フリーランサー必見WordPressが必須なわけ

いまや自サイト、つまりホームページを作るうえで欠かせないツールである、WordPress。

ところが、中にはWordPressでないもので自サイトを作成し、
フリーランサーとしての仕事をしている人も間違いなく存在します。

しかし、ここでは誤解を恐れずに
「フリーランサーにWordPressは必須です!」と断言します。

それはなぜなのか?

理由は一つ、あまりにありきたりではありますが「みんな使っているから」です。

フリーランサーにとって自サイトの意味とは。

ここでは、
自サイトというものが看板であり店舗でもあるという基本的なことではなく、その一つ先。

フリーランサーとして、自分の存在を世間に対して認知させるうえでどういうものかを考えていきます、
そう、それは自己表現としての自サイトの存在です。

フリーランサーに個性は重要 個性こそフリーランスの宝

フリーランスの仕事というのは、「誰でもできる」仕事であってはいけません。
というのも誰でもできる仕事というものは、別にフリーランサーに頼まなくても大手企業に頼めばそれでいいのです。
そちらの方が信頼度は高く、また品質の保証もあります。
つまり、いったんフリーランサーとして仕事をはじめた以上、そこに必要なのは当たり前のスキルではなく個性的なスキルです。
最も簡単でわかりやすいものであれば、おすすめはできませんが「激安」というのも個性です。
しかし、それはあまり安易な個性の出し方ですから、例えば、大手ではありえない冒険的な仕事ですとか、先鋭的なアイデア、早さ、正確さなど売りになる特徴が必要なのです。
そう言った個性の発揮こそフリーランサーを成功に導くカギなのです。

個性は第一印象で伝える 個性の第一印象は自サイトできまる

フリーランサーが自サイトを作ったとき、
他と変わらない普通のサイトでは話になりません。

いくらサイト内に、自分の個性に言及する文章や説明、
はたまた実績を乗せていてもクライアントにその個性を主張するには程遠い結果となるでしょう。

なぜなら、人間は第一印象で多くの決定を下してしまうからです。

それである以上、もし自サイトで個性を発揮しようと思えば、
ある意味フロントページを開いただけで、個性を感じるものでなくてはいけません。

このサイトの持ち主なら先進的な仕事をしてくれそうだ、
より堅実な仕事を頼めそうだ、何か面白い提案があるに違いない。

そう思わせることができるのかどうか、それは大きなファクトです。

変わった自サイトでも使い勝手は必要 使いにくい個性は論外

とはいえ、いかに個性を発揮していても、
そのサイトに汎用性がなくては意味がありません。

どこをクリックすれば何がどうなるのかよくわからない、
インターフェースが複雑でうんざりする、
どこに何を書いているのか全く分からない、普通に使い勝手が悪い。

こういう、ユーザビリティを無視した個性は、むしろマイナスポイント

というのも、自サイトはクライアントにとってはあなたへの注文や質問を行う窓口なのですから、
窓口までの道が迷路ではだれもあなたに仕事は頼まないのです。

個性と汎用性の両立、
これこそフリーランスの理想の自サイト、つまりホームページです

分かり難い

WordPressは個性と汎用性の両方に最適

フリーランサーの自サイトは、個性と汎用性が必要。

自サイトの個性で自分らしさをアピールし、
そして汎用性の高いユーザビリティ重視のサイトでクライアントの利便性を上げる。

その点において、WordPressは欠かせないツールなのです。

WordPressで個性を発揮① 豊富なデザイン性

WordPressはそのデザインテンプレートの豊富さが魅力の一つ。

無料の物は当然、
様々な有料のテンプレートがWordPressテーマとして様々なクリエイターによって発表されていて、
その多様性は他の追随を許しません。

もちろんそれには、
WordPressの汎用性の高さがあるのですが、一番はその普及度。

ものすごく簡単な話ですが、みんなが使っているからこそ、
豊富なテンプレートが存在しているのです。

個性を十全に発揮するには、これは欠かせない特徴です。

WordPressで個性を発揮② 使いやすいブログ機能

サイト訪問者は、
いつもフロントページから入ってくるわけではありません。

SEOをきちんと意識した記事をブログとして掲載しているのであれば、
そのブログ記事から流入してくる訪問者はかなりの数になります。

そんな時もWordPressなら、個性発揮には最適。

なぜならWordPressはもともと“ブログを作るためのツール”だったのですから、
ブログ作成に関してはお手の物の、ある意味専門分野。

そう、WordPressなら数多く読みやすいブログ記事を作成し、個性をアピールできるのです。

ワードプレスのブログ機能

WordPressでユーザビリティ向上

そんなWordPressですが、
サイト訪問者にとっても非常に使いやすいサイトが作れます。

といっても、別にそれはWordPressに特別な機能があるというわけではありません、
実はこれも普及率の高さに関係するのですが、
似たようなシステムのサイトが多くあるということなのです。

そう、デザインが個性的で、個性的なブログがいくつ掲載されていようと、
サイトそのもののシステムはよくあるサイトの作りになっている。

これでこそ、訪問者のユーザビリティは向上するというもの。

それこそ、普及率の高いWordPressの持つ大きな利点なのです。

他にもまだあるWordPressの利点

個性と汎用性を両立させるWordPress。

もちろん他にもフリーランサーに最適な理由はあるのです。

クリエイティブに生きる

WordPressで自サイトが作れる←これ自体がビジネスになりえる。

今、最も使われているWordPressですから、
使いたいと考えている潜在需要もまた頭一つ抜けているはずです。

そうであるならば、WordPressで自サイトを自由自在に作れるというスキルは、
もはやビジネスとしてお金を生み出すことのできるスキル。

新規サイト立ち上げやプラグインを使ったカスタマイズなど、
いわゆるWordPress案件でお金を稼ぐことだってできるのです。

ポートフォリオが簡単に作れる。

クリエイティブな仕事が中心になるフリーランサー。

そんなフリーランサーにとって、
大事なものが「ポートフォリオ」いわゆる作品集です。

それはある意味自分というフリーランサーのカタログであり、
クライアントがあなたに仕事を頼む場合に選択の基準となるものです。

そして、WordPressならばこのポートフォリオが簡単に作れます。

個性的なサイトを作ることができるWordPressですから、
これはかなりいいものができると期待できます。。

まずは無料ホスティングで。

いかがでしたか、
とはいえいきなりはなぁという人は、初めは無料ホスティングで使ってみましょう。

フリーランサーにはコスト意識は必須ですから、
その身長差はむしろ重要なマインドです。

ただ、使ってみれば、
より魅力を感じるだろうことは間違いなしです。

WordPressの実力のほど、試してみてはいかがですか?