コンサルタントにとってビジネスシューズは重要なツールです

ビジネスの場でもスーツにはオーダーメイドの高級スーツを着ているのに、
靴は安いブランドのものを着用している男性を多く見かけます。

男性物のスーツや靴は見てすぐにどのぐらいの価値があり価格のものかわかりますし、
足元にまでこだわってこそ一流とも言えるのです。

今回は、
私がおすすめする国産靴
「三陽山長」

「スコッチグレイン」
をご紹介いたします。

まさに、コンサルタントの靴です。

(これはあくまで個人の感想です)

三陽山長

三陽山長https://www.sanyoyamacho.com/brand/

日本人の感性を生かし紳士の理想像を追求した一足一足こだわりのシューズを展開している山陽山長は、
永遠に受け継がれるものづくりをしています。

ブランドの創業からわずか10年足らずで一流ブランドと呼ばれるまでの存在になりました。

三陽山長の始まりとなったのは2000年10月「山長靴本舗」が生まれたことにあります。

その1年後に商標を取得してレザー中心に商品展開を行う、
三陽山長が生まれたのです。

国産ならではのこだわりを感じる

紳士靴を中心とした高級靴やカバンなどトータルブランドとして、
日本だけでなく世界中にファンが存在しています。

徹底した品質主義にこだわり日本人の足型にあった日本人のための靴作りをしています。

日本には四季があり湿度が多くムシムシする季節もあれば、
寒い雪の降る季節もあります。

これらの気候の変化や影響を考慮した素材や製法が行われています。

世界最良の素材を生かすことはもちろん、
日本伝統職人の技術によるものづくりによって和をベースとしたオリジナルを常に提案し続けています。

日本の既成靴のなかでは高級な価格帯ですが、
三陽山長のこだわりを知ると価格以上の魅力が隠れていることに気付きます。

デザイン力の高さと素材の素晴らしさ

三陽山長

三陽山長の売り場に足を運ぶと、
他のコレクションとは一線を画する素晴らしい技術やその魅力に引き込まれます。

“ほんとうにいいものをつくろう“
をコンセプトに国産ブランドとしての地位やその影響力は今でも脈々と受け継がれています。

例えば靴の曲線の美しさは三陽山長の右に出るものはいないでしょう。

細部にまで行き届いたデザイン力は匠の技を持ってして実現したものです。

素材へのこだわりは言葉にせずとも見るだけでも伝わってきますし、
誠実で実直な日本ならではの曲げないポリシーのようなものも感じます。

またほとんどの靴は、
グッドイヤーウェルテッド製法で縫われていますが、
ボロネーゼ製法も取り入れ貴重性をより高めているのも、三陽山長のポイントです。

ソール付けの方法として本場のイタリアでもできる職人は希少だと言われていますが、
三陽山長は独自の技術を用いて展開しています。

コバのアウトラインを削って独自のエッジを引き出す「ヤハズ仕上げ」など、
日本屈指の世界にも誇れる技術が自慢です。

三陽山長ならではのこだわりポイント

三陽山長の靴にはすべて漢字3文字を繋げた男性の名前が並んでいます。
いくら日本産とはいえ珍しいと思いませんか。

ストレートチップを使用した定番モデル「友二郎」や「友之介」など一定の法則に基づいて名前が付けられています。

また三陽山長の至極を尽くした最高峰の「極み」も一度は履いてみたい憧れの靴として人気があります。

三陽山長を支えているのはこの道50年など、
人生をかけて三陽山長の魅力を世に伝えてきた職人の存在でしょう。

ブランド自体の歴史は浅いものの、
靴職人として高い技術をもった実力派たちが結集してこだわりの靴作りを実現しているのです。

スコッチグレイン

スコッチグレイン

メイド・イン・ジャパンの品質にこだわり伝統を守りつつ、
進化を続けるブランド「スコッチグレイン」は妥協することを知らない本物のブランドです。

日本人の足型にとことんこだわる

日本人の足型に合わせる木型を使い、
一貫生産を行っています。長年の技術を持って積み重ねてきた職人の匠の技を生かし、
数ミリ単位の削りだしまで行います。

どんなに優れた靴でも日本人の足に合わなければ意味がないと考えているのです。

デザインや歩行癖なども想定され、こだわり抜いた靴が誕生しました。約1万足分の木型を使い、
こだわりの靴を作り続けています。

使用している素材のすべてが世界屈指のタンナリーから社長自ら買付けを行うぐらい、
こだわりの革を使用しています。

そのため光沢感にも他の高級靴とは違う美しさがありますし、
他のブランドでは実現することができません。

靴の縫い目はグッドイヤーウェルテッド製法

スコッチグレイン

また靴の縫い目に用いている製法に「グッドイヤーウェルテッド」があります。

製作している靴のすべてがこの製法で作られていて、靴の上部と縫い代、
足裏が接するパーツを持って1本の糸だけで掬い縫いをしています。

堅いのに緩くなることもありませんし履けば履くほど足に馴染んでくるのは、他の製法では実現できません。

底を何度も張り替えて長く履くことができるので、
自分と一緒に成長し顔にもなればステータスとなるこだわりがあります。

靴は長く履くことで味が出てきますし、
あなたの足にフィットし最高の履き心地を実現してくれます。

それは日本を代表する職人が、
一足一足丁寧に作り上げてきた証でもあるのです。

最高の靴はあなたに幸せをもたらしてくれるはずです。

スーツと同じように足元にもこだわりの国産靴を履いて、
自信を持っておしゃれも楽しんでみませんか。

(註:当然ですが広告費を貰っているのではありません。自分が良いと思った靴を紹介しているだけす)