40歳、起業で自分の輝き増す

40代はちょうど人生の脂がのってくる時期でもあり、
精神的な面でも経験値や知識も充実した人間として成長した時期だといえるでしょう。

会社でも働き盛りで役職を任せてもらえる、
責任のある仕事で部下を指導するなど日々やりがいを感じることが多いはずです。

そんな40代で起業したいと考えるには必ず理由があるはずです。
このまま今の会社に勤めていても将来性がないのでは?

退職金もなく給料もそれほどあがることのない、
そんな会社に居続ける意味があるのだろうかと考える年代でもあります。

40代はまだまだ若く男性でも女性でも「働く」と言うことに対して一番輝ける時期でもあります。

40代からの起業のメリット・デメリットについて紹介します。

40代から起業するメリット

成功への道

40代になって起業することのメリットは、
なんといっても今まで積み上げてきた資産・知識や経験が豊富になり人間としても熟していることにあります。

人脈も多くコネクションなども持っているので、
起業をして軌道に乗せるのはそう難しいことではないかもしれません。

体力も十分にありますし気力さえあればどんなことでも挑戦できます。

あなたのビジョンを語れば賛同してくれる人を探すのだって難しいことではないはずです。

40代はあなたが積み上げてきた集大成ができあがっている時期でもあり、
あなたの経験を活かせば専門的な分野の起業だって成功させることができます。

経験値が高いからこそ安心して起業ができますし、
慌てずにどんなことでも対処できるので失敗も減ります。

40代から起業するデメリット

不安と失敗

40代から起業をする場合、後戻りができない点は忘れてはいけません。

転職するのさえ難しい40代が起業をする場合、
再就職はしない」と決めてから行動に移すのをおすすめします。

またしっかりと起業のための資金を蓄えておくことも重要です。

起業してすぐに軌道に乗せるのは難しいので、
しまいには生活費が尽きてしまい大切な家族との生活にも影響が出てしまうことになります。

もちろん起業をしていく上で家族の理解も必要です。

中には家族の理解を得ずに起業をスタートさせてしまう人もいるのですが、
何かあったときに支えてくれるのは家族の存在です。

どのぐらいの収入があってやりくりをする予定なのか、
今後の生活をしっかりとプランニングした上で説明する必要があります。

もちろんそのために一生懸命努力している姿を見せることも大切です。

40代から起業をするのであればまずは副業もしくは自分サイズ起業をして、
生活に影響ができない段階から挑戦していくのをおすすめします。

良い悪いは、別にしてお国の方針である「働き方改革」によって副業はやりやすくなりました。

積極的に活用しましょう。

40代といっても起業は1年生

40代から起業をする場合は、
1日でも無駄にせず早く準備を始めるのをおすすめします。

会社の中ではある程度の地位や役職があるといっても、
起業を始めて1年目になるので年齢を問わず20代・30代から学ぶこともあると思います。

その学びを若造の話なんて・・・・・・と聞かないプライドばかりが高くなってしまうと起業を成功させるのは難しくなってしまいます。

いくら年代が若いとはいっても起業を成功させている人から話を聞いて学べることはたくさんあります。

例えば起業するとすべての作業を自分で行わなくてはいけなくなります。

税金や保険などの手続き、
営業や経理的な面など外注に依頼することもできますが、
起業する上である程度知らないと意味がありません。

起業してから学ぶことはたくさんありますので、
自分の今まで経験してきた知識や技術を活かした起業ができるように努力することが大切です。

40代からの起業は期限を決める

諦めずにTRY

40代から本当に起業がしたいのであれば「スタート日」を事前に決めることをおすすめします。

何年の何月にスタートするのが具体的に決めると、
その日からカウントダウンが始まります。

スタート日はあまりにも先の日程だと具体性が無くなってしまうので、
半年~1年ぐらいの間で設定しましょう。

40代から起業をする時に会社員を続けながら起業の準備をする場合が多いのですが、
会社員のままだと起業においてお金のリスクはありません。

そのため準備期間といいつつダラダラとその期間を伸ばしてしまいがちなのです。

会社を辞めて起業するといいながら、
その決断がなかなかできずに過ぎてしまう人も多いのです。

時間が経てば経つほど起業のリスクは大きくなりますので、
やると決めたら必ず具体的な日程で無理なく準備を進めていけるようにしてください。

40代から起業をするのはメリットもあればもちろんデメリットもあります。

会社員としても安定した時期になりちょうど脂ののったいい時期です。

そのタイミングで起業をするのは家族の生活を考えた上でもリスクがあります。

でも40代はこれからの長い人生を考えた時にまだまだ挑戦できる年代でもあり、
家族の幸せや老後のことを考えるからこそ起業に挑戦して生涯の仕事を手に入れるチャンスでもあるのです。

40代からの起業は絶対に後戻りしない気持ちでがんばりましょう。

しつこいですが、小さな失敗を恐れてはいけません

そして、大きな失敗をしないで下さい。

計画は慎重に、行動は迅速にです