ジンドゥー VS ワードプレス

対立

HPを制作するにはシステムを使って作る必要があります。
「WordPress」も「Jimdo」もどちらも人気のあるサイトになり、どちらにもメリットもあればデメリットも存在します。
これからホームページを使ってビジネスを広げて行きたいと考えている方は、迷ってしまうこともあるでしょう。
正直、どちらも優れた面はあります。
そこで、今回は独断と偏見で私なりに、WordPressとJimdoについて比較してみましたので、是非参考にしてみてください。

WordPressとは?

WordPressといえばHPを制作するのにもっとも人気のあるサイトであり、誰もが必ずといっていいほどWEBサイトを作るならWordPressだと思っているかもしれません。
無料でも十分なHPが作れるほど、デザイン・プラグインなどのカスタマイズも楽しめます。
ただしHP初心者になるとWordPressの便利さが使いにくいと感じる場合もあります。
例えば、WordPressは事前にレンタルサーバーは自分で用意しなくてはいけません。
初心者になると「え、レンタルサーバーってなに?」から知らなくてはいけませんよね。
しかも敵的なアップデートやスパム対策などもあり、ある程度知識がないとWordPressを運営していくのは難しいと感じてしまうものでもあるのです。

Jimdoは初心者には最適

Jimdoは誰でも簡単に低コストでHPを制作できるオンラインホームページ制作サービスです。
インターネットからアカウントを取ればすぐにでもホームページを作成できます。
レンタルサーバーを別途契約する必要もなく、最初に簡単なテンプレートを選択して記事を書くだけなので、専門的な知識がなくても簡単にHPが作れてしまいます。
有料版ならSEO対策もできるのでビッグワードでなければ、上位に表示させることもできますし、効果は十分に期待できます。
JimdoはとりあえずHPを作ってみたい初心者の人に最適なのです。

WordPressとJimdoどっちがいいの?

Jimdoの場合WordPressに劣ってしまうのは「拡張性」と「バックアップ」の点ではないでしょうか。
機能を追加できないので「もっとこうしたい!」と思っても自由度が低く、使い続けていくうちに物足りなさを感じてしまうかもしれません。
バックアップも取れないので何かトラブルが起きてしまった時は大変です。

ただ「問い合わせ」「来訪者」にターゲットを絞ってHPを運営する、少人数で運営したい、WordPressの機能を覚えるのが面倒くさい人の場合はJimdoでも十分にHPとしての機能は果たせます。
どの程度HPにこだわりたいのか、今後どんな将来性を描いているのかによってもWordPressなのか、Jimdoなのかを検討してみてもいいかもしれません。

WordPressは、Jimdoに比べて拡張性があります。
プラグインを使うと、昨日も大きく増やすことができます。
さらに、テーマは有料無料含めてまさに無数と言ってよいほど手に入ります。
あまりに多くてあれこれ調べるだけでも大変です。
しかし、逆に自分の好みと自分のビジネスにピッタリ合うモノが見つかった場合、その嬉しさも大きなモノになるでしょう。
逆に、自分のビジネスはそこまでネットを重視しない、簡単に作れて、手軽に更新できる方が良いという考えであれば、Jimdoを使う方が良いと思います。
WordPressとJimdoについて比較してみました。どちらも十分に満足できるサイトですので、費用面なども含めて検討してみてください。