ノマドはメルマガでプッシュしろ

ノマドワークは、いま日本にある働き方の中でも究極に先進的な働き方です。

店舗や事務所といった決まった本拠地を持たず、
遊牧民(ノマド)の様にいろいろな場所を転々としながら、テレワークの手法で仕事をこなしていく。

しかし一方、メルマガという手法は、まさに古典的で使い古された手法。

この、最も先鋭的な働き方と古典的手法には、
一見整合性はなく親和性も乏しいように感じられます。

しかし、この新旧のマッシュアップこそ、
ノマドワーカーの仕事をより効率的にそして収益アップにつなげていくマリアージュなのです。

(註-1:マッシュアップとは、いいとこ取りです。元の意味は、2つ以上の曲から片方はボーカルトラック、もう片方は伴奏トラックを取り出してそれらをもともとあった曲のようにミックスし重ねて一つにした音楽の手法です。)
(註-2:マリアージュとは、結婚のことですが、もともとふたつで別々だった存在があたかもひとつの存在のように調和した状態になることを、詩的に(メタファー的に)「mariage マリアージュ」と言います。)

ノマドで稼ぐなら、ワードプレスのホームページとメルマガは必須と思ってください。

メルマガであなたの言葉を届ける

ノマドに必須なポイント、それは小さなコミュニティ

ノマドワーカーにはたくさんの形があります。

ある意味形にとらわれないことがノマドワークの良いところなのですから当然なのですが、
そんなバラエティに富んだのまでワークにも一つの共通する必須ポイントがあります。

それが「小さなコミュニティ」の形成です。

ノマドのポイントは交流の要となれるか。

ノマドワークは、一つの拠点を持ちません。
それはある意味物理的な拠点の話ではあるのですが、
このことから、ノマドワーカーにとって最も必要なことは、
自分がコミュニケーションの拠点となれるかにかかっているのです。

つまり、場所という拠点がないのですから、
関係性上での拠点となる必要があるのです。

ノマドワーカーひとりの存在がほかの様々な人たちを繋げ、シナジーを生み出す交流点となる。
このネットワークの中心点ともいえる存在の在り方こそ、
ノマドワーカーの目指すべき場所です。

足で稼ぐのにも限度がある

この、小さなコミュニティにおける交点として存在するためには、
その行動力が一番のカギです。

コワーキングスペースやセミナー会場、
講演や交流会に足しげく通い、
そこで新しい人脈を作りコミュニケーションの網を広げていく。

これがやはり一番堅実な方法ですが、
人の身体は当然一つしかありませんから、これには限度があります。

しかも、そんな地道な活動に日々の時間を費やしていたら、
何のために自由なノマドワーカーになったのやらわかりません。

そこで必要となるのがよりダイレクトで範囲の狭い、
そして手軽でネットを介して行える「コミュニケーションツール」なのです。

ダイレクトで小規模なコミュニケーションツール=メルマガ

そこで登場するのがメルマガです。

メルマガはネット上に存在するコミュニケーションツールの中でも、
きわめてダイレクトでまた範囲を絞ってよりパーソナルな交流を持つことができるツールです。

しかも、メルマガは記事さえ更新すれば、パソコンの前だけでその配信は完成します。

そこに書く内容は、日々の出来事でもいいですし、
交流を持った人たちへの連絡やお知らせ、もしくはビジネスの販促でも構いません。

その内容が何であろうとメルマガが産み出すその関係性は、
いつでも発信者を中心に形成されるコミュニティになるのです。

もちろん、業種によってはメルマガよりもSNSが良いと言う場合もあるでしょう。

しかし、2018年の現段階においてもメルマガは有効な情報発信ツールです。
特に、高額な商品を扱う場合は積極的に活用して下さい。

SNS

ノマドにとってのメルマガはあなたの存在の証

拠点を持たないノマドワーカーにとってメルマガは個人の存在の証ともなり得ます。

1人のノマドワーカーが、今どこにいてどんな仕事をしているのか。

どんな人たちと関わりを持ち、交流し、どんなプロジェクトを抱えていて、
そこには今一体どんなピースが足りていないのか。

メルマガを受け取る人たちは、
その情報をもとに、
発信元のノマドワーカーを経由してビジネスやコラボレートといった新しいシナジーを生み出そうとすることができます。

そう、一人のノマドワーカーがそこにいることを証明することで、
その場所が基点となるコミュニティが生まれるのです。

最先端のノマドにこそ古典的なメルマガ。

それは、ノマドワーカーの存在の証となるコミュニケーションの基点を生み出す組み合わせなのです。

既に言及されていることですが、コミュニケーションは、回数を重視すべきです。

一度に、長く接するより何度も何度も接する方と効果があがります。

ブログもそうですが、メルマガも発信回数を上げて下さい。