読み手にとっての価値ある文章

チェックしていますか?

WEBライディングをする上で、
特に初心者やこれからはじめて記事を作成するなど経験が少ない人は、
まずは“やるべきこと”を明確にしなくてはいけません。

WEBライディングはなんとなく記事を真似たり、
なんとなく情報を集めて記事を作成することは誰でもできます。

ですが本当にユーザーに選ばれる良質な記事は何なのか?
を考えた時に、
あなたが作った記事は読む人にとって「価値のあるもの」になっていますか?

記事を作る上で「良質」であることにこだわろう

良質

記事を作る上で自分の作成した記事が
良質であるか
を確認する必要があります。

良質な記事はユーザーに選ばれる記事でもあり、
アクセス分析などをすると滞在時間から実際にどのぐらいのユーザーが
何分ぐらいそのサイトにいたのかを確認することができます。

例えば、あなたがユーザー側に立ったとして
「紫外線予防」について検索したとします。

このキーワードで上位に上がっているサイトの
一番上から順番に確認していきますよね。

一番上のサイトを見たのに、
自分が求めている内容の記事でなかったり表現が難しく意味が理解できないものだったり、
誤字脱字が多くて信憑性にかける内容だったとしたらどう思いますか?

おそらく多くの人は二番目のサイト・三番目のサイトに移動しますよね。

ユーザーの欲しい答えがないばかりに次のサイトに移動させ、
チャンスを逃していることになるのです。

これは別の機会で詳しく書きますが、
Googleサーチコンソールと言うサービスを使うと、
上に書いたサイトの滞在時間の他に、どのページの記事が読まれているのか?

どんなキーワードで検索されて訪れたのかも分るようになります。

もし、どのページも面白く、
ためになる記事ばかりなら長い時間滞在するはずです。
(もちろん、インターネットばかり見ていられる訳ではないでしょうが。)

視点を変えて読み直すと見えてくる?

視点を変える

WEBライディングをする上で重要なことは
「自分がユーザー側の視点に立って本当に求めている内容を提供すること」
だと思ってください。

自分が読者になった時に本当に読まれる記事なのか、
キーワードの内容と一致している内容なのか?
など視点を変えて常に良質な記事を作れるように努力する必要があるのです。

前述でも述べたようにWEBライディングは真似ごとであれば誰でもできます。

でもそれが本当に価値のあるものなのか?を考えた時に実は意味のないものだったり、
ユーザーから選ばれない内容では意味がありませんよね。

WEBライティングは時代の変化に合わせて常に勉強し自分を磨くことで、
良質な記事を作れるようになります。

インターネットの情報だけでなくあなた自身が体験したことだって、
記事の制作には役立つことがたくさんあるのです。

WEBライティングはあなた自身であるとも考えましょう。

ユーザーに選ばれる記事にするためにはどうしたらいいのか?
常に模索し学ぶ姿勢が大切です。

私もこのサイトではITツール活用について、
主にWebサイトの活用やWebライティングに拘って、
初心者の方にも分りやすい記事を届けられるように心がけています。

また、起業を目指して準備中の方にも失敗しない起業についてのノウハウをお伝えしたいと思っています。