ワードプレスのテーマには無料と有料のものがあります

 

一見すると無料のテーマでも「これで良いのでは?」と思えるほどよくできたテーマもあります。
前回紹介したビズベクトルも無料でその機能を使うことができます。
しかし、フッターのPowered(コピーライト)表記がでるなどの問題もあります。
ビズベクトルはとても安いのですが、それでもその料金を払わなければコピーライトの文字を消すのに手間が掛かります。

趣味でブログを制作するなら無料のテーマでも問題ありませんが、仕事で使うとなるとやはりそうは行きません。
無料テーマもカスタマイズすることによって、素晴らしいデザインに変貌させることはできるのです。インストールで調べて何時間も時間をかければそれなりのデザインに仕上がります。毎日それをコツコツ繰り返せば何時かはSagrada Familiaのような大聖堂ができるかもしれません。とは言え、2時間や3時間あるいは、半日や一日デザインをいじくり廻してもやはり安っぽく見えます。

「サグラダファミリア」

ハッキリ言って、しょぼい出来なんです。

もちろん、HTMLの知識がある人だったら違うと思いますけど、素人では時間の浪費でしかありません。そこで、デザインのカスタマイズに費やす時間と労力を有料テーマにすることで短縮することにします。それが有料テーマの最大のメリットです。
そもそも個人事業主・士業は他にやらなければならないことが山積みでしょ。
しかも、購入すると〇十万円とか〇百万円と言うなら、話は違いますが、有料テーマと言っても1万円~3万円程度の話です。
しかも飽きるまでずっと使えます。

Webサイトはあなたのビジネスの表看板

表看板

現在のWebサイトは、あなたのビジネスの看板であり広告塔です。なるべくしっかりして、さらに自分の好みにあったテーマを選んで購入しましょう。
もちろん、開業当初は無料のテーマで始めて売上げが上がるにつれて有料テーマに変えるという手もあります。そんなときはご相談下さい。

それで、今回は現在「技術士のための副業から始める失敗しない匠起業塾」で使っているニュースタンダードについてご説明します。

前回も書きましたが、私が選んで購入したテーマはどれを導入しても後悔することはないと思います。
その中で今回自分のサイトのテーマをビズベクトルからニュースタンダードに変更しました。
また、購入した順番としてはニュースタンダードが最後です。

ニュースタンダードの良さは、プログラムとしての安定度、操作の容易さ、軽快さにあると思います。販売先は株式会社ninoyaです。税込み18,900円。少し高い方かもしれません。こちらは、制作の依頼も受けつけていますがなるべく単品を購入して自分で作ることをお勧めします。

私のコンサルティングでは、制作時のサポート、アドバイス、等をクライアント様に応じて行います。今まで誰一人出来なかった方はいません。

ワードで文章を書いたり、メールを書いたりできる方ならなんの心配もいらないのです。

ニュースタンダードのメリット

ニュースタンダードは、趣味でブログを制作する人には向きません。

あくまでも士業や個人事業主、中小企業向けのテーマです。

このテーマの最大のメリットは二つあると思います。

それは、

  • CTAの設定
  • ショートコードが使いやすい

この二つです。

CTAとは聞き慣れない言葉かもしれませんが、CTAとは「Call to Action」の略で、ユーザーにして貰いたい行動を促すことです。

企業や士業であれば、ユーザーからのお問い合わせや申し込みなどがこれに該当します。下の画像にありますが要するにコンテンツを用意すればチェックを入れるだけです。

 

そこに、CTA設定を設定することで、各記事ページから申し込みページやお問合わせフォームへ誘導することが可能になるのです。簡単な操作で各記事下に共通のテキストやボタンを表示させることが出来るのです。

ですから趣味のブログよりもアフィリエイトサイトを運営している人に向いています。さらに、物販やサービスの提供を行う人にも向いています。
と言って、このサイトでもまだその辺りの設定は行っていません。これは、ただ時間がないだけです。
ショートコードに関しては次回ご説明します。