高度プロフェショナルよりもフリーランサーを目指す

働き方改革の中で、政府が打ち出した高度プロフェッショナル制度。
高いスキルを持った人材に、働き方の自由度を与え成果主義を実践する制度として注目を浴びている制度ですが、中には『働かせ放題』制度と揶揄して批判する人もいます。
しかし、それは私に言わせればただの甘え。
あるいは、バカバカしい考え方です。
そんな甘えた自由で中途半端に生きるくらいなら、本当の自由を謳歌するフリーランサーになった方が遙かにまし。
いや、これからの社会できる人は、自分一人で生きる道を探すべきです。

フリーで働く

高度プロフェッショナル制度とは。

高度プロフェッショナル制度とは、その正式名称を「特定高度専門業務・成果型労働制」と言います。
これは、これまで労働時間によって評価されてきた日本の労働制度の中で、高いスキルを有している人間に限って、労働時間だけではなく、結果によってその評価をしていこうという制度です。
そのために、いわゆる残業など労働時間に関する法規制に緩和がなされます。
少し前に、成果主義が横行したときがありました。
言ってしまえば、あれの新型です。
働き方改革で仕事の遅い人は残業をカットされます。

逆に、能力のある人は、長い時間働くことができ、短い時間しか働いていなくても結果を出せる人間はそれでもかまわないという、労働者の自由度が拡充されます。
また出退社時間の自由も想定されていて、ワークライフバランスの面でも、注目されているのです。
働きたいときに働きたいだけ働き、評価は成果によってなされる。
それが高度プロフェッショナル制度なのです。
この高度プロフェッショナル制度に関しては、野党を中心に大反対の声がよく聞かれます。
いわく、労働者を時間制限なく働かせることができる「無料はたらかせ放題」「残業代ゼロ法案」「過労死促進法」などと言われたい放題です。
しかし、反対意見は驚くほどに甘い考え方です。

日本は今や、世界でも有数に労働生産性の低い国です。

それはどういう事かといえば、これまで日本は「働く時間」に価値を見出してきたため、働く時間が長いほど給料をもらえる現状が続き、ダラダラ労働が常態化していたというわけです。
長く働く無能の方が短く働いて結果を出せる有能より評価される社会。
高度プロフェッショナル制度はこの現状を打破するための制度であり、それに反対する「時間偏重の現状維持」を求める声は、まさに甘ったるい現状を変えたくないという声なんです。

では、高度プロフェッショナル制度はそんな甘さを捨て去った制度かといえば、そうではありません。
というのも、時間に縛られず自由に成果主義の仕事をしていくという理念を普通に考えるのならば、そこに「就職して会社に所属する」という意味がないことはすぐにわかることだからです。
というのも「自由で成果主義の仕事」というものは、どこにも所属しないフリーランサーにとってはいまさら言うまでもない常識であり、当たり前の現実だからです。
であれば、それを企業に属した状態で実施する理由はたった一つ。
それは「自由に働きたいし成果主義でお金を稼ぎたい、でも、不安定な生き方はしたくない」という非常に自分勝手な理由に他ならないのです。
そんなもの「定額はたらかせ放題」にされようと「残業代ゼロ法案」にされようと、文句を言えた義理ではありません。
働き方改革

自由な成果主義が欲しいならフリーになればいいだけ

そう、本当に自由な成果主義が欲しいなら、フリーランサーになればすべて解決です。
しかも、高度プロフェッショナル制度に該当するような高度なスキルを有しているのであれば、なおさらで、フリーランサーにならない理由はありません。
というのも、いかに高度プロフェッショナル制度といえど、成果のすべてを自分で手にすることはありません。
企業に属し、生活の最低保証をしてもらうという「甘えの代金」として、個人の上げた成果の一部は当然企業の利益として中抜きされてしまうのです。
それこそ、なぜ高度なスキルを持っているのに企業に属しているのか?と問いかけたいくらいです。
そう、つまり、最初から高度プロフェッショナル制度などは全く必要なく、高いスキルを有している人間が、時間の自由と成果主義を手に入れる方法は、すでにあるのです。
フリーランサーになるという、当たり前の方法が。

フリーランサー

自由を勘違いしている日本人へ

自由とはノーリスクで好き勝手にできるということではありません。
また、安全と安定を保証してもらえる自由なんて、この世には存在しません。
自由とは、自分の人生を思い通りに生きるために、その人生に起こるすべての責任を自分で負い、その対価としてその成果をすべて手に入れるというものです。
高度プロフェッショナル制度は、そんな自由を企業の枠の中で設けるものですから、当然そこには今までとは違う「自由のリスク」が存在しますし、それは当たり前のことです。
しかも、同時に、責任の一端を企業に負わせるのですから、そこにある自由は見せかけの自由です。
であるなら、見せかけの自由を手に入れるためにさらなるリスクを背負う位なら、完全なる自由を手に入れてそれに見合うリスクの対価として成果を手にする方が圧倒的に良いはずです。
自由にはリスクが存在し、リスクを冒して自由を手に入れるなら、完全なる自由を手に入れる方がいい。
スキルがあるというだけでなく、本当に“デキる”人間なら、この程度のことすぐに気づいて、とっととフリーランサーになっています
むしろ、この程度のロジックに気づかないようでは、フリーランサーにならない方が身のたmです。