実際に会社に勤めていたからこそ企業のあり方や人間関係、中間管理職などの立場を実際に体験し学んだ“経験豊富”なことだといえるでしょう。
経験が少ない20代の頃は精神的にも未熟な部分が多く、起業したとしても途中でモチベーションが続かなくなってしまうこと、選択を誤って失敗してしまうケースもあります。
友だちに誘われれば朝まで飲み明かすこともありますし、楽しい誘惑の多い時期でもありますね。

30代になるとだんだんと精神的にも安定する時期です。
仕事へのやりがいを感じていて、もっと可能性を広げるために勉強したいなど自分自身に挑戦してみたいと思い始める人も多くなります。
会社員時代に取得した知識や経験をなにかに活かしてみたいと思う人も増えます。
それに、ビジネスに必要なITツールの使いこなしもそれなりにマスターできている頃ですよね?
独立すれば、当初は一人のはずです、何でも一人でやらなくてはなりません。
「資料を作っておいて!」などと頼める人はいないのです。

30代になると役職を経験している人も増えるので仕事を通してさまざまな人と話す機会も増え、社会的な信用が構築されているはずです。
起業するためには生活に困らないだけの資産も必要ですが、30代になる資産的な余裕もでてきますし、起業の準備金なども用意しやすくなります。
まだまだ起業するための体力も余裕があるので会社員と並行しながら勉強する、自分サイズ起業をするにも適している世代です。

30代で起業するデメリットとは?

やってはいけない
30代で起業をするデメリットには、30代ならではの人生のイベントが多い年齢であることがいえるでしょう。
日本人男性の初婚の年齢が主に30代になるので、会社勤めのまま安定した生活を送るか、起業してあたらしい分野にチャレンジするかによっても大きく変わります。

結婚すれば家庭ができ子供も産まれるかもしれません。
そんな中で安定した収入を得られるかどうかわからない起業に対して、あなたの妻になってくれる女性が認めてくれるかどうかによっても変わります。
起業をするとどうしても家族を巻き込むことになるので、30代起業ならではのデメリットとも言えます。
また30代は会社員の経験があるといっても、その人によってまだまだ勉強不足の場合もあり、一概には言えません。
30代でどの程度人間として熟しているのかは、20代にどんな生き方をしたのかが影響します。

30代で起業を目指すなら会社員を辞めずに準備をする

30代で起業したいと思うならある程度顧客がついて支援してくれるなど軌道に乗るまでは、会社員を続けながら起業の準備をするのをおすすめします。

起業をしても10年後の会社の生存率は5%ほどなんて言われているほど、起業後に会社を経営していくのがなかなか難しいのです。
30代で起業したとして、40代になってから会社の経営がうまくいかなくなってしまっては大変ですよね。

40代といえばまだまだ働き盛りですし家族がいるなら守っていかなくてはいけない年代でもあります。
40代から新しい就職先をなんて考えても、再就職できるかなんて確証はありません。
30代の起業は焦らずゆっくりと基盤を作っていくのをおすすめします

もしチャンスだと思える機会があれば、起業に挑戦してみてもいいですしどちらの選択肢も選べるようにしておきましょう。

学んだことや経験はあなたの財産になる

イメージが伝わる
すぐに起業しないとしてもビジネス書を読んだり、様々な勉強をしたり、日本だけでなく世界に目を向けてみるとなど時間に余裕がある時期だからこそ、たくさん学んでその知識をあなたの財産にしましょう。
金銭的な財産も大切ですが起業を成功させるのであれば、視野を広げてさまざまなチャンスを自分の手でつかめるような人間に成長していかなくてはなりません。

本を読むことは「先人の知恵」にふれることでもあり、あなたの財産になります。30代はもっと学んであなたを成長させるための期間だと考えましょう。
もちろん家族があっても勉強はできますし、起業の準備はできます。自分の立場や置かれている状況で起業ができないと思わないようにしてください。

30代で起業をする場合、会社員の経験は10年ほどあるとしっても社会から見ればまだまだ経験不足で勉強段階であることを忘れてはいけません。
常に学ぶ姿勢で必要な知識は吸収し続けることがあなたの成長にも繋がります。
人生のイベントが多い時期だからこそ、起業をするメリット・デメリットをしっかりと把握して自分にとって今が熟している時期なのかを判断してみてください。
30代ならまだまだチャンスに溢れています!