Jimdoで始める前にこれだけはチェック

Jimdoは誰でも簡単にHP制作ができる便利さもあり、
WEBサイトをはじめて作る人からも高い人気があります。

そんなJimdoのメリット&デメリットについてまとめてみました。

Jimdoが気になっている方もこの機会に検討してみてはいかがでしょうか。

Jimdoのメリット

Jimdoのメリットについて紹介します。

(1) SEOが強い

SEO対策において定評があるのもJimdoならではです

ページの更新のしやすさもあり更新頻度が上がります。

また有料会員になるとメタタグの設定ができるので、
タイトルやディスクリプションなどの変更にも適しています。

HTMLの不要なコードも多いので完全とは言いきれませんが、
これだけ対策ができれば十分ですよね。

SEOが複雑化している現在において独自で対策したつもりが
逆効果になってしまうこともあります。

(2) 操作がとにかく簡単

JimdoはHTMLの知識がなくても簡単にHPを更新できます。

文章の入力はもちろん、
Google Mapやメールのお問い合わせファームなども、
簡単ワンクリックでできます。

PCサイトはもちろん、
スマホサイトにも対応していること、
付属のテンプレートの種類が豊富なので多様なデザインの中から自分にあったものを選ぶこともできます。

また有料会員になるとオンラインショップも作れるのでビジネス用のHPも簡単に制作できます。

Jimdoのデメリット

Jimdoのデメリットについて紹介します。

(1) 無料プランは使い勝手が悪い

Jimdoには無料プランという一切費用がかからずにお試しで使える機能があります。

最初にお試しがてら使ってみるのであればいいのですが、
無料だからこそいつそのサービスが終了してしまうのかわからないということがあります。

趣味のサイトを作るならそれほど関係ありません。

しかし、ビジネスとなるとそうは行きません。

また、独自ドメインが使えないなど使い勝手の悪さを感じてしまうこともあります。

ドメインが独自のものかどうかによっても会社やお店の信用性に関わりますしデザインが少なく、
限られてしまうので面白みがありません。

(2) メールマガジン機能がない

キャンペーンやセールスレターなどを告知する場合
メールマガジン機能が付いていた方が断然お得です。

メールマガジンは新規の集客にも適していますし、
携帯がガラケーでも問題なく使えます。

Jimdoでも以前はメールマガジン機能がついていましたが、
廃止になってしまったのが残念です。

メルマガは優れたITツールですから、
これは別にどこか他のサービスを使用することになります。

(3) バックアップ機能がない

障害によってデータが飛んでしまった時に、
Jimdoはバックアップデータを保存することができません。

他のサイトのように自由にバックアップができないので、
手元にデータを残しておきたい人には不向きかもしれません。

こういったトラブルが起きた場合は再度作り直さなくてはいけないので、
逆に手間がかかってしまうこともあります。

自分でしっかりバックアップの管理ができる人なら問題ないのですが、
それも分からないと言う方は注意して下さい。

Jimdoはメリットもあればデメリットもありますが、
総合的に見てもとにかく使いやすく優れた機能が満載です。

Webサイトにはそれほど力を注ぎたくないと言う方が、
ホームページを最初に作るならお勧めします。

これは、ビジネスでネットを使う場合重要です。

例えば、私の場合、集客も、問合せを集めることもネットが中心です。

ですから、Jimdoでは少し不足です。
ワードプレスの方が良いのです。

ただ、そうではなく、口コミや紹介が基本の方もいます。

そんな方は、WixやJimdoで簡単に作った方が手は掛からないと思います。