Wixを使いこなすために

「Wix」で楽々ホームページ作成』、『「Wix」でSEO対策』の2つのコラムで「Wixでホームページを作る」ことをご紹介してきました。
今回は、Wixでホームページを作るうえで、知っておきたいWixの長所と短所をわかりやすくお伝えしていこうと思います。

Wixでホームページを作るメリットとデメリット

HTML・CSSがわからなくてもホームページを作成可能であるとか、デザインテンプレートが豊富にあることは、Wixの大きな特徴です。
他にも、動きをつけたページ作りも簡単、様々な機能の組み込みも簡単などもありでしょう。
今回は、デメリットも含めて、特徴のひとつひとつを具体的に見ていきましょう。

メリット1:HTML・CSSがわからなくてもホームページを作れる

ホームページの作成は、用意されているコンテンツをただクリックするだけでOKなのです。
HTMLのコードを書いてホームページの制作をするには、それなりの勉強が必要です。
しかし、Wixならそんな知識は不要です。
ホームページ作成の専門知識がなくても作れてしまう便利さは、Wix利用の最大のメリットと言えるでしょう。
前回のコラムでもお伝えしましたように、マウス操作のドラッグ&ドラッグで、デザイン・レイアウトが完了できますから、感覚的に作成できる楽しさがあります。
イメージとしては、パワーポイントの操作に近いと思います。ペライチよりも自由度は高いです。

メリット2:デザインテンプレートが豊富にある

実際にWixを始めてみるとわかるのですが、Wixには利用できるデザインテンプレートが500種類以上もあります。
また、1万点を超える写真や動画素材にも無料でアクセスすることができますので、ホームページの個性あるデザインを作りこむのも夢が膨らみます。
もちろん、ビジネス利用にも可能なことから、スマホ用モバイルサイトの編集も簡単にできてしまうのもメリットのひとつです。
業種や用途ごとに、テンプレートがカテゴリー分けされていますので、ご自身の業態に合わせたデザインテンプレートを簡潔に選ぶことができます。

メリット3:動きをつけたページ作りも簡単

画像ギャラリーから画像を入れ替え、動きをつけて表現することができます。
また、「アニメーション効果」という設定もあり、ページ表示のときに動きのあるページ展開が可能です。
専門技術がないとできないような、こうした動きのあるホームページ作成もマウス操作だけで作ることができるのは魅力のひとつです。

メリット4:様々な機能の組み込みも簡単

Wixのホームページ編集ページには、【アプリ】という項目があり、音楽配信、写真ギャラリー、ネットショップ、オンライン予約、お問い合わせフォーム、Google マップ、SNS ボタンなど、200以上の機能が用意されています。
こうしたアプリもクリックするだけで、簡単にホームページに組み込めるため、ホームページの充実を図るのに、とても便利であると言えるでしょう。

Wixの弱点、デメリット

さて、メリットをご紹介していきましたが、どんなことにもメリットばかりではなくデメリットもあります。
例えば、無料版のままで利用しますと独自のドメインが使えないとか、Wixの広告が表示されてしまうなどがあります。
これは、ビジネスユースのホームページ作成の場合、サイト訪問者への印象としてはあまり良くないことかもしれません。
ただ、これは有料版を選択して運営すれば済むことですので、大きなデメリットとは言えないでしょう。
それよりもWixを利用するにあたり、以下の3点は大きなデメリットです。

日本語の電話サポートをしてもらえない
テンプレートは一度選んだら変更できない
サイトデータの書き出しができない

上記の3点はホームページ作成上のデメリットとなるかもしれませんのでご紹介していきます。

デメリット1:日本語の電話サポートをしてもらえない

Wixは英語、スペイン語、ポルトガル語の電話サポートはありますが、日本語での電話サポートがありません。
そのため、自分でWixの公式ページの「よくある質問ページ」から、問題解決の方法を見つけるという手間がかかります。

デメリット2:テンプレートは一度選んだら変更できない

Wixでは、ホームページを作成の最初の段階で、数多くあるデザインテンプレートの中から、吟味を重ねてテンプレート選んでおく必要があります。
その理由は、ホームページ作成途中で「こういう感じのデザインもいいなぁ」と感じたときに、新たなデザインテンプレートを採用したいと思っても、変更ができないということなのです。
ホームページ作成の段階で、デザインテンプレートをじっくり探していくことでこのデメリットは避けることができることでしょう。
しかし、いくら吟味しても後で、やはりこちらの方が良かったっと思うことはあるはずです。
こんなとき、Wixでは変更ができません。

デメリット3:サイトデータの書き出しができない

ホームページをWixで公開した後、他のCMS(註1)やホスティングサービス(註2)へデータを移行することができません。
これは、Wixで作成されたファイルを外部ホストにエクスポートするオプションがWixでは提供されていないからです。
つまり、Wix で作成されたデータの書き出しができないことから、Wixのサーバーでしかホスティングされないことになります。

Wixの総まとめ

Wixのメリットとデメリットをお伝えしてきましたが、デメリットと言われる事柄もそれなりの対策を取ることで解決できることもあります。
そのため、一概にデメリットがあるから使えないというわけではありません。
十分に考えて選択しましょう。
大切なことは、メリットとデメリットの両者を把握したうえで、導入の検討をあらかじめきちんと考えておくことが重要だということです。

註1:CMS(Contents Management System)とは
CMSとは、HTMLやCSSのようなWebサイトの制作に必要な専門知識を必要とせず、テキストや画像などの情報を入力するだけで、サイト構築を自動的に行うことが出来るシステムのことです。例えば、このWixは、もちろんのこと、ペライチなどもその通り。また、最大のCMSは、ワードプレスであることも忘れないで下さい。CMSを導入することで、Webページの作成や更新を簡単に行うことでき、初心者でもWebサイトを運用することができます。