『Google検索エンジン最適化スターターガイド』

SEO対策は何からはじめるべきなのかについて紹介しましたが、
要するにSEO対策において何を重要だと考えるべきなのか

どんなことに気をつければSEO対策として結果が残せるのか、
Googleの考え方をもとに紹介します。

これは、
『Google検索エンジン最適化スターターガイド』を私が読み解いた内容です。

私の誤解があるかもしれませんが、注意深く読んだつもりです。

これをもとに
WEBライディングのポイント
を考えてみましょう。

そこに真のSEO対策の手法が見えて来ます。

最初に言いますが、
ポイントは『読み手の視点』
です。

サイトのページ内容をGoogleに通知し評価してもらうこと

グーグルの検索エンジン

どんなに価値のあるサイトだとしても
そのサイトの価値をGoogleが認識してランキングに反映させてくれなければ、
いつまで経ってもサイトが評価されることはありません。

  • タイトル、見出し、本文に重要なキーワードを含める
  • タイトルタグ、METAタグを必要に応じて使用する
  • 画像をリンク表示する時はaltテキストも一緒に提供すること。非テキスト情報には通知されるように代替えとなるようなテキスト要素も準備しておくこと
  • モバイルサイトマップ等を使用してGoogleにページ情報を送信する
  • 被リンクを増やすために既存のブログで宣伝すること、ユーザーが共有したいと思えるようなサイトにすること。

SEO対策とはユーザーやGoogleに評価されやすい、
わかりやすいサイトを作る必要があります。

紹介したポイントはすべて基本的なことです。

しかし、
実際にこれらを取り入れているサイトは少ないので、
基本をおさえるだけでもGoogleから評価されやすいサイトにすることができます。

また文字数が極端に少ないサイトだったり、サイト内に広告部分が多く、
他のサイトとの差別化もできていない
(似たようなサイトになっている)と質の低い記事だと判断されてしまいます。

原則、1,200文字以上、できれば1,500文字を目標にして下さい。

私は、上記の基準で書いています。

ユーザーの検索に応えられるようなサイトであること

ユーザーの求めるもの

何の為にサイトを作るのかを考えた時に、
ユーザーが検索した内容に応えられなければ意味がありません。

例えば「花束 母の日」
と検索したということは母の日に贈る花束を探していることになります。

それなのに無意味なキーワードを検索エンジンだけの為にサイト内に埋め込んだり、
価値のないキーワードを羅列するのはおすすめしません。

なかにはSEO対策などに慣れてくると、
「隠しテキスト」や「隠しリンク」を使う人もいますが、
これではユーザーのことを考えたサイトとはいえませんよね。

Googleのアルゴリズムではそういった
ユーザーが求める内容のサイトを上位に表示できるようにしています。

ですから、あなたが検索の上位に表示させたいキーワードに合ったサイトを作るようにしましょう。

また読みやすいサイトにすること、
誤字脱字があるとそれだけで読みにくくなってしまいます。

サイトの文章は丁寧に仕上げて、
確認してからアップロードしましょう。

そして、読んでくれる方が満足できるものにしましょう。

読み手の視点で説明することが重要です。

SEO対策で重要なことは「Googleに評価してもらうこと」、
「ユーザーの検索に応えられること」大きく総まとめにしてこの2点が達成できていることです。

繰り返しますが、
この二つができているかどうかで、
そのサイトの価値が決まります。

一時的に検索数をあげるだけのサイトではすぐに順位が下がってしまい、
その価値が低くなってしまいます。

SEO対策で重要なことは押さえておきましょう。

夏目漱石の手紙

そして、最後ですがどこにも書いていない、
重要項目をお伝えします。

それは、コツコツ続けることです。

夏目漱石は私の最も好きな文士の一人ですが、
大正5年(1916)8月、
芥川龍之介と久米正雄に宛ててこんな手紙を書いています。

夏目漱石

牛になる事はどうしても必要です。
吾々はとかく馬になりたがるが、牛には中々なり切れないです。
僕のやうな老獪なものでも、
只今牛と馬とつがつて孕める事ある相の子位な程度のものです。

あせつては不可せん。頭を惡くしては不可せん。
根氣づくでお出でなさい。
世の中は根氣の前に頭を下げる事を知つてゐますが、
火花の前には一瞬の記憶しか與へて呉れません。

うんうん死ぬ迄押すのです。

それ丈です。

决して相手を拵らへてそれを押しちや不可せん。

相手はいくらでも後から後からと出て來ます。

さうして吾々を惱ませます。

牛は超然として押して行くのです。

何を押すかと聞くなら申します。

人間を押すのです。

文士を押すのではありません。