PPMの4つのカテゴリに付いて知ること

PPM

PPMを考える基本として以下の4つのカテゴリを知ることから始めましょう。

PPMは「問題児」「花形商品」「負け犬」「金のなる木」の4つに分類されます。
独特な言い回しでもあるので何を指しているのかわかりにくいかもしれません。それぞれを具体的に説明していきます。
これらに自社製品を当てはめて考えていく戦略方法の一つです。

問題児

これから導入する予定のある商品や、成長する可能性を秘めている商品を指します。
魅力的な市場ではあるのですが、今後企業としての花形商品に格上げするためには大きな資金の投資を必要とします。
競合も多いこと、市場におけるシェアが少ないので積極的な投資を必要とし利益もなかなか出ません。
他事業で得られた利益を問題児に回し投資をする必要があるなどがわかります。

花形商品

企業の中で複数ある商品の中でも市場の専有面積が多い商品を指します。位置づけはできているものの、シェアを拡大する、維持するためにはそれなりの投資を必要とする場合もあります。
企業として収入が見込める看板商品でもあります。継続して投資をしたら、今度は金のなる木を目指していきます。
市場としてのシェアが高いので事業の利益が出しやすいのもポイントです。

負け犬

市場としての専有面積が少ないので、今後廃盤にするか見直す必要のある商品を指します。撤退するにしてもいつ頃を予定するのか、話し合う必要があります。
負け犬の市場は新規参入をする企業も少なく穏やかな反面、利益を得られるものも少ないので、そのままにするよりも花形や問題児に移行していく必要があります。

金のなる木

市場の専有面積をある程度は確保できているので現状維持に留める商品のこと。大きな投資も必要はありませんが、撤退するにはもったないのでそのままにしておくことが必要です。
稼げるだけ稼いだら、その利益は別の事業へと分配します。
花形や問題児に力を入れる為に利益を得るカテゴリでもあります。

それぞれに分配していくと、今ある商品がどんな位置づけで今後どんな工夫をする必要があるのか、企業として利益を出し成長させて行くために必要なことなどを出すことにも繋がります。
企業としての分配を効率よく出すためにも必要な方法の一つだといえますね。

PPMの市場成長率と相対的市場占有率とは?

これらの項目を持って「市場成長率」と「相対的市場占有率」の両方を出して比較していきます。
市場成長率とは、いわゆる成長企業の場合はそれだけ企業としてもお客さまから受け入れられていて魅力があるということになります。

成長率の高さは新規参入の可能異性を高めることや、一定の位置を保っているだけでも商品としての売上を作ることはできます。
ただし、どの企業もそこを目指すので、競争も激しくなり積極的な投資を必要とします。

逆に市場としての成長性が低ければ成熟して市場になりますので、その位置を確保していることになり、積極的な投資をしなくてもその位置を維持することができます。

「相対的市場占有率」とは市場におけるシェアのことを指します。
市場で大きなシェアを獲得している場合、複数に細かい商品を展開しているよりも製造やサービスなどの面で見ても作業効率が良くなるので。生産効率を他社よりもあげることができます。
少ない個数を作るよりも大量に作るほうがコストもかかりませんよね。製造の面でもコスト削減に繋がります。
その結果、企業として利益を出しやすいことに繋がるのです。

PPMは使えないという前に

企業として会社の限りある資源をどのように振り分けるべきかを出すのが、このPPMでもあります。
事業によってはPPMの考え方では分析できない場合もありますが、慣れてしまえばとてもわかりやすく戦略を立てる上でもとても有名な方法です。
まずは、すでにご紹介したSWOT分析とPPMからはじめてみるといいかもしれません。
何度も言いますが、道具ですから使い方に慣れるのが先決です。