作ることなら簡単な時代

インターネットのインデックス
WixやJimdo、ペライチなど、
便利なITツールが提供されています。

ハッキリ言って、
無料で簡単にホームページを作ることができる時代です。

しかし、逆にホームページを作ったからと言って、
問合せが増えたり、商品が売れたりする時代ではなくなりました。

誰も彼もが「ホームページ」なら持っています。

日本の法人、個人事業主の86%は何らかの
ホームページ(フェイスブックページやランディングページも含む)をネット上に公開しています。

ざっくり言って、ビジネス用のサイトだけで1,200万サイトあるという話です。

これでは、ちょっとやそっとで検索上位にはならないことはお分かりですよね。

しかし、毎日更新を続けているサイトが少ないのもまた事実。

フェイスブックページやランディングページは、
元々更新すると言う考えがあまりありません。

また、ホームページの制作会社で安く作ると、
今度は更新のたびに費用が発生します。

そのため、毎日更新は無理と言う場合もあるでしょう。

ちなみに、上記1,200万のサイトの中で毎日更新されているのは、
1%以下、週1回でも20%程度しかないのが現実です。

私のサイトは、現在週4回のブログ更新の他、
古い記事の修正(誤字・脱字も含みます)をほぼ毎日行っています。

ですから、一般的なブログ記事の人気カテゴリー

  • 健康
  • 投資
  • 美容
  • ファッション
  • 趣味
  • 芸能

これらに関する記事は一つもないのに、アクセス数は上昇してきました。

とは言え、今年の2月1日に公開して、6月過ぎてから増えたのです。

4ヶ月掛かっています。

ホームページは、育てる時代

育てる
作っただけでは、問合せはこない。

でも毎日更新なんてできない。

お金も掛かる。そう思って諦めていませんか?

諦めることはありません。

先ずは、WixやJimdo、
あるいはワードプレスを使って自分のサイト(ホームページ)を作りましょう。

これは、あくまでビシネス用のサイト(ホームページ)です。

ですから、SNSで公開するように、どこに行ったとか、
何を食べたというような記事をアップしてはいけません。

あなたのお客様が必要とする情報を提供して下さい。

このとき、出し惜しみしてはいけません。

そんなことをすると直ぐに出し惜しみしていることが伝わります。

ビジネス用のサイトは、あくまでお客様との関係を構築するためのものです。

あなたが、お客様の困り事について、
専門的に詳しい人であり、信頼できる人であることを見せるためのものです。

ですから、料金やサービスもなるべく分りやすく伝えて下さい。

それをなるべく毎日、最低でも週3回1年間ブログを更新して下さい。

記事数で言えば1年51週間153記事になるでしょう。

その他に固定ページも20ぐらいは作るのです。

Q&AやFAQは絶対に必要です。

Q&A

変化に対応しよう

「昔は良かった」これは、良く聞く台詞です。

ビジネスを展開する上でこんなことを言っても仕方がありません。

現代を代表する名経営者たとえば、
孫正義、柳井正、永守重信、誰に訊いたって「昔は良かった」何て言いません。

ちょっと、話が大きくなりましたが、
インターネットのように変化の激しいインフラ?の使用に関しては、5年単位で大きく変わってしまうと思って下さい。

今後も、どんな新しいサービスが生まれてくるか分りません。

ただ、どんなサービスが生まれてもご自身の情報発信はご自身以外にできないのです。

あなたのビジネスはあなたが情熱を持って進める以外にありません。

もちろん、部下、外注他に依頼することは可能ですが、
元は自分で発信するしかありません。

今後、生まれるサービスは、ますます操作が簡単になるでしょう。

難しい使いにくいサービスが新たに出てくるはずはありません。

逆に言えば、誰も彼もがホームページやブログをつくります、
要するに競争相手が増えると言うことです。

その中で少しでも競争優位に立つには、毎日の情報発信に慣れることです。

これ、不思議でも何でも無く、毎日更新するから楽にできるのです。

才能は不要です。コツコツPDCAを続けるだけです。

これまで、起業すましたという方を支援してきました。

「売上げがあがりません」「問い合わせがふえません」と言う方に
「何をしていますか?」と伺うと、結局の所大したことはしてないのです。

「ホームページを作りました」「名刺を作って異業種交流会に参加しています」こんなものです。

ブログは毎日更新していますと言う方は10名に1名程度です。

「そんなに甘くはないよ」と言いたくなります。

PDCA