先ずはワードプレスのテーマとは?6つのテーマを購入して。

ITツールを使いこなして、自分の夢を実現したい皆さんを応援します。
これは、全ての士業、個人事業主、中小企業に対して行うサービスです。
これから何回かに分けてワードプレスのテーマのことをご説明します。

最初はそもそもテーマとはなんぞや?
と言うお話しです。

以前、私は「技術士のための副業から始める失敗しない匠起業塾」「ビズベクトル」と言うワードプレスのテーマを使っていました。

現在は、ニュースタンダードと言うテーマです。

また、こちらのWebサイト「起業110番:IT活用でビジネス展開」ではエマノンを使用しました。

要するに全部で6つ購入しています。
もちろん普通は1つで十分です。
ただ、私の場合、人にお勧めして購入して頂く都合がありますから、使ってみないと分らないこともあります。そのため、全部で6つを購入して操作感などもチェックしました。
私が、Webサイト制作のコンサルティングを行う場合は、当面これから説明する3つに絞って提供するつもりです。
理由ももちろん説明します。
上記テーマの特徴は次回から順番にご説明します。全てではありませが、使ってみた使用感を元に4つ程度をご説明します。
例えば、この中で唯一海外製の「The 7」はどう考えても初心者にお勧めできません。
そもそもマニュアルもサポートも全て英語です。この場合、英会話が多少出来るとかそう言うレベルではなくWebサイトの基礎を英語で習ったかどうかです。
そもそも日本語のマニュアルがしっかり理解できないのに英語のマニュアルが理解できるはずはありません。

正直、4つに限って言うと甲乙付けがたいところもあります。使い勝手やデザインは個人の好みが強く影響します。また、上記のどれを導入しても後悔することはないと思います。
ですが、今回は個々の説明に入る前にワードプレスのテーマについて簡単にご説明します。

 

要するにテーマとは何ですか?

ワードプレスのテーマ(あるいはテーマシステム)とはWebサイトの「着せ替え・デザイン変更」をするためのプログラムです。しかし、テーマはただの「着せ替え・デザイン変更」以上ことができます。着せ替え・デザイン変更というと、ただ表面の見た目が変わるというだけになってしまいます。しかし、ワードプレスのテーマは見た目の調整だけでなく、表示する内容も操ることが出来ます。

少し難しい話になりますがワードプレスのテーマはファイルの集合体で、ブログの生成する内容とともにグラフィカルインターフェイスを生み出します。これらのファイルはテンプレートファイルと呼ばれています。テーマにより、ブログがどのように表示されるのかを変更できるため、HTMLを書き換える必要がありません。ようするにこのホームページもテーマを変えると一瞬でそのテーマのデザインに変更されてしまいます。
次回から、4つのテーマを少し詳しくご紹介しましょう。