せっかくホームページを作っても問い合わせが少ない

助けて

そんなお悩みを抱えている人は、
世の中の中小企業を中心にたくさん存在しています。

ハッキリ言って、特殊な事例ではないのです。

集客できるホームページを作るにはそれなりの、努力と根気が必要です。

誤解しないで頂きたいのですが、
才能や特殊な能力は必要ないと言うことです。

簡単なことの積み重ねが重要なのです。

しかし、なぜか皆さんそれをやりません。

ではなぜそんなことになってしまうのでしょうか。

今回は、そんなお悩みについてまとめてみました。

何故ホームページからの問い合わせが少ないのか?

ではまず、何故ホームページからの問い合わせが少ないのかを見てみましょう。

業者に任せればいいと思っている

丸投げ

ホームページの効果が上がらない場合、
一番多いのがこの業者に任せっきりのパターンです。

確かにホームページの制作会社はその道のプロではありますが、
だからといってすべての業者が最新の知識を有している有能な会社であるとは限りません。

また、実際ほとんどのホームページ制作会社は、
デザイン会社であり集客やマーケティングの知識・ノウハウはないのです。

刻一刻と変わるネット上の様々な情報や状況に対応できる業者でなくては、
大きな効果は得られないのです。

ホームページを自己満足で作っている

ホームページの作成に、個人の趣味が優先している場合もなかなか効果は上がりません。
以下は、中小企業のホームページでよくある勘違いです。

  • 業務とは全く関係ない趣味の写真や文章が載っている
  • まったく集客に効果のない経営者の個人的な日記を掲載している
  • 会社の歴史を長々掲載している
  • 自分の主張ばかりで、お客様の視線で作られていない
  • お客様の求める情報が少ない、あるいは無い

上記は、ホームページの目的意識を失っています。
ホームページは、様々な企業が集客の一点を狙って大量にネット上に作っています。

そこに半分趣味のページを紛れ込ませても、
集客につながることはないのです。

お金をかけないで済まそうとしている

無料サイト、無料ブログ、無料ホームページ等々、ネット上には様々な無料サービスが存在します。
無料サービスの中には、使いやすく、業務でも立派に使えるサービスも多く存在します。
例えば

  • グーグルサーチコンソール
  • グーグルアナリティクス
  • フォームメーラーなどの問合せページ

しかし、全てを無料で済ませるのは少し無謀です。

一般のビジネスと同じように、結果を求めるならコストは必要。

コストを削減すると追うことは、
それだけ効果の削減につながることもあるということをしっかりと認識しておきましょう。

ホームページに情報量が乏しい

そもそも、
ホームページは検索結果に表示されないと人は訪れてくれません。

そしてより多く検索されるためには、サイト内に多くの情報量が保持されていないと、
検索上位どころか検索する情報すら存在しないということになります

サイトにはできるだけ多くの情報を用意し、
少しでも検索結果を行くするように努めておく必要があるのです。

ホームページからの問い合わせを増やすためには

それではホームページからの問い合わせを増やすためにはどうしたらいいでしょう。

業者に任せきりにしない

良心的な業者なのか、能力が低い業者なのかはすぐにはわかりません。

そのために必要なことは、
自分のホームページがきちんと機能しているのかというのを、
きちんと自分でチェックしておくことが必要です。

グーグルアナリティクス等の無料サービスを利用しながら、
自らのサイトへの閲覧者の流入量などをしっかりと把握する。

あるいは、SEOについての知識を自らある程度つけておくことが必要です

検索上位を目指すことを第一目標に

自らホームページを作る時は、
趣味や好みよりも検索上位を目指すことが重要。

自分の会社のホームページが、
集客のためであるということをきちんと理解しておくのであれば、
一番に考えるべきはそこになるはずなのです。
ここでもSEOなどの検索上位に反映される知識を使って、
その条件をこそ一番の優先事項としてホームページを作らなければいけません。

愛犬の写真より、検索キーワードの方が大事なのです。

ホームページの制作

きちんとコストをかける

信頼できる業者に、
協力してもらうということも含めて、かけるべきコストはかけなくてはいけません。

たとえばホームページを作るにあたっても、
無料でホームページを作れるサービスを利用するのではなく、
WordPressやWixといったサイトの有料プランを使う必要があります。

そう言ったプランには、様々な情報を得るサービスが存在します。

また、より人の気を引くことのできるデザインを使うことができたりと、
ホームページの集客力をしっかりと上げることができるのです。

全てを無料で済ませてしまえば、
無料でしかホームページを作ることができない企業だとみられてしまいますし、
あるていどは、コストをかけてホームページを作る必要があります。

ホームページにたくさん記事をアップする

いくらSEOに気を付けようと有料プランをつかおうと、
ホームページに情報がなければ無意味です。

ホームページへの閲覧者の流入は、
何もフロントページからではなく、実際はそこに存在する記事からの流入が主になります。

というのも、
やはり情報量の多い記事ページの方が検索結果に反映されやすいからです。

ですので、
できれば自分の職業に関係する情報のしっかりと入った記事をある程度の数用意する必要があります。

それを怠ると、ただの看板だけのページになってしまいます。

PDCAで改善