技術力という目に見えないモノを売るためホームページが必要な訳

技術力は目に見えない。
そんな固定概念が製造業を営む企業にとって長年大きな障壁となっていました。

技術者たち

自分たちの技術力を伝えるために、言葉を尽くして説明しても、
長くなるだけの難しい説明を繰り返して相手に呆れられるのが落ちでした。

しかし、今は違います、
というのもそこにホームページという新しいツールができたからです。

さらには、
そのホームページにはいまや動画コンテンツを配信する力もあり、
製造業にとってホームページの役割はもはや無視できないレベルになっているのです。

マシニングセンタ加工

製造業にホームページが必要な理由

では、製造業を営む企業にとってホームページはなぜ必要なのかを見ていきましょう。

製造業は差別化が難しい

たとえば看板を見てみましょう。

それがたとえばゴム関係の部品製造会社だとして、
「吉田ゴム」「サンライズゴム」「ゴムの鈴木」などという看板だけを見て、
その会社に何らかの差を感じるでしょうか。

感じませんよね、
それは一様にゴム関係の会社でしかありません。

では、ここにパンフレットや広告を加えてみましょう、
その中に企業の説明や会社の理念や製品の詳細が書いてあったとして、
ではそこに差ができるでしょうか。

モノ作り

じつは、できません。

なぜならそれは、全部同じようにわかりにくい広告であり、
似たようなパンフレットにしかならないからです。

そう、特徴的な商品があるわけではなく、
イメージや味のようにわかりやすいウリのない製造業にとって、
一番のネックは「他社との差別化」なのです。

差別化ができない企業は価格競争しかなくなる

では、製造業にとって困難な差別化ができなければどうなって行くでしょうか。

ひとつは、情実や縁故で結ばれた旧来からのお得意様にしがみついて仕事を受注していくこと、
そしてもう一つは苛烈な価格競争です。

前者は先行きが先細りとはいえ絶望感はありません。

経営者の悩み

しかし、後者に関して言えば、
価格競争は設備投資や人件費、そして自らの収入に直結し、
それこそ大資本が参入すればそれで終わり。
太刀打ちできるはずもなく、白旗を上げる以外ありません。

わかりやすく技術力をアピールして差別化を図る

ただ、そこにホームページが効果的に機能すれば大きくその様相は変わります。
ホームページは、広く多くの人に情報を提供し、
そして自分が望むだけの情報をあらゆる手段で表現することができるツールです。

そう、つまり、そこに自社と他社との違いを表現できるのです。

さらに、自分たちの売り、
つまり自分たちの企業が他社と比べどこが優位であるかを的確に表現でき、
そして、それをしっかりとアピールできればそのままそこで仕事に発展していく。

スペシャリスト

自社の売りをダイレクトに問い合わせにも受注にもその場でつなげることができる。

そんな便利なツールであるホームページを、導入しない手はないのです。

なぜ製造業に動画つきホームページは必要なのか

まずは、製造業にとって動画付ホームページが必要なわけを見ていきましょう。

技術力の可視化

技術力は目に見えるものではありません。

ですからこれまでの製造業にとって、技術力を説明し販促する方法というのは、
細かい説明や複雑な解説によるものがほとんどでした。

しかし動画の誕生で、その常識は覆ったのです。

考えてみてください、
テレビCMによって車のコマーシャルが流れたとき、
そこで、確かな技術力や新しいテクノロジーを簡潔にそしてわかりやすく説明していたはずです。

それだけでなく、
家電製品や他の製品を作るメーカーも同じように技術力をCMで説明していたはずです。

情報の可視化

これがいわゆる技術力の可視化、
そして、簡単で安価な動画コンテンツの誕生でこの技術力の可視化が普通の中小企業にも使えるようになったのです。

技術力を売りにする企業のたしなみ

あなたがもしホームページを訪れたときに、
それが旧態依然とした古いものだったらどう思うでしょう。

それがもし、
老舗の菓子店や蕎麦屋さんであるならば、
それもまた味わいとなるかもしれませんし、
安さが売りの小売店であればそれもまたコスト意識を感じさせることもあるでしょう。

しかし、最新技術をもって顧客にバリューを提供する製造業にとって、
それは何のプラスにもなりません。

新しい技術がなくてはならず精密な作業を必要とする企業が、
動画コンテンツの一つもないホームページを当たり前のようにネットの世界にさらしている様は目も当てられないものだといえるのです。

それではまるで、
うちには最新技術も新しい技術への意欲もありませんと表明しているようなものです。

小さな失敗も怖い

技術力とは目に見えないものです、
それである以上そこにはイメージというものは重要。

しかし、
動画コンテンツすらない古いホームページをたらい前のように使っている企業に、
技術力を感じるようなイメージは定着するはずもなく、
むしろホームページがない方がいいとさえいえる状況です。

わかりやすさを担保するツール

わかりやすさ、
それは動画で表現できるいわゆる精密技術の説明だけではありません。

ホームページのわかりやすさを考えるにおいて重要なことは、
来訪者や閲覧者、言い換えれば顧客見込みのある人がいかに快適にホームページを閲覧するかというユーザビリティーも重要なのです。

なぜなら、その快適さは、そのまま、
伝えたい内容のわかりやすさに直結するからです。

特に製造業のホームページは、
説明する事項が多くその内容は専門的で、
そこに企業としての理念や顧客に与える利益を表示まですればその量はまさに膨大。

それでは、ただ読みづらく、
何を伝えたいのかわからないホームページになってしまいます。

まして、通常のホームページ制作業者に加工技術や製造技術の分る人はいません。

ですから、文章で分りやすく工場の技術を説明出来る人はいないと言って良いのです。

しかしそこに、
細かい製品の説明や企業の全体像を表現する動画コンテンツがあれば、
ホームページに表示する内容は一気にスッキリとします。

そうなれば、
そのほかの部分にわかりやすく自社の売りや顧客へのニーズを表現することができるのです。

動画付ホームページ、それはもはや必要ではなく必須

動画付ホームページは製造業に必要なもの、
いや、むしろ必須であるということはお分かりいただけたでしょうか。

そして、そうやってホームページを充実させ育て上げることは、
そのまま対外的な企業の発展や成長へのアピールにもなるのです。
ぜひ考えてみては、ではなく、
一刻も早く導入するべきだといえる、そんなものなのです。