ホームページは優秀な営業マンになっていますか?

みなさんはホームページをどんな存在だと思っていますか?

せっかく自社のホームページを作っていながら、
ホームページの存在をただの自社のPR媒体だとしか思っていない人はいないでしょうか?

もちろんその側面がないとは言いませんが、
それだけだと思っているとしたら、
これほどもったいないことはありません。

発展性

とくに、規模の小さい会社にとっては、
ホームページは有能な営業社員として活用できるものです。

ホームページの役割

まずはホームページの役割について考えてみましょう。

自社PR

まず初めに浮かぶのは間違いなくこれですね。
それこそ、
大げさな言い方ではありますがこの世に会社が存在していることを知らしめるという根本的な意味合いから、
会社の特徴や業種などを伝える媒体としての存在。

お任せ下さい

もちろん言うまでもなく、ホームページの一番の存在価値はそれであり、
それだけではないとしてもそれが重要な要素であることに変わりはありません。

販促と提案

ホームページには、販促と提案を行う場という役割が存在します。

それはある意味、広告やチラシというものと同義です。

また、カタログやパンフレットと同じ様なものだということもできるでしょう。
特に、メールマガジンなどはそういった趣の強いものですよね。

つまり、自分たちが提供できるサービスや技術にはどんなものが存在し、
そこにはどんなメリットが存在していて、どのような利益を提供、提案できるのか。

そういった、業務そのものの説明やメリットを主張すること、
それが、ホームページに課せられた大きな役割の一つです。

コール&レスポンス

またホームページでは顧客や顧客予備軍の人からの質問や問い合わせの受付もできます。

基本的なQ&Aなら、
サイトを見るだけでわかるようにすることもできますし、
個別具体的な案件に関しては、
メールやフォームを使って受け付けることもできます。

これなら営業時間外でも、
しっかりと顧客や顧客予備軍とのコミュニケーションができますし、
そういった方の問い合わせや質問に関してピンポイントかつパーソナルな回答や提案ができます。

受注や販売

そして、最後にホームページでは受注や販売という、
売り上げに直結するような作業も期待できます。

もちろんそれは、販売や受注につながるプロセスという意味もありますし、
ECサイトとして存在させたりホームページ上で具体的な仕事の受注をできるようにすればダイレクトに売り上げにつながる場所になるのです。

ホームページは営業に使える!

ホームページの役割についてみてきましたが、それはつまり営業という仕事そのものになるのです。

ネットビジネスでの収入

ホームページでできる事を総合したら営業になる

一般に、営業職や営業部員のやることを考えてみましょう。

外回りや戸別訪問で、こういう仕事を請け負っているこういう会社があるんですという自社PRから始まり、
その商品やサービスの説明、および販促を行います。

そして、相手が興味を持ってくれれば、自社が相手に対して提案できる利益についてプレゼンしたり、
それについての質問や問い合わせを受け付けて一つずつ説明をするわけです。

そしてうまくいけば、仕事の受注や販売につながる最後の一手を打つ。

その後も、一度顧客となった企業や個人が離れていかないように、
問い合わせを受け続けたり、新しい商品や技術の売り込みを行っていく。

そう、これって、先ほど説明した「ホームページの役割」そのものだと思いませんか。

確かに人間の営業の方が質はよい

とはいえ、営業の社員はいらないというわけではありません。

いくらネットが発達しようと、
そしてホームページに営業と同じ役割があろうと、
人間をホームページが越えるということはないでしょう。

営業マン

確かに、そのスピードとカバー範囲においては、
ホームページには人間が遠く及ばないメリットが存在しますが、
それでも個別具体的な案件や、そこにおけるキメの細やかさで人間には遠く及びません。

純粋に効果と能力を考えるならば、
ホームページと社員を使った営業を比べてホームページの方が有用だということはありませんし、
そこは比べるべくもないところです。

しかしコスパで考えれば答えは違う

ただ、コスパ、つまり費用対効果で考えれば答えは全く違ってきます。

確かに社員を営業に使う方がホームページよりは効果があると言えますが、
同時に、そこにはホームページ作りなどとは比べ物にならないほどのコストがかかってきます。

単純に人件費もそうでしょう、
経費もかかります、社員を一人雇うために必要な様々な追加コストは企業経営者ならば身にしみてわかるでしょう。

つまり、効果は高いが、高い効果を出すだけのコストがかかっているのです。

その点ホームページは、低額の費用しか掛かりません。
人を一人雇うことを考えて見て下さい。
パート従業員や、アルバイトの工員を雇っても、年間100万円程度必要です。

コスト削減

その気になれば、子供の小遣いレベルでもホームページはしっかりと運用できますし、
そのホームページをしっかえりと作ることができれば、
その効果はかなり大きなものになります。

コスパで考えれば、
特に営業に、人・時間・資金といった様々なコストをかけられない企業であればなおさら、
その利用価値は高くなっていくのです。

経営者が営業をしているならなおさらホームページは重要

経営者の仕事は経営です。

そうつまり、経営者、つまり社長といわれる役職にある人間がしなければいけないことの第一義は、
言うまでもなくマネジメントであり、これは簡単な仕事ではありません。
それは、いかに有能であっても、片手間でできる事ではないのです。

しかし、営業力の小さい企業、規模や従業員数の少ない企業においては、
しばしば社長自らが営業をかって出るということは珍しくないことです。

その結果、マネジメントをおろそかにしてしまい、
社長が営業してまでその成果を上げたとしても、
おろそかにしたマネジメントが産み出す損失でその成果がかき消えてしまうかもしれません。

だからこそ、ホームページに営業を任せる必要が出てくるのです。
低コストでそれなりの利益を上げることができるホームページの利用は、
経営者に経営を専念させる手段でもあるのですから。

経営者が経営をするために

経営者自らが営業をする。
それはかつての中小企業や個人事業にとっては当たり前の光景だったかもしれません。

経営者

しかし、
今やホームページの役割は多様化し、
その効果も高く、ネット社会の発展は目覚ましいものがあります。

であるならば、
もうそろそろ、経営者が営業を卒業し経営に専念してもいいはずです。
営業をホームページに任せて、しっかりとした経営を行う。
ある意味それは、本来的な経営者の姿そのものなのですから。