ホームページの目的は何?

企業サイト、
特に製造業系の企業のホームページにとってその目的は受注です。

いかに楽しい読み物が充実していても、
きれいで素敵なホームページになっていたとしても、
そのホームページを通して受注につながらないのであれば、

それは全く意味をなさないといっても過言ではありません。

あくまで、目的は受注なのです。
というわけで今回は、
そんな受注につながるホームページのリニューアルについて考えてみましょう。

受注できるホームページへのニューアル:まずは当たり前のことをチェック

まず、受注につながるホームページを考える前に、
今あるページが当たり前のポイントを抑えているか確認しておきましょう。

有料サイト&独自ドメイン

まずは、いまだにこれをきちんとできていない場合が多いのですが、
ホームページの基本中の基本から行きましょう。

今、あなたの会社のホームページは、
きちんと有料プランのあるホームページ作成サービスを利用していて、
ちゃんと独自ドメインを取得していますか?

これについては、
当サイト内でこれまでもきちんと説明をしてきているので、
そちらを参照してください。
会社独自のドメインではない長ったらしいドメインで、
しかもサイト下部に広告バナーがあるようなホームページは論外です。

SEOを意識しているか

きちんとキーワードを意識していたり、
Googleアナリティクスなどをきちんと導入してSEO対策をしていますか?

SEO対策とは

ある程度ホームページ内のコンテンツとして記事を確保できていたり、

地域性をしっかりと表現して、受注エリアの地域で検索したときに反映するようになっていますか?

いくらホームページが受注しやすいページになっていても、
誰も訪れないのではまったく意味はありません。

そしてSEOとは、ホームページに人が訪れるようにするための対策なのですから、
これがないホームページははっきりって損座視がないのと同じ。

検索候補の3ページ目にやっと出てくるようなホームページで、
受注などは夢のまた夢なのです。

受注できるホームページへのリニューアル:目標をしっかりと定める

では、受注できるホームページリニューアルへの実践的な解説をしていきます。
まずは、リニューアル前に、なぜリニューアルするのかについてしっかり考えておかなければいけません。

ホームページを作った理由を考える

まずは、あなたがもしくはあなたの会社でホームページを作っている理由を考えましょう。

5W1H

最終目標は、先ほどから何度も書いている「受注」ではあるでしょうが、
ではその「受注」に至るまでもプロセスにおいて、
会社が表現しておかなければならないことは表現できていますか?

そして、そこに、会社として、
クライアントとなる可能性のある人に伝えたいことはわかるように書いてありますか?

ホームページであれ何であれ、
物はその物が存在する目的を果たしてこそ意味があります。
そのためにも、
何を理由にホームページを作るのかをしっかり把握しておきましょう。

視点は常に相手側にある

ホームページ作りで陥りやすい罠に、自己満足があります。
もちろん自己満足が功を奏している例もありますが、
たいていは社長や担当者の趣味のページのようになってしまい、
一見かっこよかったり雰囲気が良かったりはするものの中味はスカスカなホームページは少なくありません。

では、なぜこんなことになるのか。

そう、それは、顧客視点という商売の本道を忘れているからです。
製造業のホームページの目標は「受注」です、つまりそれは言い換えれば、
いかにクライアントとなる可能性のある人に「発注」をさせ得るのかということにほかなりません。

この顧客目線のホームページ作りこそ受注につながるホームページ作りの基本です。

受注できるホームページリニューアル:目標に合わせてリニューアル

では、どのようにリニューアルするのか、その方向性を確認しておきましょう。

自社の売りと顧客のニーズをシンクロさせる

受注できるホームページへのリニューアルの目標。
それは、一つは『受注するために伝えるべきことをきちんと伝える』
もう一つは『顧客目線で考える』という二つの要素でした。

つまりそれは、言い換えるならば前者は『自社の売り』後者は『顧客のニーズ』です。

つまり、受注できるホームページにリニューアルするためには、
この『自社の売り』と『顧客のニーズ』がきちんとシンクロし、
一つの事柄として表現されなければいけないということなのです。

顧客ニーズ

自社の売りが顧客のニーズをどう満たすのか

自社の売りが顧客のニーズに反映するというのはどういうことなのか。
一見難しそうな命題ですが、実はこれはいたって簡単なことで、

つまりそれは
『自社の技術が顧客の利益にどうつながるのか』
『自社の技術が顧客にどんなプラスを与えるのか』
『自社の技術が顧客のどんな問題を解決するの』
ということです。

つまり、自社の技術がクライアントとなる可能性のある人にとって
『どう役に立つのか』がポイントなのです。

アイディア

これさえきちんと表現されていれば、それはつまり、
クライアントからすれば「発注するメリット」なのですから受注につながっていく可能性はぐんと伸びるのです。

あとはより分かりやすく使いやすいホームページにする

デザインを考える

さいごに、
あとはホームページ自体の作りをよりよくしていく、
ということになるでしょう。
IT用語で言えば、「ユーザビリティあるいは、ユーザフレンドリー」です。

訪れた人が快適にサイトを徘徊する工夫、大事な説明を読んでみたいと思わせる工夫、
読みやすく見やすいレイアウトなど、その方法は多岐にわたります。

ここで、大切なポイントなのですが、
実はこうした使いやすさのリニューアルは一回どんとすればどうにかなるというものではないのです。
内容や、受注につながるポイント作りとは違って、使いやすさは時間をかけて段階的に改善していくもの。

つまり普段から様々な形で、
ちょっとずつリニューアルを重ね、徐々に高めていくべきものなのです。

そう、使いやすいホームページは一朝一夕には出来上がりません。
日々、自分のホームページに触れ、その度に少しでも良いものにするという意識を持つことも、
大事な要素だと覚えておきましょう。