サクセスマインド 起業で成功する人間の考え方。

起業で成功するためにしなければいけない事というのはたくさんあります。
しかし、まったく同じことをしていても、成功に必要なスキルやプロセスを踏んでいくことができたとしても、成功する人としない人というのは生まれてくるものです。
では、そこにはどんな違いがあるのか。
それは、成功するためのサクセスマインドを持っているかどうかの違いになるのです。

小さな失敗を繰り返しながら修正できる人

自分の殻を破る

もし、あなたがなにも失敗しない完璧な人間であるなら、このようなマインドは必要ありません。
しかし、残念なことに、あなたが人間である以上失敗をしないなどということはあり得ず、それこそ失敗と成功を数で比べれば圧倒的に失敗が多くなります。
それはあなたが劣っているのではなく、あなたが人間だからです。
であるならば、人間はその失敗をどのように受け取って、それをどのように生かしていくかを考えなければ先に進むことも成長することもないのです。
そして、中でも小さな失敗というのは重要なものです。
この小さな失敗というのは、確かにマイナス要因ではありますが、その失敗を繰り返しそこから学び、改善し、修正していくことで大きな失敗を未然に防ぐストッパーとなりえるのです。
経営者にとって大きな失敗は、あなただけの失敗ではありません。
そんな大きな失敗を未然に防ぐためにも、小さな失敗を繰り返しそこから修正していくことで成長を重ねていくしかないのです。

今日と明日の行動を決められる人

経営者と社員の大きな違いは、誰も自分を律する人間がいないということです。
社員であれば、仕事が散漫であったり、うまくそれを運ぶことができていなかった場合、そこには上司の目がありますし、そもそもその仕事の予定を決めるのは上の人間です。
ところが経営者にはそんな天の助けはありません、すべて自分で決め、そして自分で考えなくてはいけないのです。
そんな中、最も必要なのは自己管理力です。
自由に流れる時間の中にきちんと自分で枠線を設けることができ、自分の予定をしっかりと決めて、行動するというのが基本的な能力になります。
特に、今日と明日の予定をしっかりと決め、その予定を遂行できるということは重要なことです。
経営者として決して忘れてはいけないことは「自分で予定を決めることができないと、予定は他人に決められてしまう」という現実です。
その現実は、決して軽いものではありません。

人生は一度きり

挑戦

成功というのは、人によってその桁も内容も違います。
しかし、それがどんなものであったとしても、成功しなかった人生を巻き戻して、成功する人生をやり直すということは誰にもできません。
目指していたのがどんなちっぽけな成功であったとしても、それを成し遂げられなかった人生をやめにしてもう一度最初からは絶対に無理なのです。
もちろん人生に再チャレンジという言葉は存在します。
しかしそれは、成功しなかったそれまでの人生に再び挑むこれからの人生を継ぎ足すものでしかなく、そして時間と人生は永遠には存在しないのです。
あなたの人生は、成功に向かっていますか?成功に向かう充実感がありますか?
あなたは今の生き方を、後悔しませんか?
人間が成功する一番のカギは、人生は一度きりだという事実としっかり向き合い、それを充実させるために動けるということなのです。
そう、一度きりの人生を充実させるために成功に向かうという決断こそが、サクセスマインドの出発点なのです。