キーワードの活用を考える

キーワードの活用は?

キーワードをもとにどんなことをしたらいいのでしょうか。

キーワードだけ集めても
それをいかすことができなければ意味がありません。

メインキーワードを決めて、
サブキーワードを探してきた目的は何ですか?

それはWebサイトでの集客を通じて
あなたのビジネスを発展させることです。

その為にはどんな手順でどんな作業の必要があるのかどうか、
長期間上位にいられるサイトを作るためのキーワードのいかし方を紹介します。

キーワードをもとに企画を作りましょう

ポイントを抑える

まずはそのキーワードを使ってコンテンツの方向性を決めていきます。

どんなに優れたコンテンツだとしても、
そのテーマにニーズがなければ意味がありませんよね。

そのためキーワードをもとに話題になっているトピックスなどをあぶり出し
情報を収集する必要があります。

例えばワインについてのコンテンツを制作するとして知識よりもワインの美味しいお店や穴場情報など、
常に人が注目していて話題にしているテーマを扱うことが人気のあるコンテンツを作る鍵となります。

その上でターゲットを明確化して情報の裏付けとなるようなデータの収集を行います。

サイトはWEB媒体のものとはいえ、
制作していく手順は基本的に紙媒体と同じです。

これは勘違いしている人も多いのですが、
基本的な考えは全く同じです。

サイトの情報がより正確なもので豊富な知識がないと、
そのサイトの価値は下がってしまいます。

いくらキーワードの分析をしていても意味がないのです。

キーワードをいかすための使い方「アクションキーワード」

さらに調べたキーワードをもっといかすための使い方をご紹介します。

キーワードは単体で使うのではなく
「アクション」を起こさせるようなキーワードの組み合わせが大切です。

例えば「美容室」と検索している人と「美容室代官山」と検索している人の意図が違うのはわかりますよね?

ただ言葉の意味を検索しているだけの場合、おそらく期待するようなアクションを起こすことはありません。

「美容室代官山」「美容室シャンプー」「美容室今日予約」など人が行動するようなキーワードを合わせることで
何を目的にしているのかが明確になりその後の行動が期待できるようになります。

またキーワードも表記のちょっとした違いで検索数が大きく変わりますので、キーワードの表記にもこだわるようにしましょう。

企画をさらに進める工夫

PDCA

キーワードを使って組み合わせ購入やお問い合わせに繋がりやすいものに変えることはもちろん、
サイトを作るための企画も進めていきましょう。

要するにPDCAです。肝心なのはここでめげないことです。

まだ土台部分ではありますが、
この下準備がしっかりとできているかどうかが集客できるサイトの有無を決めますので、
一手間かかりますがしっかりと対策しましょう。

結局のところ、手間を掛けた仕事は評価されます。

逆にでっち上げの仕事はすぐにメッキが剥がれるのです。

あなたのビジネスです、あなたが一番大切に考えているはずです。

精魂込めて創り上げて下さい。

必ず評価されます。