業界内での自社の価値を高めるために

どれが良い?

業界内で自社の価値を上げていくために必要なことは何なのか。

たとえば魅力的な新製品だとか、
高スキルを持った社員の導入、
内部留保を使っての設備投資、CM、営業活動……etc

きっと、他にもたくさんの要素が、瞬時に浮かぶ人は多いと思います。

しかし、そんないろいろなファクトのうち、
一体どれが自社の価値を上げることに効果的につながるのかという話になると、
これは一段階難しい質問になるはずです。

なぜなら、それを知るためには、
自社が業界内でどういう立ち位置にあるのかを知らなければいけないからです。

そしてそれを知るために有用なのが、3C分析といわれるものです。

3C分析とは、外部環境の市場と競合の分析から
「Key Success Factor(主要成功要因)」を見つけ出し、
自社の戦略に活かす分析をするフレームワークです。

3Cとは、

  • 「市場(customer)」
  • 「競合(competitor)」
  • 「自社(company)」

の頭文字ですが、以下順番に説明しましょう。

3C分析とは何か。

3C分析&4C分析

(上の図は3C&4C分析です、4つ目のCは流通Channel、ようするに売り方です。今回は説明しません)

まず3C分析を知るには3つのCを知らなければいけません。

①Customer 顧客&市場

まずは、
最初のCそれはビジネスにおいて最も大切な「顧客と市場」です。

いったい自分の企業が属している業界には、
どんな顧客があり、どんなニーズが市場にあるのかを知らなければ、
ビジネスは始まりません。

②Competitor 競合他社

つぎのCはともに同じ業界でビジネスをしている「競合他社」です。
最初のCである「顧客と市場」にたいし、
次のCである「競合他社」がどのような評価を受け、
どう対処し、どう自社と違っていて、どの様な関係性にあるのか。

その分析です。

③Company 自社

そして最後が「自社」です。
つまり「顧客と市場」を分析し、
またそれをもとに「競合他社」の状況を知ることで、
業界の中で自社がどのような位置にあって、そしてどの部分をどうすればいいのか。

その分析を行うことで、
業績の拡大につながるというわけです。

3Cそれぞれの分析の要点

では、それぞれの内容に迫っていきましょう。

①Customer分析の要点

まず、
Customerを分析するうえで必要なのは3点。

それぞれ「市場のマクロ視点」「市場のミクロ視点」「顧客分析」の三つになります。

・市場のマクロ視点

マクロ視点とは、政治・経済・法・社会情勢などから市場を観察し分析する方法です。
市場を、大きなポイントでくくって俯瞰的に見つめることで、その潮流を大まかにつかむという分析です。

・市場のミクロ視点

ミクロ視点とは市場と自社とのかかわりです。
自社にとって、その市場はどんな魅力がありどのような競争環境が存在するのかの見極めになります。

・顧客分析

マクロ視点とミクロ視点で把握した市場において、どんな顧客の潜在ニーズがあるのか。
その影響と結果生まれたニーズを把握し、分析していきます。

②Competitor分析の要点

競合他社が、市場においてどのような「結果」を出したのかを分析します。

その分析は「結果そのもの」と「結果にいたったリソース」の2点から分析し、
そこから、結果の影響や利益、効率性を分析していくことで、
市場内での評価や自社に対する影響も見ていきます。

③Companyの分析

最後に、CustomerとCompetitorの分析結果から、
その結果自社の在り方を分析していきます。

市場のニーズにどう対応していくのか、
その対応は競合他社との関係性においてどのような価値を持つのか。

つまりCustomer&Competitor両者の関係性の中から、
自社の在り方と発展の道筋を分析していくのが、
この最後のC ということになるのです。

古典的で基本的なフレームワーク

3C分析は、
古くからあるフレームワークでその存在はよく知られています。

しかし、この分析方法ぼ価値は、
マーケティングリサーチにおいては時代によらない不変のもので、
WEBマーケティングなどでもよくつかわれる基本中の基本です。

しっかり押さえて、ビジネスに生かしてください。

きっと、あなたを助けてくれます。

フレームワークは、全てツールです。

あなたの考えを助ける道具です。

ですから、理屈の基本的な部分は理解する必要はありますが、あとは使い込むことが重要です。

「フレームワークは、ダメだ」と言う人ほど使い込んでいません。

たくさん覚える必要はないのです。

絞り込んで使いやすいフレームワークを使ってみて下さい。