経営者マインドの確立 起業はこの考え方で失敗する

起業をするというのはイコール経営者になるということです。
それまで士業家として、その専門分野に没頭していた人もまた、スキルをもってエンジニアなどをしていた人にとっても、経営者になるという現実は当然やってきます。
そんな中、必要なのは経営者としてのマインド
この経営者マインドがないと、いかに腕に覚えがあろうとも、独立起業の先に待つのは苦い失敗になるのです。

小さな失敗が気になる人

 

小さな失敗も怖い

経営者にとって、繊細さやきめの細かさというのは間違いなく必要なスキルです。
昔から、自転車操業やどんぶり勘定という言葉が、質の悪い経営を戒める言葉であるようにその事実は変わることはありません。
しかし、何事にも程度というものはあります。
繊細さやきめの細かさと、神経質であるもしくは臆病であるというのは、似ているようで全く違う概念なのです。
経営者とは、大局観をもって、大きくものをとらえることが必須の仕事です。
小さなことがいちいち気になり、そして、そんな細かい出来事にいつまでも心をとられているようでは、仕事は前に進んでいきませんし、そもそも精神に異常をきたします。
適度に無責任、そして「まあいいか」と思える人間でないと経営には向かないのです。
そもそも、独立して毎日成功の連続なんてあり得ません。
決断して新しいことに挑戦して、それが常に成功するはずはないのです。
ですが、大きく失敗する訳には行きません。
ですから、大きな失敗になる前に小さな失敗で止めるのです。
そして小さな失敗を繰り返しましょう
あなたの経験知は確実に上がります。
ユニクロの柳井さんだって「一勝九敗」と言っています。

あれもこれもと考える人

 

失敗の連続

欲というのは、当然経営者にとって必要で、無欲な経営者などほとんど矛盾した概念です。
しかし、その欲は、一体なにを目指し、なんのために抱いた欲求なのか。ということを忘れてしまうような人には経営者は向きません。
起業し会社を経営していく中で、いろいろなことに目移りをし、あれもこれもと欲張ってしまう。
しかしその結果、自分が独立起業する上で成し遂げたかったこと、手に入れたかったものという「初期の目的」を忘れてしまうようなことになれば、起業した意味そのものが問われます。
そして、当然経営もうまくはいかないでしょう。
ひとひとりにキャパがあるように、企業ひとつのキャパも当然あります。
キャパを超えた過ぎたる欲望は、企業にとっては負担以外の何物にもならないのです。

最初から成功しようとする人

成功を願いそれを目標とし、それに向かって邁進することは経営者の運目といってもいいでしょう。
しかし、物事の実りというのは、芽吹きと成長、開花と受粉の果てにあるものであって、いきなり果実を求めようとしては意味がありません。
成功というものには、たった一つの種類しかないのではなく、そこには、まあまあの成功からより良い成功、そして望外の成功と様々なランクが存在します。
そして、その成功のランクが上がるほど、成功までの道のりは長く、綿密な下準備があるものです。
である以上、初めから成功だけを目指していては、その成功は、もし訪れても小さな成功でしかなく、下手をすれば失敗という苦い経験を招きます。
成功とは、しっかりとした下準備があってこそ、その価値は高いのです。

経営者になってしまった以上は

これから起業する人はもちろんのこと、すでに経営者になっている人で上に当てはまる人もいるでしょう。
しかし、自分が経営者に向かない考え方を持っているからといって、今更やめるというわけにはいきませんし、そんなことできるわけもありません。
だからこそ、改善が必要なのです。
人間は、やり直すうえで遅すぎるということはありません。
自らを省みて、自分を変えていくチャンスは、しっかりと生かす、それも重要な経営者マインドなのです。