デザイン思考の使い方は、難しく考えなくても大丈夫

ひらめき
意図して狙ったのではありませんが、なぜか検索で表示回数が多くなっているのが、「デザイン思考」の記事です。
それで、前回、書き足りないと思ったところを再度纏めてみました。
私は、問題解決にこの手法を使います。
特に、初期段階で使うと効果が大きいと思います。
どのクライアント様にも喜ばれています。
デザイン思考という言葉があまりに多く聞かれている、今のビジネス界。
しかし、デザイン思考という言葉がはやっていてもそれを実際に用いる人はまだまだ少ないものです。
そう、それは、きっと多くの人が、デザイン思考という言葉は知っていても、その内容をよく知らない、きっとそんな現状が今の社会には存在するからなのです。

デザイン思考とは何か。

デザイン思考

デザイン思考をWikipediaで調べるとこんな説明が出てきます。
「デザイン思考(Design Thinking)とは、人間中心デザインに基づいたイノベーションを起こすための、主として非デザイナーを対象とした発想法である。」
お分かりですか?はっきり言ってさっぱりわかりませんよね。
しかし、これをわかりやすく(ある意味大胆な意訳として)説明するならば、こういうことです。
「顧客のニーズを発展させて新しいビジネスを生み出す方法論」
そう、デザイン思考とは、単にそれだけのことなのです。

デザイン思考の使い方 5段階で進める実践

ではそんな、ニーズをかなえるデザイン思考を実践するための5段階を見ていきましょう。

①ニーズの把握(問題の本質をさがす)

デザイン思考の出発点は必ず顧客のニーズです。
これまでの慣習や経済動向、経験や勘によるものではなく、まずは徹底したニーズの掘り出し、つまり問題の本質は何かを探し出すことが出発点です。
ここでは、ただできるだけ多くのニーズを掘り出す事が重要です。

②ニーズの絞り込み(問題を確定する)

最初の段階で、顧客のニーズをできる限り洗い出したら、今度はそのニーズを絞り込みます。
そうつまり、ここでは、掘り出したニーズの集合体をもとに、自分たちが解決すべき問題を確定させていくのです。
ここに来て初めて「自分たちは何をするのか」が決まるといってもいいでしょう。

③解決策の乱造(アイデアを絞り出す)

ニーズの絞り込みが問題を確定させたら、その問題解決のアイデアを出していきます。
ここで出していくアイデアは、粗製乱造で構いません、できるだけ多くのアイデアを出し、一つ一つをしっかりと検証していきます。
そして、その中からより良いアイデアを選び次にゆきます。

④試作(プロトタイプの作成)

良いアイデアが見つかったら、ここでいったんそれを組み上げてみます。
紙で組み上げてもいいですし(ぺーパープロトタイピング)絵を描いたり、形のないものであれば寸劇やストーリーボードを作成してもかまいません。
ここでは視覚化を行うことで、目に見える形でアイデアを具現化し、それをもとに再検討や改善をしていくのが目的なのです。

⑤検証する(テスト)

改善を繰り返しでき上ったプロトタイプを、実際に顧客に使ってもらいます
そう、ここで、もう一度顧客のニーズという原点に立ち返り、産み出したものがそれにかなうものなのかを検証していくわけです。
そしてその結果をもとに、再検討やブラッシュアップという最終工程を進めていき、プロジェクトは完成します。

顧客ニーズの発見とイノベーション

デザイン思考でイノベーション

デザイン思考というのは、顧客ニーズを発見して、新しいイノベーションを起こす手法です。
既存の物の焼き直しではなく、需要から新しい供給を生み出すといってもいいでしょう。
デザイン思考を実践するときには、いかにニーズを正確にとらえることができ、それにかなうものを作り上げることができるのか。
それこそが一番の決め手になるのです。