ホームページのリニューアルを考えているんだけど、どうすれば良いのか分らない?

なんとなくうまくいっていないホームページ運営。

ここはリニューアルをして、
心機一転新しくホームページの運営に乗り出そうと考えている経営者の方は多いと思います。

しかし、
実際リニューアルをしようとしてもどうしていいのかわからないことも多いと思います。

そこでここでは、
そんなホームページリニューアルの注意点についてまとめてみました。

非常に単純に言えば、いかに検索数を増やすかが、リニューアルのポイントです。

では、その検索数を増やすために具体的に何をするのでしょうか?

ホームページリニューアルは必須

まずはホームページをリニューアルする必要性について考えていきましょう。

古すぎるホームページに魅力はない。

古い店

もしあなたが、企業のホームページの記事を読んだとき、
明らかに古い内容について書いてあったらどう思いますか?

もちろん記事の内容だけではなく、
ホームページの作りや見た目、その使用などが明らかに古い仕様だった場合、
その企業に仕事を頼もうと思うでしょうか。

すくなくとも、私は思いません。

ホームページのリニューアルは、検索結果やホームページの集客能力にかかわらず、
一定の期間で繰り返していく必要があるのです。

集客力のないホームページは意味がない。

個人の趣味のページ、ただの個人的な日記。
そう言ったホームページなら構いませんが、企業の集客用に使っているホームページであるならば、
集客力のないホームページの存在は意味がありません。

しかも、そういったホームページは、
小さな更新を繰り返しても根本的な解決につながらない場合も追いのです。

できれば自分のホームページの弱さをきちんと把握して、
一からすっきりとリニューアルしてしまう方が結果を考えるのであれば良いでしょう。

ユーザビリティーは商売の基本

分かり難い

リニューアルをしていない古いホームページは、
何より使いづらいという欠点があります。

自分のホームページの使い勝手を何度も確認し、
更新とリニューアルを繰り返していくことによって少しでもユーザビリティーの高いホームページを作っていく努力を重ねていく必要があります。

ホームページはネット上にあるため実感がわきにくいですが、
ホームページのユーザビリティーはある意味顧客第一主義につながる商売の基本中の基本。

しっかりと進めておく必要があるのです。

リニューアルの注意点

ホームページリニューアルの必要性がわかったところで、
リニューアルの際の注意事項を見ていきましょう。

ポイントは、検索結果を減らさないリニューアルです。

コンテンツを減らさないようにしましょう

リニューアルの際やってしまいがちなことは、
古いコンテンツを削除してコンテンツ数が激減することです。

リニュ-アル後の一時期とはいえ、
コンテンツ数が激減すると当然検索結果は一時的に下降することになりますし、
元のホームページのコンテンツ数に戻すのに時間がかかるほど効果は減っていきます。

できる事なら、リニューアル前のコンテンツ数か、
それ以上のコンテンツ数を確保できるように、前もって準備しておく必要があるでしょう。

独自ドメインを導入する

もし、リニューアル以前に独自ドメインを導入していないなら、
リニューアルと同時に導入するといいでしょう。

独自ドメインは、企業ホームページを作るうえで必須のものですが、
やはりまだ導入していない人が多く、
もし導入していないならばリニューアルを期に導入しておくことをお勧めします。

ただその際、
検索エンジンにドメインの変更をしっかりと伝えておく必要があります。

というのもドメインが変わってしまうと、
それまでの検索結果は全く効果を失い、
まったく意味がなくなってしまうのです。

ですので、Googleサーチコンソールダイレクトを設定するなどして、
ドメインの引継ぎを検索エンジンに通知する必要があるのです。

ホームページリニューアルを期に様々なチェックを

せっかくホームページをリニューアルするなら、
よりよいホームページに進化させなければいけません。

SEOなどの検索対策、ホームページのユーザビリティーの向上、
サイト内の記事やそのシステムの情報を最新にしておくことなど、
様々な観点で見ておきましょう。

大切なことは自分視点でのリニューアルではなく、
あくまでユーザー視点のリニューアルにすると言うことです。

それこそ、ホームページ内に専門用語を多用しているような基本的なユーザー視点の無視なども含めて、
きちんと現在のホームページの弱点をしっかりと把握し、よりよいリニューアルをめざしましょう。

リニューアルはお客様のために

顧客第一

最後になりますが、最も肝心なことはこれに尽きます。

リニューアルを考える際に、
もう一度お客様の視線を意識して、これまでのホームページを確認してください。

私自身、これまで何度も自分のホームページをリニューアルしました。

そして、そのたびに「これは拙い!」と言うところを見つけています。

100点満点のホームページはありません。

ですから、毎日小さな改善を行いながら、何年かに1回リニューアルを行うのです。

あなた、自身はどこにどの情報があるのか覚えているから直ぐに見つかるはずです。

しかし、初めて訪れた方はそうではありません。

あくまで、
ホームページのリニューアルはお客様のために行わなくてはいけません。

であるため、少しでもその必要性を感じているのであれば、
その時がまさにリニューアルのし時と考えていいでしょう。

そう、迷ったら即実行、というのがリニューアルの鉄則。

しっかりと対策を施して、万全のリニューアルにトライしてみませんか?