わかりやすく「5Force」を解説

競争戦略論:マイケル・ポーター

新しいビジネスを展開したい、
もしくは独立起業したという時に、
その業界の実態を知ることは大切です。

とくに、現在その業界はどういう状況にあって、
そこではどのように利益を上げることができ、
また分配されるのかということについて、
明確な現状分析が必要になってきます。

その、参入すべき業界の現状を把握するためのポイントこそが
5F (Five forces=5つの力)

今回はその「5F分析」について、
わかりやすく解説していきましょう。

5F分析とは、マイケル・E・ポーター(Michael・E・Porter)が示した、
企業を取り巻く業界構造の把握のためのフレームワークです。

非常に単純に、
模式化できるためコンサルティング業界から歓迎されました。

では、コンスタントだけが使うのか?

そうではないところが、この「5F分析」の魅力です。

業界内の競争に影響を与える要因を5つに分類するところから始めます。

そして、それぞれの力の強さや関係性を分析することで、
業界構造の特徴を明らかにすることができる訳です。

以下、順番に説明します。

まずは5Fを十字に配置する

5つの力(5フォース)

ではまず、5Fにおける5つのFを平面図として十字に配置していきながらそれぞれを紹介します。

①真ん中のF 【ライバル各社&自社】競合の力

まず真ん中に置くのは「競合の力」つまり業界内の企業です。

当然あなたもここに入ります。

②横軸左 【供給業者】売り手の力

次に競合の力の左に「売り手の力」を置きます。
つまり供給先のことです。

③横軸右 【顧客】買い手の力

さらに競合の力の右に「買い手の力」を置きます。
つまりは顧客ですね。

④縦軸上 【新規参入】新規参入の力

今度は縦軸、上にはまず「新規参入の力」を置きます。
つまり新しい敵です。

⑤縦軸下 【全く異なるサービス】代替品の力

最後に縦軸下に「代替品の力」を置きます。
つまり別業種で顧客がダブるものです。

横軸=業界内の利益の総量

ではここからは5Fの横軸を見ながら、
その分析の仕方と意味を見ていきましょう。

①横軸左辺 競合の力と売り手の力

まず、横軸を見るときは競合の力は「業界内の企業の力」と考えます。
このとき「売り手の力」とは仕入れ先の優位性になりますから、
この優劣で「仕入れ値」が決まります、
つまり横軸左辺は「コスト」についての分析ということになるのです。

②横軸右辺 競合の力と買い手の力

対して右辺は、業界と顧客の関係性になります。

つまり「買い手の力」とは顧客の優位性になりますから平たく言えば「ニーズ」であり、
この優劣で決まるのは「価格と売れ行き」です。

そうつまりここは売り上げに関係するものなのです。

③横軸は業界が産み出せる儲け

たとえば、左辺において売り手の力が強ければ「仕入れ値」が上がりコストは増えます。

そして、同時に右辺において買い手の力が強ければ、
価格と売れ行き」が下がり売り上げが減っていきます。

となればこの業界は「儲けの薄い業界」となるのです。

そうつまり、横軸の力関係は業界そのものの「儲け=利益の総量」を表しているわけです。

縦軸は利益の分配

縦軸に関しては一気に見ていきましょう。

縦軸に並んでいるのは上から「新規参入の力」「競合の力」そして「代替品の力」ですね。

それは順に「新しく業界の利益の分け前をとるもの」
「もともと業界内で利益を分け合っているもの」
そして「業界外から利益の分け前を奪うもの」という意味になります。

そうつまりこれは、業界の利益の分け前を奪い合う構図、
つまり利益分配の構図なのです。

例えば、あなたが健康食品を売るとき、他の健康食品はライバルです。

しかし、
健康を維持したいと考える人が健康食品だけに注目するとは限りません。

もしかしたら、
健康食品を買うお金でフィットネスクラブに通うかもしれません。

これが、縦軸の下に入るものです。

縦軸と横軸の関係性で業界の魅力を考える

新たなアイディア

つまりこの5fとは横軸で業界全体の利益を、
そして縦軸でその分配者の状況を表すのです。

結果、例えば横軸の分析の結果「業界の利益」が薄く、
また縦軸の分析において分配者の数と状況を見ることで「分け前が少ない」となれば、
その業界に魅力はないという結果が導き出せるのです。

これこそが5Fの本質であり、こうした横軸と縦軸に分けた分析ができて初めて、
5Fの基本的な意味を理解できたといってよい、ということになるのです。

テンプレートの画像があります、
ぜひ使ってみて下さい。