ランディングページを活用する

決裁システム

ランディングページとは何か、そしてどれほど重要かが分かったところで、今度はそれを活用していきます。
ある意味、これが最も重要なものだといえるものですので、基本中の基本とは言えしっかり押さえておく必要があります。
しつこいですが、ランディングページは、あなたの商品やサービスを売るためのページです。
会社の紹介やあなたの経営理念を語るページではないのです。
別の言い方で言うと、ランディングページは、あなたのホームページに設置された「レジ」なんです。
あなたは、「レジ」の無いお店を想像できますか?
様々なITツールの中でもランディングページは必須と言われるのは「レジ」だからです。

おさらい

ランディングページの活用法についてお話する前に、おさらいすることがあります。
それが「狭義のランディングページ」と「広義のランディングページ」です。
これについては、『ランディングページを知ろう-1』に詳しく説明してありますので、そちらでしっかり区別をしていてください。

ランディングページ活用法

ネットビジネスでの収入

1)広義のランディングページと狭義のランディングページの連携

すでにご存じのように、狭義がいわゆる販促ページで広義がサイトに初めて訪れるページ。
たいてい狭義の方には検索結果ではなく広告から流入するものですが、だからといってサイトからの流入を考えないというわけにはいきません。
とくに、広義の方のページは閲覧者が初めて訪れる場所です。
一般的に広義のページは「○○の使い方」や「○○って何?その意味を教えます」のような情報や知識系コンテンツ、つまり今お読みのこのページのようなものです。
ですので、こういった広義のランディングページにこそ狭義のランディングページへのわかりやすいリンクやバナーを張っておくと、自然にそこに誘導されるというわけです。
この狭義と広義の連携こそ、サイトの円滑な運営と効果的な運用に欠かせないものなのです。

2)サイトの役割分担をしっかりとする

たとえば、自サイトのフロントぺージに、長々とサービスの説明や商品の解説があると、非常に醜くなります。
また、それぞれの知識系記事の中に、しつこいほどに商品の販売を目的とした宣伝文句を込めてしまうと、記事としての価値が下がるうえ、商品に対してうさん臭さを覚えてしまいます。
しかし、狭義のランディングページを作ることで、他のページに負わせる広告の負担は一気に減るのです。
いまや、リスティング広告といわれる検索ページ上部の広告の価格は高騰気味ですので、広義のランディングページの質を上げることは急務です。
その質を上げるという作業において、そこに広告めいた言葉がしつこく存在するのはマイナス。
サイトをしっかりと魅力的な価値あるものとして仕上げ、販売に関するページは狭義のランディングページに一括で役割を分担する。
このようにして活用していけば、魅力あるサイトでなければいけないというSEOの原点をしっかりと守ることができるのです。

それぞれの役割を把握してしっかりと活用する。

Go

ランディングページにある狭義と広義の意味をしっかりと把握してその役割をきちんと認識する。
それは、ランディングページを作って自サイトをより良いものにするためには必要不可欠なことであることがわかっていただけたでしょうか。
全ては、ユーザビリティーに直結することですので、しっかりと把握してうまい活用法を会得していきましょう。
大きな「お問い合わせの」ボタンや購入ボタンもしっかり設置して下さい。
問合せフォームや決済システムについては、また別の機会で紹介します。

ホームページやランディングページを作る際に、「購入ボタン」や「お問い合わせ」のボタンは必須です。

これらの設置もコンサルティング料金の中に含まれます。
全て揃ったWebサイトをお届けします。
次回からは、いくつかのランディングページシステムをご紹介します。