このサイトはエマノンを使っています

自分では、ニュースタンダードとエマノンの両方を使っています。
自分のスキルを上げるためでもありますが、やはり色々自分で確認して本当にお勧めできるモノを提供したいと考えているからです。
私はWebサイトの制作のコンサルティングでクライアント様のWebサイトを作る時はエマノンプロまたは、エマノンビジネスをお勧めしています。

私は、ITが苦手な個人事業主様やスモールビジネスを営んでいらっしゃる方へのサービスとしてコンサルティングを行っています

そのとき感じるのはやはり後のことを考えると操作は簡単な方が良いと言うことです。
また、もう一つはマニュアルが分かりやすくしっかり作られているということです。
私のコンサルティングでは、相談しながらWebサイトを大まかに作りお渡ししてから使い方やブログの更新、SEO対策などを3ヶ月に亘って提供するものです。作ることがメインではなく、一緒に育てることがメインのコンサルティングです。

これまでの経験上、エマノンプロの方が初心者にはとっつきやすいと言うことが分りました。

また、購入費用はコンサルティング料に含まれますがエマノンプロの方が少し安いのです。

まあ、1万円弱の違いです。

 

優れたデザイン機能

ところで、サイト訪問者が最初にみるトップページの上部エリアをファーストビューといいます。

Emanon Proのファーストビューは、スライダーセクション、スライダーコンテンツセクション、おすすめ記事セクション、ぺージボックスセクション、動画セクション、アイキャッチセクションの6種類から設定できます。

これは、何を目的にするかで選択できますから自分のビジネスに合わせてデザインできます。非常に優れた機能です。

エマノンデザインサンプル

注意点

Emanon Proで使用するアイキャッチ画像のサイズは、長方形で「横1118px 縦538px」が必要です。横1118px以上 縦538px以上の長方形の写真画像をアップロードすると、写真の中心点を起点に自動でトリミングされてしまいます。

「横1118px 縦538px」の画像はあまりありません、ですから自分でトリイングしてこの大きさ近くにした画像を使います。また、Emanon Proは、アイキャッチ画像を必須要素としてデザインしています。ですから、新規で作り始めるならあまり関係ありませんが、運用中のWebサイトにエマノンを適用するときは注意が必要です。

 

公式プラグイン「エマノンAMP」

プラグインの使い方

このAMPとは、Accelerated Mobile Pagesの略語です。
モバイル端末でWebページを高速表示するためのフレームワーク(AMP HTML)、またはGoogleとTwitterが共同開発しているプロジェクトの名称です。
2,980円ほどするプラグインですがエマノンと合わせて使うことが前提で作られていますから他のプラグインのように動作不良を起こすことはありません。
また、実際に入れて動作させると表示時間は明らかに早くなります。
無料のプラグインが山ほどあるのになぜ2,980円もプラグインに払うのかと思うかも知れませんが使ってみれば分ります。

また、私が提供しているWebサイトの制作のコンサルティングでは、エマノンプロを推奨しています。そのときこのAMPも一緒に提供しています。

もちろん、販売しているイノ・コードさんがそれを許していますから反則ではありません。

AMPの機能を一覧すると

  1. WordPressプラグインAMPの処理を継承
  2. Googleアナリティクス対応
  3. Googleタグマネージャー対応
  4. Google Adsense AMP 広告ユニット対応
  5. 配色機能対応
  6. SNSシェアボタン表示
  7. SNSフォローボタン表示
  8. CTA表示
  9. 投稿者プロフィール表示
  10. 前の記事 次の記事表示
  11. 関連記事表示
  12. カスタムCSS設定の反映

となっています。とっても便利ですよ。