ホームページをビジネスの起点にする

ホームページ

ノマドワーカーにとって最も重要な「自サイト」つまりホームページ。
とはいえ、ただ作ればいいというわけでもなく、リアルに拠点を持たないノマドワーカーにとって、そこは店舗であり事務所であり、またサイトの主の人となりを表す名刺のような場所。
作っていないのは問題外でも、適当な場所を作ったのでは、ないよりもより悪いということにさえなりかねません。
そこで、おすすめなのがWordPress。
WordPressを使って、集客できるホームページ作成するところから始めることをお勧めします。
今、最も人気あのあるといっても過言ではない、このWordPressがなぜノマドワーカーに最適なのか。
そこに迫っていきましょう。

WordPressとは

簡単にWordPressのおさらいです。
WordPressとは、もともとブログ作成ツールとして制作されたソフトウェアで、その後、あらゆる面でブラッシュアップとグレードアップを重ねることで、総合的なサイト作成ソフト(CMS:コンテンツ管理システム)として発展しました。
いまや、個人ブログや個人サイトのみならず、企業や公的機関までもがその性能の高さから使っている、現代を代表するサイト作りの要になるものです。
では、WordPressの何がいいのか。ここからWordPressの良さと、なぜそれがノマドワーカーに最適なのかを見ていきましょう。

WordPressなら簡単に自サイト(=ホームページ)が持てる

とにかくWordPressは簡単にサイトを作ることができます。
しかし、これはほんの序の口です、また、ノマドワーカーに特化した利点というわけでもありません。
ただ、作りたいと思ってからすぐに作れるというのは、即応性という点で今どきのビジネスには大切なことでもあります。
ランディングページだけでは、どうしても発展性に乏しいのです。

WordPressは個性が上質に表現できる

ノマドワーカーにとってサイトの個性とは、自分自身の個性です。
そして、個人事業主、いわゆるフリーランサーでありながらノマドワーカーであるというパーソナリティーは個性によってより輝きを増します。
ですので、サイト自体の個性、しかもハイセンスな個性というのは重要な要素です。
その点においてWordPressは、様々なテンプレートが用意されていて個性を発揮しやすい作りになっています。
それだけではなく、デザインテンプレートはモノによってはとてもセンスの低い、いわゆるダサいものが多い中、WordPressのテンプレートはどれもハイセンスなものがそろっています。
サイトを開いた途端「この人に仕事を頼むのはやめよう」と思われてしまうダサいサイトには、ならないのです。

WordPressにはプラグインが豊富

ノマドワーカーにとって、自サイトは多機能でなくてはいけません。
ただ商品を閲覧できるですとか、ブログがある、もしくは業務内容の説明があるというのでは、実店舗や事務所を構えているような人と対等に渡り合っていくことはできません。
その点、WordPressにはプラグインが豊富。
プラグインとはいわゆる自サイトにおけるアプリケーションのようなもので、その種類が豊富であるという事はカスタマイズ次第で様々な機能をサイトに持たせることができるということになります。

WordPressはSEOに断然強い

ノマドワーカーにとって自サイトの露出度はそのまま自分の知名度につながります。
つまりなにかというと、ノマドワーカーが使う以上SEOに強くなくてはいけないということなのですが、WordPressはそのあたりにおいて十分な能力を持っています。
現在検索対応の対象はほとんどGoogleですが、そのGoogleのエンジニアがWordPressのSEOを評価するくらいですから、ある意味お墨付きです。
SEOに強いプラグインもそろっていて、初心者でもこなせる基本的なことから、かなり実践的なところまでしっかりと対策が取れるのがWordPressなのです。

WordPressはセキュリティーが鉄壁

ノマドワーカーにとって自サイトのセキュリティーは会社のセキュリティーと同義です。
あなたがサイト運営を行うそのPCで管理しているのは、あなたの財産ともいえる重要情報であり、中には顧客のプライバシーのあるはずです。
そんなノマドワーカーにとって、サイトのセキュリティーは重要を通り越してもはや命です。
その点、WordPressはそれ自治のセキュリティーも頻繁なアップデートが行われていますし、セキュリティーに関するプラグインも多く存在します。
しかも、セキュリティーの更新は初心者でも簡単に更新でき、安全です。

WordPressは汎用性が高い

WordPressは今や世界でもっとも有名なサイト作成ソフトです。
もし使用に手間取るようなことがあってもネットの至る所で使い方の解説や情報を手に入れることができ、様々な情報交換も手軽に行えます。
また、自サイトやホームページ作りのコンサルタントも、WordPressに準拠している場合が多く、WordPressを使うことで、さらなる今後の発展を期待できるのです。
アップトゥデイトに最新情報を手に入れていくのは、最先端の働き方を選んだノマドワーカーにとって大切なことなのは、もはや常識です。

ノマドワークにはWordPressはもはや常識

走り出す

ノマドワーカーにとっていかにWordPressが使えるツールなのか。
ノマドワークとは何かから4回にわたってお送りしてきましたが、つまりは、最先端にあって常に変化を求められ、そして拠点を持たないという特徴を持ったノマドワークという働き方には、変化に対応力がありなにより上質なサイト作りを“簡単”に行える環境は必須だということです。
そしてそれが、現代においてはWordPressなのです。
もし今後サイト運絵を始めようとするノマドワーカーの方や、ノマドワークに挑戦しようという方は、ぜひWordPressへの挑戦を同時に始めてみてください。
そこから始まるのは、あなたのネット上の拠点づくりなのですから。