ネットビジネスには「ランディングページ」が必須

サイト運営をしてると、よくランディングページページ(LP)という言葉を耳にしますよね。
しかし、いきなりそんなことを言われても、一体普通のページとどう違うのかよくわからなかったりするものですし、実はよくわかっていない人も多いのが現状。
しかし、サイトのSEOやコンバージョンを考えるうえで、避けて通れないのがこのランディングページです。
実際にネットビジネスには活用できるツールがたくさん有りますが、その中でも必須のツールがランディングページ、そこでここではそんなランディングページについて、説明していきましょう。

ランディングページとは何か

HTML

1)ランディングページとは直訳すると『着地するページ』

ランディングページとは、その名の通り、サイトを訪れた人が初めて訪問するページのことを言います。
一般にランディングページというと「狭義のランディングページ」と「広義のランディングページ」という物があり、サイト運営などでよく使われているのは、狭義のランディングページの方です。
ですので、サイト運営にはランディングページが大事です、という言い方をした場合は狭義の方だと覚えておきましょう。

2)広義のランディングページ

広義のランディングページとは、サイトのどこに閲覧者が訪れたのかという物で、いわゆる入り口のことです。
これは、サイトのフロントページを指すと思っている人も多いのですがそうではなく、例えばGoogle検索などで検索をかけてサイト内の記事にまず訪れた場合は、その記事がランディングページとなります。
なので、Googleアナリティクスなどでデータとしてみることができるランディングページとはこちらのこと。
ですので、アクセスを解析し、検索からどれくらいサイトに訪れているかを知るためには、こちらの講義のランディングページの方が重要と考えていいでしょう。
また業者や制作会社によっては「入口ページ」「訪問ページ」「集客ページ」などとも呼ばれます。

3)狭義のランディングページ

狭義のランディングページとは、いわゆる宣伝などを行うフロントページのことを言います。
皆さんもネット上でよく見たことがあると思いますが、商品やサービスの内容や特徴を説明する縦長のページがありますよね、つまりはあれのことです。
こちらはアクセス解析や検索対策というよりも、むしろ顧客訴求を一番に考えるべきページです。
ある意味ネット上のチラシともいうべき、販売促進のページですね。
現在のランディングページはどちらかと言うと、この狭義のランディングページのことです。
後で紹介しますが、「ペライチ」「Wix」などはこの中に入ります。

どちらのLPも大切

ビジネス開始

ネットを使ったビジネスやネットをビジネスに利用する時、このどちらが重要かといわれれば、どちらもと答えます
というのも広義のランディングぺージはSEOを語るうえで避けては通れないものですし、ある意味ランディングページにどう導くかがSEOの全てといっても過言ではありません。
そして狭義のランディングページは販売に欠かせないアクションを顧客に起こさせるもの。
この二つをしっかりと利用していくことが重要なのです。

ランディングページは、ホームページを作る時に一緒に作ってしまうようにしましょう。
もちろん、私のサービスではランディングページの制作も含まれています。
最後ですが、参考までに私のランディングページは、「ペライチ」でも作ってあります。