これならわかる、ワードプレスのプラグイン

WordPress(以下ワードプレス)で実際サイト運営をしていると、数多くのプラグインがあることに気づきます。
もちろんこれらのプラグインはそれぞれ非常に便利で効果的な機能を有しています。
しかし、その種類は多くどれをどう使っていいかは正直わからない人も多いかと思います。
そこでここでは、数あるプラグインの中でもおすすめを厳選して解説していきたいと思います。

まずBluk Plugin Installationを入れよう。

プラグインのインストールは本当に面倒で時間がかかります。
そこで便利なのが、この「Bluk Plugin Installation」という名のプラグインです。
これは、簡単に言えば手間と時間のかかる複数のプラグインインストールを一括でしてくれるプラグインです。
その時間短縮率は、落とすプラグインや数にもよりますが「数十分の一」の時間で済んでしまう、優れもののITツールです。
ですので、まずは、これから手に入れるべきです。

使えるプラグインご紹介。

Bluk Plugin Installationをインストールし有効化するとプラグインの新規追加ができます。
そこで、必要なプラグインを一括でインストールするのですが、取りあえず最初は以下のプラグインを入れてみることをお勧めします。

①Ultimate Google Analytics改

これは、サイト運営に必須なGoogleアナリティクスとの連携を行うプラグインです。
その特徴は、Googleアナリティクスが解析するアクセス情報から、自分のアクセスを除外できるという機能を持っているという点ですね。
しかもそれが簡単にできます。

②Quick Cache

これはワードプレスを高速化するプラグインです。
ページの表示速度はとにかく重要で、速度の遅いページはそもそも見てもらうことすらできません。
ぜひ入れておきたいプラグインです。
(とても効果のあるプラグインですが、キャッシュ系プラグインは注意して使ってください。使い方を間違えるとサイトそのものが見えなくなることもあります。)

③WP Social Bookmarking Light

いまやSNSとの連携は、サイト作りには欠かせない要素。
その点子のプラグインを使えば、フェイスブックやツイッターはてなブックマークなどとのリンクを張るソーシャルボタンを自動設定できます。
集客やアクセスアップには、欠かさずやっておきたい作業です。

④PuSHPress

これはワードプレスに記事を投稿すると同時に、Googleにインデックスさせるプラグインです。
当然検索対策にもなりますが、パクリサイト防止の役目も果たしてくれます。
あなたの方が先に記事をアップしても、パクリ記事が先にインデックスされてしまえば、あなたがパクリサイトと認識され評価が落ちるのです。

⑤Google XML Sitemaps

このプラグインは、自分のサイトの更新を自動でGoogleに情報を送ってくれるプラグインです。
先ほども書きましたが、サイトの集客率アップにはGoogleの検索上位に食い込むための工夫は不可欠になりますので、いち早く情報を送ってくれるこのプラグインは効果が高くなります。

⑥All in One SEO Pack

最後に、一番重要というか、欠かせないプラグインの紹介です。
特にSEO対策について知識の少ない初心者にとっては、お役立ちというよりもむしろ、指針となるようなプラグインですので絶対に入れておきましょう。
細かい使い方は省きますが、SEOを意識するうえでかなり便利なプラグインです。

まだ使えるプラグインはある。

他にもたくさん使えるプラグインはあります。
それこそ、自分のサイトの使用目的や用途によって、いろいろなプラグインが役に立つことは間違いありません。
しかし、取りあえず最初にこれだけは入れておきたい、というのは、大方このくらいです。
こういったプラグインを有効に使い、その使い方に慣れてきたときに、新しいプラグインの導入を決めてみてはいかがでしょうか。