SEO対策は当たり前?

今や当たり前のようにSEO対策などと言われていますが、SEO対策について調べてみるととにかく難しい専門用語や単語が並んでいます。
そのため、結局、何から始めたらいいのかわからずに困ってしまうこともありますよね。
でも、起業して集客するためにホームページの制作SEO対策はひじょうに重要です。
そんな重要なことなのに、結局は何をすればSEO対策になるのか、これからサイトを作る人や初心者ではわからない人の方が多いはずです。
今回は、ホームページの制作で最初にするべきことについて順を追って説明していきます。

質の高いコンテンツを提供する

高品質

サイトの価値を決めるのは「コンテンツ」です。ユーザーにとって価値があるサイトであることがサイトを作るためには重要なポイントでもありますね。
魅力的なサイトであればブログやSNSを通して他のユーザーに紹介してくれるので、自然と認知度が高くなります。

まずは「上位表示を狙うキーワード」を探しましょう。
キーワードの選定の基準はあなたのサイトに関係しているものはもちろんですが、他のサイトには提供されていないような新しいサービスであり、独自性も重要です。
キーワードを考える上でユーザーがあなたのサイトに辿り着くまでにどんな検索ワードを使うのか考えてみましょう。

・単一キーワードよりも複合キーワードを使い上位を狙うこと
(「花束」だけではなく「花束 母の日」「花束 赤」など)
・検索結果の多様性を考えたキーワードを文章内に織り交ぜて使うこと
(同じ花束を扱うお店だとして検索方法はユーザーによって違うことを理解する。たとえば、「花束 アイリス」と検索する人もいれば「花束」「花 誕生日」「花 プレゼント」など人によって変わります)

これらのキーワード選定がサイトを作成する第一歩です。

キーワードの幅を広げる為にそのキーワードでどのぐらいの検索量があるのか簡単に調べられるキーワードツールなどもありますので、調べてみて下さい。

適切なページタイトルを付ける

サイトのページタイトルは「サイトの訪問者」と「検索エンジン」の2つに表示される看板のようなものです。

どんなサイトなのかを伝える大切なポイントでもあります。検索結果の一番上に表示されますし、ユーザーが検索したキーワードに一致している部分は太文字にて表示されます。ページタイトルを付ける時はこんなポイントに注意しましょう。

  • サイト、会社名、会社の所在地、主要な取引商品などの情報をタイトルに含める
  • タイトルが長すぎると表示されなかったり、わかりにくくなってしまうので注意
  • サイト内のタイトルはページごとにその内容に合っているものを選ぶこと
  • 「無題」や「ページ1」「詳細」などあいまいな表現は使用しないこと
  • サイトの大部分を含め、同じタイトルは使わないこと

タグ付けの方法を覚える

タグ付け

またサイトのタイトルや見出しなどに適切なタグ付けを行うのも重要です。

  • タイトルタグ(タイトル内にキーワードを含めるもの)
  • METAタグ(サイトのキーワードを表すもの)
  • Hタグ(見出しに使うもの。目を引く重要な部分)

それぞれキーワードを盛り込んだ方が検索結果には表示されやすくなりますが、不自然なほどたくさんのキーワードを盛り込んだり、ページによってタグを頻繁につかい過ぎる、見出しのすべてにタグを入れるなどSEO対策には不適切な場合もあります。

見出しタグにしても本来その見出しの下にどんな文章が続いているのかを知るためのものですので、使い方には十分に注意しましょう。

SEO対策として初心者に必ず押さえて欲しい3つのポイントについて説明しました。
SEO対策をもっと掘り下げていけばもっと細かな設定もありますし、見直す点も出てきます。
この3つはいずれも適切に使うことで基本的なSEO対策になりますので、サイトを作る上での最初の手順として是非覚えておいてください。