ノマドの道具

現在ノマドワーカーの人も、
これからノマドワークを考えている人も、
必要な知識がないと簡単にはいきません。

その中でも特に必要なものは、というよりも、
それがなくては始まらないというものが「ノマドワークに必要なもの」つまり、その準備です。

ところが、ノマドワークという働き方が定着していない成果、
現在ノマドワーカーの人でさえ、その必要最低限を満たしていない場合があります。

というわけでここからはノマドワークにお必要なものを見ていきましょう。

当然ですが、下の小道具達は全て所有しています。

ノマドワークに必要な物(ハード&アイテム)

ではまず、物理的なハードやアイテムから見ていきましょう。

モバイルツール

モバイルデジタルデバイス。

これは、基本的にはないと話にならないものです。

これからの時代を考えれば、スマホやタブレットでもよい時代がやってくるかもしれませんが、
今のところはモバイルパソコンいわゆるノートパソコンがないと仕事にはなりません。

またスマホに関しては、仕事用とプライベート用の2本は最低必要です。

充電器

細かいことのようですが、ノマドワーカーにとって命ともいえるのが“電力”

とくに、安定して供給できる電源がない場合も当然想定できる以上、
持ち歩くことのできるモバイルバッテリーはなくてはならない必需品であるといえるでしょう。

当然のことですが、電源を確保できず電力が枯渇すれば、
ノマドワーカーはただの街をぶらつく人でしかないのです。

カバン

サムソナイト3Way バック
これも当たり前のようですが、
これをおろそかにすると大きなミスにつながります。

というのも、ノマドワーカーがカバンの中に入れているのはただのパソコンでも資料の束でもなく、
仕事における重要書類や顧客の大切なデータです。

雨や埃、その他の外部の悪影響要因から守れるものでなければなりません。

防水は当然のこと、ショックに強い革製の物、
特に背負える系のカバンがおすすめです。

特に防水性は重視して下さい。

また、折りたたみ傘は鞄に入れておきましょう。

ノマドワーカーに必要な物(ソフト)

次にソフト面を見ていきましょう。

チャットアプリ

SkypeやZoomはもちろん、
chatwork
などビジネスにおいて使い勝手のいいチャットアプリは必須です。

というのも、ノマドワークにとってクライアントとの連絡は基本的にネット上で行われますし、
いつでも電話という手段が使えるとは限りません。

社会人の基本が報連相である事は、
自由なノマドワーカーでも同じ。

連絡手段の確保は、事務所を持たないノマドワーカーにとって必須の条件です。

各種ビジネスソフト

会計ソフトやCRM、
つまり顧客管理ソフトなどのビジネスに使える各種ソフトは必要になります。

これは、当然その職種によって変わるでしょう。

私の場合、エディターで文章を書きますので、秀丸は必須です。

オフィス系は、「オフィス365」を使っています。

これはノマドワーカーだけではなく、
独立起業しているフリーランスにとってはみな必要なものといえますが、
特にネット上で仕事を完結させることの多いノマドワーカーにはより重要になります。

事務所を持たないノマドワーカーにとってパソコンは事務所そのものなのです。

心構え

ある意味、精神的な面、つまりマインドも重要なソフト面の話。

ノマドワーカーにとって、
このノマドワーカーとして生きるというソフト面の充実は何よりも大切で必要なものです。

士業関係者にしろそうでない人にしろ独立起業するということの意味は、
人それぞれ全員違うものです。

同時に、そうやって起業したビジネスを、
どのようなライフスタイルの中で実現させていくかというのも、
また100人いれば100人違うビジョンの中にあるはずです。

きちんとしたマインドとそれに付随するビジョンがなければ、
ノマドワーカーは務まりません。

コスト意識

はっきりって、これがないノマドワーカーは必ず破綻します。

そもそも、ノマドワークとは、コストをあまり必要としないことがその魅力の一つでもあるのですが、
逆にそれであるからこそ無理な働き方やおしゃれ感を求めてコストが大きくかかる場合があるのです。

ノマドワークは自由な生き方です、
しかし当然それはビジネスでであることを忘れてはいけません。

そして一番大切なもの、それが「自サイト」

自分のサイトトップページ

最後に最も大切な道具です。

ノマドワーカーにとって大事なものを見てきましたが、
その中でも一番大切なものが「自サイト」です。

ノマドワーカーとは事務所や店舗を持たない働き方なのですが、
とはいえ、クライアントなど様々な人との関わりは必要になりますし、
信用や安心感を与える拠点は必要になります。

そう、そのノマドワーカーにおける「拠点」こそ「自サイト」なのです。

繰り返しになりますが、
ノマドワークの利点とは「自由」であること。

しかし、ビジネスにおいて拠点を持たない自由はただの無責任でありいわゆる根無し草でしかありません。

そう、ノマドワークをしっかりと根付かせ、
地に足の着いたビジネスに変える「自サイト」の存在を無視してノマドワークはできないのです。

というわけで、次回は、
ノマドワークにとって「自サイト」の重要性についてみていきましょう。