ワードプレスをある程度理解した方には「賢威」もお勧めします

私のWebサイトの制作サービスではクライアント様のご希望は伺いますが原則

  1. エマノンプロ、またはエマノンビジネス:最もお勧めしています。
  2. ニュースタンダード:その次です。
  3. 賢威:とても良いテーマですが初心者には難しいところもあります。ですが、分っている方にはこれもお勧めします。
賢威のトップ画像

賢威のとても良いところは、賢威ユーザーだけがアクセスできる「賢威フォーラム」が存在しており、
そのフォーラムには9年以上の運営で蓄積された5万5千件を超えるアーカイブが存在しているところにあると思います。

私もときどき読んだり眺めたりしていますが、
書き込んでいる人のレベルも高く勉強になります。

私が提供するサービスの重要な部分

私のサービスは
この三つのどれかを使ってあなただけのホームページを創ります。

これはおよそ、7~10ページ固定ページをお作りするサービスです。

そして、そのあと使い方の説明と、50回分のブログを書くお手伝いをします。

ハッキリいいますが、最も重要なのはその書き方です。

そこがWebサイト製作会社と私のサービスの最も異なるところです。

50回分と言うのは2日間で1回アップすれば100日分になるからです。

およそ3ヶ月2日に1回記事の更新を行うことで、グーグルさんの検索ロボットはあなたのサイトを評価します。

グーグルの評価基準を厳密に正確にしることはできません。

これは誰にもできません。

グーグルでも開発に携わっている一部の人しか知りません。

「超」がつくトップシークレットです。

しかし、ネット上にある実際のサイトを見てそのSEOの結果から分析していくとなんとなくですが、
評価の方法は見えてきます。

また、グーグルの公式文書

『グーグル検索エンジン最適化スタートガイド』

これは32ページのPDFですがここにも参考になることが書いてあります。

この冊子のはじめにの部分にはこんなことも書いてあります。

このガイドには、Googleの検索結果で1位になるための秘訣が記載されているわけではありません。

しかし、ここに書かれていることを参考にしていただくことで、検索エンジンからクロールされやすく、
インデックスされやすいサイトを構築することができます。

多くの場合、SEOに必要なのはサイトにちょっとした工夫を加えることです。

これらの調整は1つ1つを見ると小さなことに思えるかもしれませんが、
別の箇所に施された調整などと相互に影響し合うことで、
サイトのユーザーエクスペリエンスにおいても、
検索結果上のパフォーマンスにおいても、良い効果を生む可能性があります。

SEOは本来、
サイトを訪れるユーザーのために行われるべきだと私たちは考えています。

サイトのコンテンツを利用するのはユーザーであり、
検索エンジンはユーザーがコンテンツを見つけるために使われているに過ぎません。

検索結果のランク付けを意識するばかりでは、
好ましい成果をあげることはできないでしょう。

なるほどと思いませんか?

ですから、デザインに目が行くのは仕方がないのですが、
本当に意識しなければならないところは見た目だけではありません。

あなたのサービスの内容、そのサービスの良さ、
優れた部分、他のサービスと何が異なるのかを分りやすく丁寧に伝えることが重要なのです。

次回から、その肝心要のところを説明します。