リスティング広告を使うメリット

ホームページをもつ大きな意味は何でしょうか。
それは、お金を生み出すきっかけ、つまりは集客です。

少しずつ手塩にかけて育てたホームページ。
それを見た人がお客様となってくれれば、
こんなに嬉しいことはありません。

ホームページがある程度整ってきたら、集客を考えましょう。

ちょっとした工夫で、
ホームページを基軸にして営業できるようになります。

本日は、ホームページからダイレクトに集客するツールともいえる「リスティング広告」についてお伝えします。

難しそうな言葉ですが、
知っておくだけで格段に収益が変わってきます。
丁寧に説明しますので、ぜひ最後までご覧ください。

「リスティング広告」とはどんなもの?

実は、ネットで検索をした際は、
ほぼ必ずといっていいほどリスティング広告を目にしています。

まずは、わかりやすいように実際の画面で見ていきましょう。

一般的には、何かを調べたいときに、GoogleやYahoo!で検索する人が多いです。
例えば、Googleで「製造業 サービス」と検索したとします。
すると、こんな画面になります。

この画面には、すでにリスティング広告が存在しています。
リスティング広告は次の赤枠の部分です。

リスティング広告を示す

検索したときに、検索結果の上部に「広告」と表示されているものがリスティング広告です。
これは、検索した言葉と連動しているため、「検索連動型広告」とも呼ばれています。

また、WEBサイトやアプリなどのコンテンツに写真やイラスト付きで表示されるリスティング広告もあります。

コンテンツに連動しているので「コンテンツ広告」とも呼ばれます。

いずれにしても、インターネットを使う場合は必ずといっていいほど行う“検索”。

その検索のたびに表示されるリスティング広告は、
広告戦略としても、営業ツールとしても重要な存在になっています。

どこに広告を出せるの?仕組みは?

リスティング広告を出せる媒体は複数ありますが、
まずはGoogleとYahoo!が2大出稿先であることを覚えておけば十分です。

それぞれ、
GoogleアドワーズとYahoo!プロモーション広告というサービスから広告を出せるようになっています。

広告ですので、広告を出す側は広告料を支払わなければなりません。

気になる仕組みですが、新聞広告やTVCMなどと違って、
意外にも広告を出す側に良心的です。

つまりは、誰かが検索をして、
御社の広告が表示されて、
その広告がクリックされたら費用が発生するシステムです。

1回クリックされるごとに費用が発生するというクリック課金制をとっています。

この費用は広告を出す側から、
媒体側(GoogleやYahoo!)に支払うことになります。

実はリスティング広告は、
1回の検索で複数の広告が出るのが一般的です。

先ほどの例でも、
次のとおり①と②の2つの広告が表示されていました。

リスティング広告の表示

広告を出す側からすれば、
できるだけ上位に表示されたいと思うものです。

この優先順位はオークション形式で決まっています。

すなわち、
「1回のクリックに対していくらまでお金を出せるか」という入札価格のようなものがあり、
それを高く設定した会社や工場が上位の表示を獲得できるわけです。

リスティング広告のメリット

リスティング広告について簡単に説明してきました。

まったくわからなかったという人も、
全体のイメージはつかめたのではないでしょうか。

それでは、
リスティング広告のメリットはどこにあるのでしょうか。

以下、ポイントを3つにまとめました。

【ポイント1】低コストで広告を出せる

いくら費用がかかるのか。
広告を出稿するためには真っ先に考える問題です。

先ほども説明しましたが、リスティング広告は、
広告がクリックされて(=自社のホームページにお客様を誘導して)はじめて料金が発生します。

また、「1クリックいくらまで出せるのか」を自分で決めることができるため、
極端なところ1円から実施できるのです。

予算の上限を設定できるうえ、
設定金額をいつでも変更できるので、
費用対効果がよいと言われています。

迷う場合は、売上げ比で1%程度を広告に使うと効果的でしょう。

【ポイント2】自分で出稿できる

広告を出すとなると、多くの場合広告代理店を通す必要がありました。

あいだに業者が入る分、
出稿までのやりとりだけで時間と手間とお金がかかったものです。

その分、リスティング広告は、
自分のパソコンから出向できるようになっています。

はじめて出稿する際は、登録などの手続きが必要になりますが、
慣れてしまえば広告の出稿効率は格段にあがります。

【ポイント3】見込み客に即効アプローチ

リスティング広告の最大のメリットは、
見込み客に即効でアプローチできることです。

検索して広告が表示された段階で、
その広告は、見込み客にとっては、
かなり興味があるもの・知りたいものである場合がほとんどです。

見込み客が広告をクリックして行きつく先はあなたの会社や工場。

そこで、魅力的なモノやサービスがあれば、
そのまま購買行動へとむすびつく可能性が高くなります。

この他にも、リスティング広告を使うと、
どのキーワードで広告が表示されたのか、
クリックされた回数は何回かなどを知ることができます。

ただし、ここでリスティング広告の欠点として1つ上げることができます。
管理画面が分かり難いと言うことです。

初めて見た管理画面は、
ほとんど理解不能でした。

アドワーズの管理画面

本を3冊も購入して、
画面と見比べながら2日間格闘して自分で設定したのが、
現在運営している広告です。

段々、分って来るとよくできた画面だと言うことが分ります。

それまでは、孤独な戦いが続くでしょう。

しかし、GoogleではGoogleアナリティクスなどのアクセス解析のツールも提供しているので、
ホームページを訪問した人の行動を詳しく分析することも可能になります。

リスティング広告は、Googleアドワーズ(現在はグーグル広告)だけではないのですが、
やはりGoogleアドワーズが一般的です。

また、Googleサーチコンソール、Googleアナリティクスを同時に使うと
さらに効果的な運営ができます。

弊社のお客様の中には、
リスティング広告を出すことで売り上げが大きく伸びた企業、
受注量が格段に増えた工場があります。

経営者の皆様も口をそろえて「営業に自信をもてた」とおっしゃいます。

リスティング広告は決して難しいものではありません。ぜひトライしてみてください。
ご不明点やお悩みのことがありましたら、お気軽にご相談ください。