「うちのホームページを何とかしなきゃ」

製造業を営む企業は、一般的にホームページを軽視しがちです。
失礼ながら「これ、何時作ったんですか?」
と、思うようなホームページはたくさん有ります。
しかも、最終更新日を見ると、1年前だったりします。

そんなこんなで、検索エンジンを使って
「ホームページ制作」
と調べて見ると
数百の制作会社がすぐに出てきます。
他に、
「ホームページ制作 製造業」
とか
「ホームページ制作 製造業 埼玉県」
等、サブキーワードを入れても百社を割ることはないと思います。

では、このような、
数百の制作会社、
ホームページ制作会社を、
どのように選べばよいのでしょうか?

今回は、ホームページ制作会社の選び方をご説明します。
しかし、その前に一つ考えて下さい。

一つだけです。
簡単な質問ですから考えて見て下さい。

それは
「ホームページを作る目的は何ですか?」

そして、その答えが
他の会社も持っているから
今のホームページが古くなったから
ホームページがあれば売上げアップするから

などの理由なら、少し待って考えて下さい。
制作会社に頼んで、ホームページ制作を行うと
20万~100万ぐらいまで、費用が掛かります。

決して安くはありません。

どう考えても不要な機能、不要な対策が施され、それが制作費用として請求されます。
費用請求

それを判断するには、
先ず自分でホームページを作ってみても良いと思います。
WixやJimdoを使えば、比較的簡単にホームページを作ることができます。
WordやExcelが使える人ならそれほどの苦労は無いはずです。

企業のホームページとして使うには少し苦しいところですが、
必要な機能や対策を判断するには良い経験になると思います。

逆に、「ホームページの目的は決まっている」
そう答えられるなら、その目的をハッキリ伝えて、
理解してくれる制作会社に頼んでも良いと思います。

目的からホームページ制作会社を選ぶ方法

あなたの目的が明確なら、
その目的からホームページ制作会社を選べば良いのです。
例えば、製造業のビジネスをされているとするなら、
あなたにとって、重要な要素は自ずと決まります。
製造業なら、デザインにそれほど拘ることはありません。
動画のコンテンツや、
会社の技術を分りやすく説明できるコンテンツを一緒に作ってくれる制作会社が良いのです。

間違っても「ホームページ制作5万円から!」というところを選んではいけません。
ご存知かとは思いますが、格安の制作会社は、
用意されたひな型にあなたの会社の業務内容を入れるだけです。
だから、あんなに安く作れるのです。
また、それで済む会社もあるのです。

考えて下さい。
あなたの会社で作る、部品や製品はいくらで受注・販売していますか?
何日かけて、どれだけの工程を経て作っていますか?

そんなビジネスなのに、激安のホームページ(窓口)で売るのですか?

また、もしあなたが新規開拓や集客をホームページで狙っているのであれば、

わかりやすいデザイン、
集客や販売について理解している、
集客の流入ポイントも考えてくれる、
こういった、ビジネスをわかっている制作会社を選ぶことが必要です。

集客に関しては、リスティング広告(検索で出てくる広告)も重要です。
広告のことも一緒に考えて制作してくれる会社が良いでしょう。
アクセス数を上げるには

広告からの流入
検索からの流入
SNSからの流入

この3ポイントが重要です。
これらを理解して、相談にのってくれる制作会社を探して下さい。
3つの流入ポイントは、
それぞれの流入ポイントによってホームページに施す戦術が変わってきます。

例えば、私の提供するサービスでは、製造業の会社を中心に制作を行っています。
元々、モノ作りの側に20年以上いましたから、
技術のアピールは、得意分野です。

お話しを伺って、強みが明確になる技術を積極的にホームページの中に入れ込みます。
製造業の技術自体に詳しい、ホームページ制作会社の人間はあまりいないと思います。

製造業の技術

SEO対策だけに気を取られないこと

SEO対策とは、簡単に言うと、検索されたときに上位で表示させるための対策です。
最近増えてきていますが、
検索から流入させることが得意とするホームページ制作会社のことです。
もちろん、私のサービスでもあるていど考慮しています。
私の場合は、自分でクライアント様と相談しながらSEO対策を行います。
しかし、残念ながらほとんどの制作会社はSEO対策を外注に丸投げしています。
そもそも、SEO対策とほとんどの制作のノウハウは異なるものです。
両方できる人はそれほど多くありません。

私の場合は、自分のホームページを運営する上で自然に知識とノウハウを手に入れました。
自然にと言うより、必要に駆られてと言った方が良いのですが。
とにかく、必要だから身につけた技術です。

ですから、今は

ホームページから集客できます!
検索順位もすぐに1位にできます!
1週間で100名集客しました!

と言うような広告を見ても何とも思いません。
嘘もあれば、本当もあります。
(まあ、大抵は嘘です)

そもそも、「ホームページで集客できます!」
と言っている、会社のほとんどは電話営業をしています。
言い換えると、ホームページから受注できていないのです。

これ、おかしいですよね!

良く考えて欲しいのですが、
集客できる!売上倍増!と言っている会社が、
自分たちで実践した経験を持っているのかどうかということです。
欺されないようにして下さい。
もちろん、一部ですが、中にはひどい制作会社もあります。

制作会社を選ぶ最大のポイント

これは絶対です。
相手は、あなたの仕事に興味を持ってくれますか?

口先のお世辞ではなく、
本当にあなたの仕事・ビシネスに興味を持ってくれる人、
そんな人でなければ、ホームページの制作を頼んではいけません。
特に、大勢のスタッフがいる制作会社では分業でホームページを作ります。
分業の方が作業は早くて納期は短いのですが、
あなたの意図を作業者全員が理解していることはありません。

あなたの仕事・ビシネスに関心が無ければ、熱意も入りません。

なんとなく、どこにでもあるキャッチセールス。
文章と一致しない写真。
閲覧者のことを考えない、レイアウト。

ホームページは、公開したら会社の玄関口です。
個人事業主や士業であれば、名刺、あるいはあなたの顔写真です。

ホームページは、そういう大切な役割を担うものです。

あなたのビジネスに強い関心がない人では、
あなたの仕事を本来の良さを伝えることができません。

話が伝わらない

あなたの仕事へ強い関心を持つことができないと、時代遅れの情報でホームページを作ってしまうことになります。
まして、製造業のホームページでは、製造技術に関する知識は不可欠です。
さらに、競合のことがわからないまま作ってしまったりということも起こります。

あなたが、
「うちのマシニングセンタは・・・・・・」
「このサーボプレスの精度は・・・・・・」
「今回導入した、射出成形機は・・・・・・」

こう話しても、関心のない人、製造業の基礎知識が無い人では技術を正しくアピールすることなんてできません。
これは、士業でも当然同じです。
制作会社の人間は会社員・サラリーマンです。
独立・開業して孤軍奮闘している人間ではないのです。

制作会社を選ぶ最大のポイントは、あなたの仕事やビシネスに関心を持ってくれるかどうかです。