40代からの起業 責任ある後悔のない選択を

40歳

40歳は不惑の年。
孔子が論語の中で「四十にして惑わず」という言葉を残していることからそう言われていますが、それは、40歳がすでに初老であった昔の話。
現在では40歳はいまだ若造で、多くの可能性を秘めている年代です。
ですから、ちょうど仕事やそして家庭などに大きな悩みや行き詰まりを感じ始め、むしろおおいに惑っている年代だといえます。
そんな、惑える40代からの起業、そのポイントはどこにあるのでしょうか。

40代からの起業① メリット

40歳

40代からの起業におけるメリットは、その豊富な資産にあります。
それは、30代の頃に比べて増えた年収の話ばかりではなく、会社勤めで手に入れた経験の蓄積、スキル、そしてコネクションやそれこそ世渡りの術。
そして、50代に比べると、いまだ有り余る体力に人生の先の長さ。
そういった、有形無形の資産が40代の頃には、会社員としてピークに達する頃なのです。
こういった、人生において一番脂がのっているといっていい時期の企業は、余裕を持った起業に一歩近づくことができる時期だといってもいいでしょう。

40代からの起業② デメリット

起業の不安

40代からの起業におけるデメリットは、なんといってもそのしがらみの強さです。
会社においては、その組織の急先鋒でありまた同時に管理職として責任ある立場になっているだろうこのころは、簡単に会社を辞めるという選択がとりにくいのは事実です。
また家庭においても、既婚者であるならば、このころ最も子供にお金がかかる時期です。
それこそ老後のたくわえなども真剣に考え始めなければいけない時期でもあり、家庭にある程度の迷惑をかけることを覚悟しなければ起業することはできません。
また、失敗ののち再就職するには厳しい年代に入っていますので、そういったしがらみもあると認識しておきましょう。
そのため、副業から始めてビジネスモデルを確認することは重要です
安易なスタートは命取り。失敗しない起業でなければなりません。

40代からの起業③ 理解のない起業はただの迷惑です

40代の起業において最も気を付けなければいけないのは、周囲の理解です。
会社はもちろんのこと、ここで一番大切になってくるのはあなたの一番大事である人たち、そう家族です。
どうやっても、ある程度自分の家族に迷惑や負担を強いてしまうのは間違いのないことなのですから、この家族への理解を求めるという作業は、徹底してやらなければいけないのです。
特に子供に迷惑をかけないよう、そして配偶者に理解を求めるようにすることが何より大切。
起業という、大きな山に立ち向かっていく時に、あなたの心を支えるものは何なのか、起業による成功で、あなたが一番に幸せにしたい人たちは誰なのか。
言うまでもないことですよね。

40代からの起業④ 責任をもって慎重な選択を

分かれ道

社会人として最も脂の乗っている40代とは、同時に、個人の責任の重さもまた増加している時期。
そんな時期に、志をもって独立起業を目指していくのであれば、自分に課せられる責任の重さというものをしっかりと理解して、後悔のない慎重な起業を心がけるべきです。
言い換えれば、周りの人間に理解してもらえるだけの説得力のない起業などするべきではないということ。
40代の起業の先には、家族という愛する人たちの幸せのビジョンが不可欠なのです。
そして、その結果、その先に家族の笑顔が見えるのであれば、ためらわず、起業という選択肢に向けて足を踏み出してみるべきなのです。