想像力がなければ、怖いものはない

コナン・ドイル
人生100年なんて言われる今、昔のように50代でそれなりの地位について定年を迎え年金を使いながらほそぼそと生活していくなんてビジョンが描けなくなっています。
しかし、人間にはその明確な未来を想像する力がありません。
想像力がなければ、怖いものはない」この言葉は名探偵シャーロック・ホームズの生みの親コナン・ドイルの言葉です(上の写真)。
「まあ、贅沢しなければなんとかなる」思考停止のまま、そんなことを考えてしまうのです。
しかし、大手でも潰れてしまうことがありますしAIの技術が進化している今、その仕事が定年まで続くとは限りません。
これまでの人生を振り返って、あなたは常に安定した成長を続けてこられましたか?

定年後の人生も40年以上あります。
その年数を生活できるだけの資産があるのかどうか、また定年後に後悔のない人生を生きられているのかどうか考えてることはあるはずです。
そんな50代から起業をする場合のメリット・デメリットについて紹介していきます。

人生をもっと輝かせたいと思っているあなたは50代が起業をするラストチャンスです。

50代で起業をするメリット

50代は第二の人生なんて言われています。
仕事も落ち着き子育ても終わりさまざまなしがらみから開放されるので、自由に生きるチャンスがある年でもあります。
体力はどうしても30代・40代と比べると落ちてきてしまいますが、気力さえあればなんとでもなります。

会社でも安定した地位にいて、残業も少なく自分の時間が取りやすくなる時期でもあります。
会社によっては早期退職などの話が出ることもありますし、退職金だって出ます。そんな50代になると「このままの人生でいいのかな」なんて気持ちも出てきます。
人生を思い返してみた時にこれからの人生をどうしていくべきなのか、平々凡々な毎日に何を得られるのか考えてしまいます。

50代で起業するメリットは今まで経験してきたこと、知識や人脈を生かしてどんなことにもチャレンジできるということです。
人に雇われる人生ではなくあなた自身がやってみたかったことや自分で創り出すことに挑戦してみてもいいはずです。毎日が楽しくなるようなやりがいを見つけることにも繋がります。

50代で起業をするデメリット

50代で起業をするデメリットとして、軌道に乗ってきた頃には還暦になってしまうなど時間が短いことにあります。
時間をかけてゆっくりと勉強しつつ起業を成功させようとしてもどうしても限界が出てきてしまうのです。

50代の起業は体力も落ちてきてしまうので、自分のやりたいことに挑戦することが大切です。
50代といっても生活がありますので、急に起業するのではなくしっかりと事前準備をした上でスタートさせましょう。
無理がきく年代でもないので、昼夜必死に働いて…というよりかは効率的に働いた上で日々の生活の足しにするぐらいの気持ちからスタートするのをおすすめします。

自分サイズ起業で無理なく起業を楽しむ

50代から起業をして失敗してしまう人に大きいのは、自分の規模を考えず起業をスタートしてしまうことです。
例えば店舗を持って憧れの飲食店を経営したいと思うと1,000万円単位の資金が必要になります。そこからすぐに収入が入るわけではなく徐々に常連さんが増えていき利益が出るようになるまでに数ヶ月の時間がかかるのは覚悟しなくてはいけません。

会社から出た退職金を使って残りは借金までして店舗を構えたのにお客さんが付かずに返済ができなくなってしまったなんて人もいます。
これでは借金ばかりが残ってしまい、後の生活が大変です。50代からの起業は自分サイズから始めるのをおすすめします。
あなたの実体験や知識を元にそれをビジネス化して働くものになり、人生経験が豊富な50代だからこそチャンスとも言えるのです。

人生で経験したことを価値に変える仕事はやりがいがあり、あなたの今後の人生を輝かせてくれるはずです。

老後の資金不足は起業で補う

やり切る覚悟

今の時代は定年退職をした後に年金だけでは生活ができない時代です。
多くの人がとりあえず働ける仕事「清掃員」や「管理人」などの仕事をしつつ、日々の生活費の足しにしながら働いています。
本来ならやりたいと思っていなかった仕事でも生活の為に仕事をせざる得ないのです。

年金だけでは足りない生活費を自分の好きな仕事をしながら毎月稼げたとしたら、とても幸せなことだと思いませんか。
毎日ワクワク楽しいと思える仕事で稼ぎ出す老後だとしたら60代・70代になってからの人生だってより輝いて見えるはずです。

自分のやりたいことをやりながらお金を稼げることほど幸せなことはありません。毎日の生活が豊かになれば旅行に行ったり美味しいものを食べたり楽しみも増えますね。

50代から起業をするなんてイメージが湧かない人もいるかもしれません。でもまだまだ長い人生を考えた時に今のままやりたいことや挑戦しないままの人生でいいと思いますか。
あなたがもっと輝ける場所があるかもしれないのです。

50代は今までがんばって積み重ねてきたものがあるからこそ、どんなことにもチャレンジできる年代です。老後の人生をちょっと豊かに楽しく生活する為にも好きなことややりがいのある仕事を通して、毎日がワクワク貴重な時間を楽しむようにしてくださいね。チャンスに溢れているのに諦める必要はありません。