私の売上げデータを公開します

今回は何時もと異なる内容でBlogを書きます。

私は平成26年(2014年)6月に、26年間勤務した会社を辞めました。
務めていた会社は従業員150名程度の小企業です。
ですから、人脈など作れるような企業ではありません。
さらに、工場の責任者でしたから外部の人と親しくなるような状況でもありません。

しかし、詳細はプロフィールを読んで頂ければ分りますが、
とにかく、独立開業したかったのです。
正直いうと、独立することしか頭になかったと言って良い状態でした。

辞める少し前に副業を開始しました。
とは言え、売上げはありませんでした。
そんな状態から、これまで4年半なんとかやって来ました。

ここで、この4年半の売上げを公開します。
これから、起業を考えている方の参考になればと思います。

私の場合、前述したとおり、人脈や資金は全くありませんでした。

集客はインターネットだけです。
それでも、これくらいの売上げは十分可能だと言うことをお伝えしたいと思います。

私の周りの士業・コンサルタントの方には、
もっと売り上げている方もいます。
ですから、見る人によっては、
「なんだそれくらいか!」と思う方もいると思います。

少し前に、「秒速で1億円稼ぐ条件」と言う本が売れました。
私に、そんなことはできません。

秒速で1億円稼ぐ条件

とは言え、「インターネットでの集客なんて無理」と言う方も多くいます。
そんな方々に、ネットだけでこれぐらいなら出来ますよ。
と言う所をお目にかけます。

4年半四半期毎の売上げ(利益ではありません)

4年半の四半期売上げ

 

簡単にご説明します。棒グラフに給料は含みません。あくまでも事業所得です。

年別で書くと。

平成26年(2014年):¥283,926 (この年はサラリーマン)
平成27年(2015年):¥4,952,413 (この年は契約社員)
平成28年(2016年):¥8,255,090 (この年も契約社員)
平成29年(2017年):¥14,116,124 (この年の2月から完全独立)
平成30年(2018年):¥20,000,000を少し超える予定

  • 上の赤い矢印の範囲:医療機器メーカーに勤務していた頃です。給料は税込みですが1,000万ぐらいでした。
  • 夏頃に退職して、「独立開業ー!!」と思ったのですが、あえなく挫折しています。
  • そこで、医薬品プラントメーカーにSEとして契約社員で入ります。上の黄色の矢印範囲です。およそ2年と数ヶ月お世話になりました。
  • と言うことで、本当に独立開業したのは2017年の2月です
  • プラントメーカー時代は、いずれ独立することは話してありましたので、副業にも力を入れました。
  • この頃は、技術士試験の通信添削が売上げの95%以上です。
  • 2017年の後半から、企業向けコンサルティングの仕事、独立したい技術士の方への独立コンサルティングなども始まりました。
  • また、同じ頃から、ホームページ制作の仕事も入り始めました。
  • 試験対策の受講者さんは、11月~2月に集中するためどうしても第4四半期の売上げが高くなります。
  • 仕入れはありませんから、経費としてはインターネット、交通費、セミナー会場費、広告費などです。

申告の資料もお目にかけましょう

私の場合は、今年いっぱい青色申告です。
年明けには法人化します。
また、会計業務は最初のときから税理士さんに丸投げです。

ちなみに、屋号は「匠習作技術士事務所」ですが、本名は菊地孝仁です。
技術士試験対策講座や個人向けのコンサルティングは
「匠習作」と言うビジネスネームで活動しています。

これは、最初に本を出すとき、
勤務先から「本名で出すのは止めてくれ」と言われたからです。

ただ、試験対策の本をペンネームで出したので、
匠習作の方が、集客効果が高いのです。

企業向けのコンサルティングは本名の菊地孝仁で行っています。
まあ、やってみて思いましたがどちらでも関係無いようです。

ちなみに「ちきりん」さんは、名前も顔も明かさないであれだけ活動しています。

 

平成27年度(2015)

27年度青色申告
27年度月別

平成28年度(2016)

28年度青色申告
28年度月別

平成29年度(2017)

29年度青色申告
29年度月別

ほとんど全てインターネットだけの集客です

失敗もありました。
潰したホームページだけで3つもあります。
広告でも200万円以上無駄にしました。
一時は、本当に途方に暮れたこともあります。

起業失敗

でも、諦めることはできませんでした。
家族もいます。
長女は、今年の春から大学生です。
次女は、来年春から高校生です。
とうぜん、お金は掛かります。

とにかく続けるしかありません。
この手がダメなら、あの手。
あの手がダメなら、別の手。

そんな感じで続けて来ました。
元々、人と上手く話すのは苦手な方なので、インターネットだけで勝負しています。

ちなみに、
ホームページ制作会社のほとんどは、外注に制作を依頼しています。
実際に自分たちで話を訊いて作っているところは希です。

私の場合、それはできませんから、全て自分で話を伺い、
制作し、また話を伺いながら修正していくと言うやり方です。

そのため、これまでのクライアント様からは大変喜ばれています。
また、私の方でもなんとなくせっつくので、モチベーション維持もできるようです。
(決して無理に進めたり、煽ったりしません)

周りで、「インターネットでの集客が上手く行かない」
と言っている方は
結局、あまり積極的に活動していません。
私もお手伝いします。

インターネットだけで自動的に集客し、
売上げを伸ばしませんか?

きっと上手く行きますよ!

私の想い