Googleアナリティクス

分析

売れるサイトを作るためには「分析」も必要です。
実際にどんな分析をしたらいいのか、そもそも分析で何がわかるのかなどわからないことはたくさんありますよね。
売れるサイトを作りたいのであれば「解析ツール」を使いこなせるようになりましょう。
無料で使える素晴しい分析ツールが「Googleアナリティクス」です
何しろ、検索エンジンを提供しているGoogleが提供しているツールです。
無料で使えるツールですのでまずは解析ツールに挑戦するつもりで登録して使ってみましょう。

Googleアナリティクスってなに?

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスとは、UrchinをGoogleが買収してビジネス解析のために作り直した解析ツールのことをいいます。
もともとは、Urchin Software Corporationが開発していたウェブ統計解析プログラム「Urchin」を2005年Googleが会社ごと買収しました。
それがGoogleアナリティクスの始まりです。
初めは、Webサーバログファイルの解析やログデータに基づくウェブサイトのトラフィック情報を表示するのに使用されました。
それが改良に改良を加えられて現在の姿になったのです。
おそらくGoogleも自社で使えば良いと言うつもりで購入したのでしょう。
しかし、サーバーが誰にでも手に入れられるようになり、その用途も徐々に変わってきたのです。
正直言って、無料で使えるツールとしてはとても優秀です。
これがあまりに優秀なので他のツールがビジネスとして成り立たないと言う話まであります。
Googleはおそらくそうやって競争優位に立っているのでしょう。

Googleアナリティクスでは何ができるの?

ビジネスの分析

例えば「分析レポート機能」があり組み合わせ次第では100種類以上のレポートを作成したり、閲覧できるようになっています。
カスタマイズに使えるレポート機能やアクセスしているユーザー情報などをリアルタイムで知ることもできます。
また「どこから訪問したのか?」どんな「キーワード」を使ってどのぐらいの「頻度」で、どのぐらいの時間「滞在したのか」を計測することもできます。
こういった情報をもとにSEO対策を行ったりサイトを更新したり変更したりして、どうしたら読者に選んでもらえるサイトになるのかを模索することもできます。
これはPCだけではなく、近年増加しているモバイルユーザーへのアクセス分析を行うこともできます。
PCとモバイルではプランニングの効果の違いがあるので同じ対策では読者を増やすことはできません。
ターゲットを絞ったプランニングをすれば効率よく人を集めることができます。

現在のGoogleアナリティクスは、利用者と対象サイトを登録して対象サイト内にタグ埋め込むことで、基本的なアクセス情報として以下のものが入手できます。

  • 訪問者数
  • 閲覧ページ数
  • 滞在時間・訪問回数・訪問頻度
  • 訪問者のサイト内移動経路
  • 訪問者の検索キーワード
  • 訪問者の来訪前経由サイト
  • 訪問者の最初に開いたページと最後に開いたページ
  • 訪問者の使用PC等の画面解像度、ブラウザの種類、回線の種類、プロバイダ、アクセスしてきた国・地域
  • 広告クリック数と収益

Googleアナリティクの登録方法とは?

登録

Googleアナリティクスを使う為には公式サイトにて「お申込み」が必要です。
Googleアナリティクスに申込ます。基本情報だけの入力でOK
トラッキングコードをページに貼り付けGoogleが把握できるようにします
ユーザーの情報が数時間以内には反映されますので、詳細を確認します
費用は無料ですから先ずは登録してみたうえで実際にどれだけ便利なものなのかどうかを実感してみてください。
最初は少し難しく感じるかもしれませんが、2~3日使っているとだんだん分ってきます。

Googleアナリティクスを使えばユーザー情報を気軽に手に入れ分析することができます
サイトの需要をあげる大切なカギとなりますので試してみてください。

要するに分析とは何か

比較分析

分析を最も簡単に別の言葉で言い表すと「比較」です。
全体の中でどうなっているのか、要するに全体と比較すると「組成」が分ります。
これまでの経緯を過去と比較することで「変化」が分ります。
何かと何かを比較する、それが分析だと理解しておいて下さい。
Googleアナリティクスで分ることは比較です